猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS いまさら、ソチ、男子ショート…

<<   作成日時 : 2014/10/06 12:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5


2014年2月14日
いったん寝て、明け方だけ見ようかと思ったが、結局、全部見た…と言っても途中うたた寝するというか、意識が飛んではいた…

一人からでも集まって、オリンピック委員会?を作って、いろんな種目に出場している人もいると聞いた。
南の国の人もいたりと…

30人でフリーに望むための24人に残るために、挑んで行く。

上位結果のみ

1位 羽生結弦選手 101.45
2位 パトリック・チャン選手 97.52
3位 ファビエル・フェルナンデス選手 86.98
4位 橋大輔選手 86.40
5位 ピーター・リーベース選手 86.04
6位 ジェイソン・ブラウン選手 86.00


★第一グループ…

17歳のフィリピン、マイケル選手はスケート歴9年で、こんなふうに滑るのか…とビックリもする、バレエなりはしていたのかな…

団体戦があったので、いろんな選手がいて、それぞれの憧れや目標の選手がいて、衣装、振り付けの一部、いろんなものをその対象の人や観客に伝えるかのような感じも悪くない。
パトリックが好き、ダイスケが好き、ユヅルが好き…そんな感じが伝わってくるものや、衣装のここは、○○のリスペクトと感じられると、にやりとする。

サスペンダーがテロテロで(^^ゞ、すべりにくそうな感じもしたけど、上手に使っての演出の選手もおり、興味深い。

五輪はお祭りなんだ…とスポーツニュースの解説者だったかが言っていたが、観客も日頃見たことがない種目にも来るし、そういう面で、いつもの大会とは違うことだったり、逆にいい効果だったりもあるのだろう。



★第2グループ…プルシェンコ選手・ロマネンコフ選手・ケリー選手・パルキンソン選手・アボット選手・ケレメン選手

6分間練習が始まるが、プルシェンコ選手はジャンプの途中で腰に痛みがあり、団体戦は素晴らしいものだったが、個人戦は棄権となってしまった…
ここで、団体戦並みにすべったら、順位はどう変わっていたのだろう…とも思うが、手術から間もないのだから、本当のところは考えても予想もつかないだろう。

プルシェンコ選手は一番滑走だったため、途中でいきなり出ろと言われるよりは次の選手も良かったのだろうか…こういうことを経験をしてるかも大きいのかもしれない…が緊張しないわけはないよな…

パルキンソン選手(緑のシャツに黒パンで金糸)ひと世代前の個性派選手の身体つきで懐かしい反面、内容は今時でもあり、不思議な魅力なのかも…

ジェレミー・アボット選手…(37.21 37.37 △2.00 72.58 15位)
何回も佐藤有香コーチと確認してからリンクへ…引退するとかしないとか…寂しいが集中!
冒頭の4回転で、軸がぶれ転倒し、フェンスに激突。痛みのままうずくまっていたが、そのまま滑り続け、ジャンプも、スピンもこなしていく、大柄だが繊細なスケートと力強さで滑り続け、時間内にショートでこなすエレメンツを入れた。
観客は大歓声。滑っている間は痛みも感じないかのようなスケートにうっとりする。
本人もフィニッシュ後にはビックリした顔が印象的。よかった…滑りきれて…(*^_^*)

リンクから上がってくる選手の顔は、悲喜こもごも…大舞台でかならず満足行くことはとても難しいのかもしれない。


★第3グループ…ビクトル・パイパー選手・ファビエル・ラヤ選手・アレクセイ・ビシェンコ選手・ジェイソン・ブラウン選手・ケビン・レイノルズ選手・トマシュ・ベルネル選手

滑らかに滑ることと4回転ジャンプやスピン、上体の演技とステップやの合わせ技、すべて揃えることの難しさはあるけれど、魅せる演技者も増えてくる第3グループ…すべて組み分けだけで判断もできないのだけれど。
いい物には素直な応援が来るし、やはりお祭り?(^^ゞただ、鳴り物の応援が気になる…普段ではあまりないことなので…

ジェイソン・ブラウン選手19歳…(45.39 40.61 86.00 6位)
ジュニアからシニアに上がり今期の大会では顔なじみになりつつある。束ねた髪、女子のような振り付け部分もあったり、機敏な動きと柔軟なスピン(ビールマンも)4回転はないものの、他は文句ない出来映えと点数。本人の喜びも満点。

ケビン・レイノルズ選手…(33.98 36.78 △2.00 68.76 17位)
ずっと若いと思っていたケビン君。4回転を何回跳ぶのかに話題が行くが、近年、別の面でも見所はあると思うし好きな選手。音楽に会場が沸く。2本の4回転にミスが出てしまい、珍しく3Aでミスがもったいない。音楽に乗って、音を表現していくステップは早くて機敏。どこかひとつ調子が上がらないのかな…本人も不本意そうだ。

トマシュ・ベルネル選手…(42.11 39.98 △1.00 81.09 13位)
アボット君も含め、個性を活かしたオジサンスケーターの一人。4回転でミスしたが、他のジャンプは問題もなく、彼らしい衣装に振り付けは和むというか、気持ち良さそうに見える。後半のカウボーイなステップに会場も沸くし、良く動いている。彼も引退を表明しており、寂しい限り。

★第4グループ…羽生結弦選手・フェルナンデス選手・パトリック・チャン選手・マヨロフ選手・アモディオ選手・ジュベール選手

だんだんと馴染みの選手であり、ちとプレッシャーも強くなるような組み分け。
滑走順も続けざまで、オーサーコーチがブレザーを着替えて忙しそう(^^ゞ。自分の教え子がトップとなって2人もはすごいだろうなと。他のコーチもそういう方はいると思うけど、今期のオーサーコーチは目立ってしまうかも。

羽生結弦選手…(54.84 46.61 101.45 1位)
2シーズン目のショートの演技はこなれている。チャン選手とも今期はずーと一緒に闘ってきたし、自分なりのペースも経験できたと思う。スピードもあるし、体力も付けてきたはず、軸の細いきれいな4回転だし。ステップからの3Aも文句なし。スピンほかも早く正確。ステップでの見せ方も馴れている。2シーズン滑って正解のプログラムだと思う。会場からの声援も高く、いい物への反応だと思う。五輪にして、101.45の合計点はすごいこと。高揚した顔がまたいい。

フェルナンデス選手…(43.87 43.11 86.98 3位)
観客の興奮の後は滑りにくいだろうか…結弦君とは日々同じリンクで練習してきてるが。彼のいい個性を出したプログラム。4回転でミスはあったが、彼の4回転ほかのジャンプを見ると、いい塩梅の飛距離と、高さと、早い回転が効率よく綺麗と思う。ショートのミスの分はフリーに期待。ステップ他も良く動いていると思うが、上体の動きが単調かもしれないな…曲の雰囲気には合ってる。スピンも軸がきれいだと思うから、そういう点がしっかりしているのだろう。嫌な滑走順だっただろうなと見ている方は思ったりする。

パトリック・チャン選手…(50.34 47.18 97.52 2位)
チャン選手も2シーズン目「エレジー」。最初に曲を聴いてからワンテンポ置いて滑り出すようにしてから、とてもいいと思う。この人のジャンプは高くて飛距離が半端ない。一蹴りでスピードが出るスケートなので、リンクが足りない!とドキドキすることもある。3Aは苦手との話もあり、今回も回りすぎ…スピンほかも丁寧だし早いし、上下運動が大きいから、よく滑っているとよけいに感じる。少し乱れたが、深く倒した絶妙なエッジ。このプログラムも2シーズン目で本当によくなっていていいと思う。97.52

マヨロフ選手…(45.52 38.29 83.81 10位)
ロシア民謡に乗り、滑らかなスピードでの滑り出し…4回転も幅がある転倒しないように踏みとどまる。スピンで柔軟なのか上げた脚の位置が気になる。ロシアの選手だけによけいに声援も高い。早くなる曲に合わせて、踏んでいくステップも会場の雰囲気に押され盛り上がる。最終的スピンのスピードは少し足りない気もするが、盛り上がりに応えた感じだ。

アモディオ選手…(35.79 39.79 75.58 14位)
バネもあるし、ダンサーだなあと思う選手。ジャンプのミスが続くし、調子がよくないのかな…コンビジャンプはきれいに決めた。スピンの位置も良く早い、クンパルシータに乗ってのステップは、軽快で、脚も動くし、ダンサブル。ジャンプを決めて、ガッツリ満足したかっただろうなと思う。

ジュベール選手…(45.11 40.73 85.84 7位)
黒の衣装にオレンジの模様が綺麗。4回転にこだわってきた彼がようやく五輪で4+3を決めるのは感動的。オジサンスケーターの個性はビンビンと伝わる。スピンも点数をもらうには若手の選手のようなものも入れたいだろうが、自分の個性も大切だし、出来ることを完璧にということだろう。それでも自分らしさを表現すればいいのだ…と教えてくれる選手だと思う。ジャンプ軸がぶれても着地できることがすごい。力強いスケートでよかった。


★第5グループ…ミハル・ブレジナ選手・デニス・テン選手・ピーター・リーバース選手・ハンヤン選手・橋大輔選手・町田樹選手

ブレジナ選手…(42.20 39.75 81.95 12位)
個性的な振り付けから始まり、4回転は片手を着き、3回転が2回転に、アクセルは文句ない。スピンの位置も柔軟性も綺麗だ。上下運動もあり、脚もよく動いているステップは個性的な振り付け。後半の曲が速いので振り付けとテンポがもったいないのかな…ベテランな選手になりつつある。

テン選手…(43.49 41.57 △1.00 84.06 9位)
黒にスパンコールの衣装は大人っぽさも出てる。冒頭の4回転はミスしたが、そのまま流れるように繋いで、軸がぶれてもしっかりと着地の3A。柔軟性があるので、前は、スピンの時の脚の位置が気になることもあったけど、今は、それも上手にきれいな位置にあると思う。後半のジャンプから、ステップへと動きの大きい振り付けは今後も洗練されていくのだろうと思う。ジャンプが思った出来でないからか、やはり納得いかない顔かな…

リーバース選手…(47.26 38.78 86.04 5位)
ドイツの25歳。団体戦があるための参加?五輪は初めて…跳びにくそうな衣装に見えたが、よく見ると、ぴったりとした黒のシャツの上にオーガンジーのような薄いブルーを重ねてあり、風をとらえて、きれいだなと思った。ダイナミック4回転+3回転着地が乱れたが決めた。その後のジャンプも高く調子がいいのかな…スピンも個性が出ているし、脚もよく動いて繋いでいくし、そこからスピンやステップが繋がるのが気持ちよく感じる。曲の雰囲気を衣装と演技で表していて、良い選手だなあと私は思った。

ハンヤン選手…(44.94 40.72 85.66 8位)
コミカルな振り付けからのスタートで、3Aの飛距離もすごいし、スピードあるまま4回転は軸ブレで着氷ミス、スピンも正確だし、深く座ったり工夫も多い。スピードあるまま高い3回転ジャンプも見物。曲に乗ったステップも身体を上手に使っていて、かわいい振り付けもあったりと楽しさもある、まだ17歳。これからも変わって行くのだろうなあ…

橋大輔選手…(41.75 44.65 86.40 4位)
脚の調子が悪いままのようだけど、スピードのある6分間練習には見えた。当日はドキドキして、よく見られなかったので、この辺りは見直して書いてます。苦笑スタート位置に着くまでに何気なく顔の前で祈るように手を組む。五輪ベテランとしてのペース配分はあるだろうが、それでも緊張はあるだろうな…アップダウンのある振り付けで始まると、会場の雰囲気が変わる気がした。4回転までのスピードはあったけど、両足着氷で回転不足、ゆらぎながら回転から出るスピンは好き。3Aも他のジャンプも問題なく跳んで魅せた…どんだけがんばり屋なんだろ。外の店で中継を見ていた現地の人も引き込まれていくのがわかったとブログに書いている人がいた。最初気になったホーンのパフパフ音が、終わりにはよくやった〜という声援に聞こえちゃうからファンの欲目。
ステップは問題なくみえたし、圧倒的に上下運動が大きいし、頭の振りも大きく、なんとも言えない雰囲気は観客にも伝わったと思う。ホッとした顔をみると、こちらもホッとした〜

町田樹選手…(40.98 42.50 83.48 11位)
最近、織田君がテレビで町田君のモノマネをするのでなあ…(^^ゞ やる気みなぎる顔だけど、本当は緊張かな…呼吸を整えてからスタート…ポーズから、滑らかな滑りでスピードアップしながら、4回転+3回転。手から肩の動きも伸びる感じも工夫された振り付けだと思う。スピンの位置もいいし、スケーティングはいいのだから文句はない。後半のジャンプが2回転。ステップ部分でいつものスピード感がないようにも見えるが、曲調とはあっているから、最後までしっかりと決めて、本人の納得はいかないまでも、魅せる部分は魅せたと思う。


この後の試合からは、ホーンのパフパフ音は無くなったので、自粛なのか、規制なのか…五輪だから仕方がないけど、フィギュアなどの室内競技には合わないなあと思ったりした。
特に大ちゃんの時に、やられたので、応援というよりは、ちょっと気になるなあ…という感じ。心がちっちゃい私かなあ〜苦笑




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ひさしぶりのアップですね。今季の日本、ジュニア男女シングルで、急に伸びてきた選手がいます。羽生効果? 
Fujimi
2014/10/06 19:34
☆taffy104さん、お久しぶりです。

気持ち玉ありがとうございます。(^^)/
ちょっとずつ増殖します、ワンシーズン遅れてますが。苦笑
さつき
2014/10/11 23:25
☆Fujimiさん、お久しぶりです。

ワンシーズン遅れで、どうしましょ…苦笑
メモはしてきたけど、まとまるのはいつ?みたいな感じです。(^^ゞ
田舎は、テレ東も移らないからショーも見られないし、ジュニアの大会も時々しかないかも…
若干のジュニア選手は知ってますが、後は観てからのお楽しみと思ってはいます。成長が楽しみなので…
Fujimiさんは、もう、いちおしの選手は見つけられてるのかな…
選手強化もしてますが、もちろん、羽生効果はあると思いますよ〜(^^)
さつき
2014/10/11 23:38
ジュニア男子は、宇野昌磨が一押しです。4Tが国際大会で成功し始めました。私はTVは見ず、YouTubeなどで観戦です。
Fujimi
2014/10/31 20:33
☆Fujimiさん、コメントありがとうございます。
お返事たいへん遅れて、すみません。
いよいよ、中国大会ですね。
宇野昌磨君の4Tいいですか(^^)楽しみですね。
実のところ、元々時間が足りなくて、好きなプログラムや選手、地上派で映る人、そんな感じで観てた年数の方が多くなってしまいました。
今は、ネットでさかのぼって追いかけたりできるけど、やはり見続けること、が1番の楽しみだなあと実感する今日この頃です。
遅れながらでも、ひとつずつ観ていきたいなあとは思ってるので、今シーズこそは自分もがんばりたい…(^^ゞ
また良い選手はご紹介くださいね。
さつき
2014/11/06 16:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
いまさら、ソチ、男子ショート… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる