猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS 心の親を見送って…

<<   作成日時 : 2016/02/29 11:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 9

白菊が波のように並び、明るく照らされて美しかった…

その真ん中に見慣れた笑顔の遺影があった。

焼香の長い列から、祭壇をきれいだなあと思っていた。
呑気と言えば、呑気…
ずっと、ずっと、みていたかったような気もする。


…2015年の夏、暑い日、病院に会いに行く。
「元気になったので会えるから、病院に行けるよ〜」と知人から言われたからだった。

迷いながらも、行くための見舞い品には花を…と花屋に立ち寄る。
外の暑さの中バスに乗ることを考えながら、花が給水スポンジに挿されて行くのをみていた。

暑すぎて迷う…
最近乗り慣れた路線のバスだったので、行けない距離ではない。

クラクラしながら、決心が付かず、一度家に帰る。
夕方の風が出てから、バスに乗ってみた。
行けるかも…
着いてしまえば、もうどんどん居場所を探して、その人にたどり着くだけだから。

ご家族もちょうどいらして、夕食時になってしまったけれど、元気そうな顔をみてホッとした。

「もっと早く治療したらよかったのに…」と、つい口から出てしまう。
いつも「持病だからこのままでいい、薬以外の治療はしないんだ」と言っていたので、お互い笑い話のように笑う。(生きて会えたからなんだけど)

数回、覚悟して、この年の初めの危篤は緊張したが、こうして会えてしまえば、これから先は元気になる以外無い!と思われる笑顔だ。

本人も、ご家族も、私も、そう信じたし、そうなるはずだった。

とても大切な…『心の親』と言える人…
年齢的にも、持病的にも、あと十年以上うまくいけば身近に居られるはずの人…

ずいぶんと前から本人は「覚悟しとけよ〜」とは言わないが、なんとなく含みのある事は言われていて、こちらは「ちゃんと治療してよね〜」と苦笑いで返していたが、本当は冗談じゃないよ〜!という気持ちの方が強い。

あんまり言うから、いちおう子離れするかのように、最悪の覚悟はしたつもりだけどね。

今回、しっかり会えたから、そういうことも、あと数年先に伸びたように感じてた…

夏から秋、何回か見舞いに行きたいと思ったが、本を持って行くか…とか、手紙を書こうとか…考えては、日が経ってしまう…
知人からは「ずいぶんと回復したよ〜」と聞いていた11月…

…11月末日…年末年始、家に帰るかもしれないから、とりあえず病院に行こうと決心する。
もう手紙は適当に、暇つぶしに読む『犬川柳』の本を持ってバスに乗る。
どうしても、どうしても気がせく…早く行かないと…

でも、もうそこには居なかった。
元気だと聞いていたから、行ったのに…

それからしはらくして、お悔やみ蘭に名前が載る。
そのあたりの状況は、本当に家族しか知らなかったので、知人もビックリしていた。

12月初めに亡くなっていた…間に合わなかったんだよね…もう一度、すぐまた会えると思ったのにさ…

私は葬儀に行っていいのか…ためらう…
友人が「心の親なんだから、いってらっしゃい」と背中を押してくれる。
暖かいメールの文字に感謝…始めて涙が出る。
…確実にその人がもうこの世にいないのだと実感した一瞬だったのかも。

今はまた、その人のライフワークだった場所に行けば会える気がしている。

49日前に、知人から詳しい情報が聞けた…
身体が元気なってきたので、さらに元気になるために簡単な治療を受けたが、そのまま急に亡くなったそうだ。
自分のライフワークだった場所に戻るためだったと聞く。

私が手紙で、居ないと困ると書いたからだろうか…うぬぼれなんだけど、そんなことまで考えた。

まだそこに居る…もう居ない…でも居る、会える気がする。

本当に受け入れる時はこれからくるのかな…寂しさだけはあるんだけど…

画像







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
親しい人が亡くなられたんですね。
私も数年前にスキーがらみで仲良くさせていただいていた歳の離れた先輩(?!)の突然の訃報に悲しみました。
昨年は義父も危篤状態を脱した後の突然のお別れでした。
歳を重ねると祝い事よりも悲しい出来事の方が身近になってきて、複雑な気持ちですね。
さつきさんも気落ちせずに、前に進んでいきましょ。
まひる
2016/03/05 23:50
気持ち玉、いただいた方々、ありがとうございます。m(__)m

コメ欄、ほか、クローズするつもりでしたが、気が付かず…
感謝でございます。
さつき
2016/03/07 17:35
☆まひるさん、コメントありがとう〜

こんにちは(^^)
昨今、事故や災害で、身近な人を急に亡くされる方も多いですよね…
でも覚悟をしていてのお別れも、なんだか、すべてが納得いくわけじゃないし。
難しいなあと思います。
親のこともですが、案外、知り合いの方が心にずっしり来る今日この頃…
年齢的に仕方がないですが(苦笑)黒い服出す方が圧倒的に多くなりますな。
まひるちゃん、ありがとね。
さつき
2016/03/07 17:40
私も最近知人、親族を続けて亡くし寂しい思いばかり;

昨日は納骨されたばかりのお墓参りに行ってきたんだぁ。
めぐみ
2016/03/22 23:42
☆めぐみちゃん、コメントありがとう。

そうですか…しんどかったなあ…

私、心の親の菩提寺も知らないので、彼岸に墓参りしたかった…
こういう時のお墓って、普段行く時とは少し違う気持ちがしたりしてね…本当はその中にいるわけじゃないんだけど…会いたいような。

親よりも気になる人の方がとても胸に迫ることってあるよね…
たぶん、葬儀他の忙しさの違いなのだろうけど…なんかね…

友人がブログに「日にち薬」と書いておられたことがあった。
時間が少しずつ、忘れるわけではなくて、違う形にして心にとめてくれるよね。
身体に気をつけれよ〜
さつき
2016/03/24 16:04
ありがとにゃ〜〜^〜^

諸行無常云々、色々思うところあるけれど・・・本当に時が解決してくれるとしか言えないネ;

追伸:にゃん子達の逞しいお尻写真に癒されたぁ♪(笑)
めぐみ
2016/03/26 13:02
☆めぐみちゃん

こちらこそ、ありがとうにゃー。
この日のコメント欄閉じなくて、よかったと思った。
めぐみちゃんや、まひるちゃんと、対話できて、ホッとした。

にゃんこ、デカいだろー(笑)
グレーじゃない子は、最近、体長も成長した(^^ゞ
外にいた時、飯をあまり食べられなかったのかな…きっと。
ただ、確実に獣医師さんには叱られなあ(・・;)カルテデータは体重しかないから。(笑)ヤバイぜ!
さつき
2016/04/01 07:09
私も「心の親」に 会いに行かなければならないのだけど…なかなか 忙しくて 行けません。数年前に 子供を連れて 会いに行きましたが 子供に振り回されて まともに話が できなかったから…今度は 一人で行って「リベンジ」
したいのですが…電話して 「元気な声」を 聞くのが 毎年の「母の日」…。今年もまた 来てしまいそうな…?
まだこもよ
2016/04/06 18:49
☆まだこもよちゃま、こんにちは。

すみません、お返事遅れましたm(__)m
ゆっくりするならば、ひとりでいいのかな…でも、皆さんで行くと賑やかでいいけど…それでは、まだこもよちゃまが独り占めできないからね。(^^)
時間があれば、ゆっくりと会いにいけるといいですなあ。
電話だって、本当は嬉しいものだと思う。
ああ、忘れてないのね〜(^^)という暖かい気持ちがすると思うので。
時々は手紙とかも、ゆっくり読めていいのかもしれないけれど、お仕事忙しそうだし、やっぱり『声』を聞き合うことが重要かもしれないね。
さつき
2016/04/13 16:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
心の親を見送って… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる