猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS 四大陸選手権・女子ショート…

<<   作成日時 : 2015/02/26 00:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

女子のショートまでは書けました〜(^^)
この後のフリーはいつになることかが疑問ですが…汗



1位 宮原知子選手       日本    64.84
2位 グレイシー・ゴールド選手 米国    62.67
3位 本郷理華選手       日本    61.28
4位 ポリーナ・エドモンズ選手 米国    61.03
5位 李子君選手        中国    60.28
6位 アレイン・チャートランド選手 カナダ 58.50
7位 永井優香選手       日本    56.94
8位 ガブリエル・デールマン選手  カナダ 55.25
9位 サマンサ・シザリオ選手  米国    54.95
10位 パク・ソヨン選手     韓国    53.47


<第2グループ>

5:アリソン・クリスタル・ペルティケート(フィリピン)

6:メリッサ・ブランハギ(フィリピン)

7:永井優香(日本)16歳 映画「エデンの東」より

白とブルーのふわりとした衣装がきれいだ。ジャンプは飛距離もある。ジャンプミスはあるが高さもあると思う。スピンは手足が長く、正確で衣装も映えるし、柔軟もある。丁寧な滑り。繋ぎの部分で決めが緩かったり、点数に関係のない間の部分もこれから体得していくといいと思う。スパイラル…真央ちゃん達のような足の位置の人が少ない…課題にスパイラルシークエンスが無くなったからでもなく、単発で短時間入れるから、そう思うのかな…

技術  31.59  演技構成 25.35  合計 56.94


8:ベロニク・マレー(カナダ)

9:レイナ・ハムイ(メキシコ)



<第3グループ>

10:アレイン・チャートランド(カナダ)18歳  「ラ・レジェンダ・デル・ベッソ」

曲に合わせた情熱的な赤い衣装。倒したエッジ使い、足の位置がバランス悪く見えるが、きちんと決めようという意識が高いと思う。ステップは、早く、エッジ使いもきれい、スピンの位置も回転もきれいだし、終盤にもスピードを落とさず、上下に良く動いている。最後スピンは個性的な位置。

技術 32.23  演技構成 26.27  合計 58.50


11:ガブリエル・デールマン(カナダ)17歳 「四季」より”冬”

冬のイメージ、青みの白にスパンコールがきれい。スピードとダイナミックな動きでスタート。スピンは位置も回転も柔軟もきれい。柔らかさも忘れず出している。ジャンプは思うように3回転に出来ない部分もあったが、すべて決まれば高くきれいだろう。足や腕の使い方を工夫していると思う。スピンもステップも終盤まで、スピード感いっぱい。

技術 29.10  演技構成 26.15  合計55.25


12:ブルックリー・ハン(オーストラリア)

13:ポリーナ・エドモンズ(米国)16歳 「ブレリア」「タンゴ」ほか…

濃い青にスパンの聞いた柄がきれいな衣装だ。ジャンプは正確にきれい。スピンも柔軟ありで、位置も早さもきれい。スパイラルほか、柔軟ゆえか足使いに少し雑に感じるところもあったが、背の高い手足の長い雰囲気はいい。細かいステップを織り交ぜて、曲に合わせて流れていくが、少しだけ、状態が立ってしまう印象もあるのか…今後、まだまだ変わって行くだろう…

技術 33.26  演技構成27.77  合計 61.03


14:パク・ソヨン(韓国)17歳 「序奏とロンド・カプチリオーソ」

紫の衣装。どうしてもヨナちゃんの名前が出されてしまうのか…そんなことは関係無く、彼女の笑顔は柔らかくてきれいなのになあ…緊張か、ジャンプでの少々のミスと、スピンが一つまとまらなかったことなどがあったが、後半にはジャンプもきれいに決まり、スピンの位置も柔軟もきれいだし、ステップもよく動いている。上半身が柔らかい印象に見えることはプラスだと思うし、フィニッシュのスピンの足は見事だ。これから、まだ身体つきも変わって来るかもしれないなあ…

技術 27.99  演技構成 25.48  合計 53.47


<最終グループ>

15:サマンサ・シザリオ(米国)21歳 「ダンサ・モーラ」

渋い赤にウエストのスパンコールがきれい。曲の雰囲気を出した振り付けから、ジャンプは乱れがあったが、ループ+ループの難しいコンビネーション成功。スピンは柔軟で位置もきれい。ジャンプに入り方が甘い?時もある。背中をきれいに魅せられるといい曲なので、工夫するといいのかなと。ジャンプはきれい、エスニックっぽい部分が少し残念…ステップは上下の動きを入れ、曲を表現していると思う。

技術  28.40  演技構成 26.55  合計 54.95


16:グレイシー・ゴールド(米国)19歳 「ピアノ協奏曲イ短調」グリーグ

もう19歳になってしまったか…少しだけお姉さんの雰囲気になったかも。濃紺にスパンの縁取りがきれいな衣装。GPファイナルに選ばれたが骨折で、出場できず…練習も足りないのかもしれないが、スピンはとても柔軟ときれいさがある。スピードも出ている。前半のジャンプは高く幅もあったがコンビ・2つ目のジャンプが壁に近づき過ぎてミスで残念。後半のジャンプは成功あり。腕を使い、なめらかで、スピードあり、時々はアクセントを利かせたステップはきれい。ひとつのジャンプはシングルなので、0点(新ルール)次までには、怪我をしっかりケアして、体も絞ってくるだろうな…と思える。笑顔が素敵。

技術 32.53  演技構成 30.14  合計 62.67


17:宮原知子(日本)16歳 「魔笛」

青の袖の肩を膨らませた衣装。曲に合わせたのだろうと思うが、先日、ショーで袖無しの衣装で別プログラムを見たので、その方が体が大きく見えていいような気がするが…それでも手足は長く、技のひとつひとつも正確で丁寧な選手。それで点数を取ることはもちろんだが、いつかそれを作り直す時、彼女らしさがいつかもっと別な形で花咲く日が来てほしいなあと思う。ジャンプも正確にきれいにまわりきる。スピンは柔軟も位置もきれい。ステップもバレエ要素を入れ?無理なく動きがあり、きれい。最後の柔軟なスピンからのビールマンはきれいなポジションだった。インタビューにも馴れていく感じが頼もしいかな。

技術 35.81  演技構成 29.03  合計 64.84


18:本郷理華(日本)18歳 「海賊」

パープルに襟元と立てラインのスパンがきれい。彼女の雰囲気と相まって、個性的な魅力だろう。曲は若手のバレエコンクールでも好まれる。コンビ・ジャンプは、2つ目に行くまでに課題あり?スピンは柔軟もあるし、いいと思うがまだまだ改良出来るし、慎重を活かしたダイナミックさも魅力だろう。体の使い方も指まで神経を使うことも、試合前に習っていたので、それも活かしている。まだまだ発展途上なところにより魅力を感じる。猫背、ジャンプの跳び方が先日引退した村主章枝さんににているなあ…と初めて見た時思ったが、今後、また印象が変わる日もあるだろうか。

技術 33.31  演技構成 27.97  合計 61.28


19:李子君(中国)18歳 「くるみ割り人形」「花のワルツ」

濃いピンク、首から胸にかけてのスパンがきれい。首と頭の位置がきれい。背が伸びたのだろう、大人っぽくもなったなあ。バレエに沿った動きもいいし、成長と共に決まらなかっただろうジャンプもきれいに決まった。スピン、スパイラル、きれいな位置だ。ステップも体をきれいに魅せつつ、よく動いてスピードもある。スピンの時に衣装が効果的であると思う。かわいさもまだ残っている、いい時期な感じもする。最終滑走だが、良い感じで演技できたと思う。よかった…最近の中国は男子やペアが強い印象だけど、過去にルーチェン選手のような柔らかできれいな選手がいたのだから、他の国の選手の名前を出す必要もないように思うなあ…リちゃんは私はかわいいし、好きな選手だな…

技術 31.80  演技構成 28.48  合計 60.28



ショートプログラムは、規定の技が必要なのに、1回転ジャンプだと0点だから、コンビネーションにするには、1回転+2回転+2回転にしないといけないのかな…??勉強が必要です。(¨;)
あと、回転し終わって転ぶのと、回れてなくて、転ぶのと、2回転になるのと、1回転になってしまった場合と…なんだか、点数を付けやすくしたようでいて、3回転してから転ぶ方が下のジャンプを跳ぶよりいい…となるのは、なんか少し考えてしまって…。
でも、選手やコーチ陣は、そんなことも考えているとは思うので、見てる方は応援なんだなあ…気になるけど…(^_^;)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
男子は宇野クンに期待していたんですけど残念でした。やっぱりプレッシャーがあったのでしょうか。周りから期待されるようになると思うような結果が出ない、今の日本選手全般に言えるような気がします。
私なんてにわかファンだから見たいと思って見るというより、勝ったから見るというところがあります。意地悪ですね(笑)
羽生クン、手術後の練習で足をひねったと新聞に出ていましたけど、世界選手権はどうなのでしょう。
優勝して欲しいけど、デニス・テン選手がすごいですね。
ノア
2015/03/02 00:21
☆taffy104さん、こんにちは(^^)

こんな記事なのに、いつも気持ち玉くださって、ありがとうございます。
励みます!(*^_^*)
さつき
2015/03/03 11:33
☆ノアさん、こんにちは(^^)

昌磨君は、ふらふらしてしまって…と言ってましたね。
皆がいいコンディションなことって、きっと選手時代に数回あるのか…あるのかさえもわからないですけど、難しいものだなあと思います。
自分ではイマイチだなあと思ったものが賞賛されたり、選手それぞれの葛藤もあるとDさんが言ってました。(^^ゞ

結弦君は、がんばり過ぎて?…プラス、休んだ分、滑るぜー!みたいな意気込みはあると思うので、足もなんとかして、出てくるでしょうかね。
五輪まで、長いようで短いですし、あと何回良い演技ができるチャンスがあるのか…考える日もあるのかもしれませんね。(もちろんひとつひとつの演技を…と言ってますが)
テン君は、感じいい青年です、なかなかに好調。
雰囲気も個性もだんだんとにじみ出てきていると思います。
私も、案外、日本選手の活躍で観ることは多いですよ。(^^ゞ
ノアさんもにわかファンじゃないような気がしますけど。笑
とりあえず観て、あれ?この人がいいじゃん!というのを探すのも楽しいです。(*^_^*)
さつき
2015/03/03 11:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
四大陸選手権・女子ショート… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる