2019フランス大会 宇野昌磨選手

氷へ出る前にリンクサイドで、不安そうな、上手くいかないかなという目をしてた気がした…

フリー、いくつもジャンプは決まらなかった…

でも、昌磨君!このプログラム、ショートも、フリーも、どっちも、ものすごく早く観終わるよ!
きっと、とてつもなく、しんどい今シーズンなんだろうけど、何というか、好きなプログラムなんだ。


20191103shoma02_1.jpg


同じ演技時間でも、あっというまに見終わるから、何回も見てしまう…
ジャンプが成功しなくても、曲を追いかけ、音を拾い、表現しようとしてる、いつもそうだったけど、この日は特にそんな点を目が追いかけていたように思う、無意識だけど。
いつもエッジの使い方や、軌跡が好きだ、音を足で、体で拾うのが好きだ。
今季は、特にひかれる。


20191103_shoma01.jpg


今までにも、シーズン毎にも、早く見終わってしまう選手や、早く見終わってしまうプログラムがある。ただの自分の好みなんだけど。

昌磨君のにわかファンだけど、今季のプログラムは今までとは何か違うのかも。

歩幅が違えば、すべてが変わるとか…そういうことは本人にしかわからんことだろうけど…

ジャンプの跳び方は知ってるし、わかってるけど、どうして跳べない…と昔、誰かさんが何回も氷に体を叩き付けながら練習してたのを特集番組で観ていた。

コーチがいないのは、真央ちゃんの時も観たけど、やっぱり、誰かと目を合わせて、隣に座って…送り出されて、また迎えられて、共にいる人がいた方が落ち着くことってあると思う。

これから、自分でやってみて、ひとつひとつ決めていく、そのための1人なんだろう。

怪我に気をつけて、良い演技を、と願う。
どうぞ、自分を信じて。
今まで、やってきたことに必要なかったことは無いのだと思うから。


キスクラで、今までなら、納得がいかないときは、はらはらと涙を流してたけど、昨日はひとりで前をみて座ってた。

海外ファンの方の応援もたくさん聞こえた、ショートの時も始まる前から「ショーマ~」って。

フリーの後、点数を待つあいだも、ショーマコールで思わず涙してたけど、しっかり笑顔で手を振った。
そういう貴方を観るのは、なんかせつないけど、素敵(いい言葉が見当たらない)な気持ちがした。
そういう涙のがいい…
暖かい…はらはら泣いてるのではなくてね…

しんどくて、不安で、自信なさげな顔と、悔しさと、今の自分はこれくらい、と言う貴方の言葉。

どうか、いろんな人々と出会って。
振り付けする人、スケートを教わる人、トレーナー、選手、その他にもたくさん。

何を選び、進んでいくのか、昌磨君の背中にパワー送れたらいいなあと。

そして、今季のショートとフリーが気持ちよく決まる日を待ちわびながら。



あの日の「はらはら泣き顔」に、またスケート観たい虫がうずうずしたんだった。(^^ゞ
大ちゃんもシングルあと少しだし…
まだボロノフさんも滑ってるし、他のおじさんスケーターもまだまだ観たいし…

良きものが出来ていく課程を観ていたい。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント