猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS 大ちゃんが滑る「ソナチネ」が好きだから…

<<   作成日時 : 2014/02/06 17:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

五輪が始まる前に、会見があり、佐村河内氏の曲に別の作者がいたとのこと。

せっかく作られたものが無くなったり、使えなくて、滑れなくならなくてよかったと思っています。

曲にしても、振り付けや、練習した演技にしても、やっぱり、手をかけて作られたもの、表現されたものだと思うので。

宮本賢二さんが、曲から感じ取ったものを大ちゃんのために振り付けして、

それを感じて、大ちゃんが滑る「ヴァイオリンのためのソナチネ」が、私は好きです。


その曲を選んだとは知らない時、佐村河内氏の特集も観ました。
それから佐村河内氏が、大ちゃんの試合を見に来た時のインタビューも拝見しました。

私みたいに、ちょっとした緊張で体調不良になるものにとっては、少なからず感情移入して観てしまう部分もありました。

お涙ちょうだい的な番組に翻弄されちゃう、私もバカなんでしょうね。(^^ゞ

番組で紹介される内容に、大ちゃんや、他のスケート選手を観て来た時の波瀾万丈だったり、怪我だったりの話と重ねて観てしまう自分もいました。

興味がない人が冷静に見たら、引いちゃう内容だったのでしょうね…きっと。
でも、いまさらコメントに呼ばれて、前から変だと思ってましたとか評論している有識者も、どうかと思ったりして。
素人でも、なんだか変じゃないの?と、思われてるわけだから、権威にある方が何も言わないのもねと。


自分の中にだって、耳鳴りがする耳が聞こえない佐村河内氏に対する違和感が無いわけじゃなかったけど、
それでも世の中には理解されないような病気や、いろんな病気の人もいるわけで。

そういう人を愚弄したような気持ちもしたり、美談に弱い自分もいたり…


でも、それとは別に、あの曲で滑る大ちゃんが好きです。
今は他の曲は考えたくないですから。

関西大学のホームページにも、曲の続行やファンの方へというメッセージが、載っており、少なからず、ホッとしたりしています。

選曲された曲のイメージから受け取られる振り付けになっていると思うし、
そこから、感じるものを表現していると思います。

それを観て、単純にただ好きならば、感動していいんだと、改めて思い直しています。
競技用に編集されてる曲も振り付けも、私は好きなんだし、

それに何より、大ちゃんが滑るから好きなんだった。


作った人の会見を観るのかは、迷ったけど、とりあえず観ました。

「五輪が終わった後に『偽りの曲』で滑ったと世界中の人から言われることは…」という言葉は、確かにそうなのかもしれませんが、それは、また別の話、でいいんですよね…?
いいんだよね。
五輪のショートに、あの曲を選曲してなくても、いつかは発覚したことなのかもしれないから。

どれがいいとか悪いとか、そういう意味でもなくて、
とにかく、他人様のパクリでなくてよかった。
そういうことで訴えられ、使えなくなる曲でなくてよかった。
と、おバカな私は安直に思ってしまうのでした。

そして、ゴーストだったとしても、ちゃんと作った人がいる曲なんだ…と思っていいんだなと。
あの会見の人だって、冗談でさらさら大きな曲を書いたわけでもないのでしょうと、
思ってる、おバカちゃんです。

「そういう事情を知っていただいた上でも、曲を使ってもらえるならば、それで闘かってほしい」とおっしゃるのだし、
そういう言葉を知ったら、大ちゃんはきちんと受け止められる人だと信じます。

曲も、曲の編集も、振り付けも、演技する自分も、すべてにたくさんの人の手がかかっていることを一番よくわかっているのもまた、大ちゃん自身だから。


今、いろんな周りからの言葉は気にせず、集中して、大ちゃんには思いっきり、いい演技してほしいなと思います。

その日にできる、すべての力を出して、少しでも、納得のいく演技が出来ますように。

いよいよ、団体戦が始まります…

みんなが、がんばれますように。
大ちゃんが、がんばれますように。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょうど騒動に巻き込まれてしまった形ですね
でも、いい曲はいい曲
頑張って欲しいです
フィギアもう、今日から始まるんですよね!
タフィー104
2014/02/06 20:09
全部「丸投げ」で作ってもらったのか・・・それとも 自分では楽譜にできないんだけど 「鼻歌(?)」を録音して「こんな感じのを書いて!」と 頼んだのか・・・・でも逆に考えると 「良い曲」を作れるんだけど 「売れない作曲家」が かなりいるのでは?
でも 本当にとんだ「とばっちり」なのが大ちゃんでしたね!
でもこんな騒ぎに惑わされないで 頑張ってほしいものです!
まだこもよ
2014/02/06 20:44
こんばんわ。いよいよオリンピックですね。気合いれて見ますよ〜
かるち
2014/02/06 22:33
羽生君、やりましたね。
プルシェンコも好きです。面白そうな人なので(笑)
チャンも好きです、この人誠実そう。

この曲のこと今の段階で公になってよかったと思います。大ちゃんが滑るわけだから、オリンピックの場で。
金メダルとったらそれこそ末代までも語り継がれるわけだから(笑)、新垣さんという人、それが怖くなったとも言っていますね。
世界中に知れ渡ってしまうことが恐ろしくなったって。

芸術というのは受け手のものだと思います。
作品を見たり聞いたりして何をどう感じるかは人によって違っていいと思うし、作者の意図するものと違う印象をもってもありだと思います。だから大ちゃんは大ちゃんが感じたとおりに演じれば、それが大ちゃんの「ヴァイオリンのためのソナチネ」になると思うのです。
ノア
2014/02/07 02:24
こんにちは。
こちらは雪が凄いです。

大ちゃんは、大ちゃんの世界で滑って欲しい。
たとえ誰が作ったとしても
大ちゃんの解釈で滑ればいいのだろうと
私は思います。

ゆづ君が大きくクローズアップされているけど
それは大ちゃんがいたから、
皆大ちゃんを目指して、練習してきた。
それを忘れないでもらいたいなぁ。。と思うのは
私だけかな?
世界の大ちゃんの演技が観れるといいなぁ。

ちゃる
2014/02/08 16:08
☆タフィー104さん、コメントありがとうございます。

誰が作ったにせよ、たくさん聴いた中からいいと感じて選んでると思うので、ぜひ使って演技してほしいなあ…
しっかし、大ちゃんが五輪に行けない思ってたのなら、腹立たしいですし、そしたら黙ってよぉっと…してたら、よけいにね。笑
今夜も団体戦をうつらうつらして観てます。(^^)
まじの大雪の、まじの雪かきで、バテバテです。そちらはご無事だといいな。

さつき
2014/02/09 00:58
☆まだこもよちゃま、コメントありがとうございます。

ほぼ丸投げ??というか、設計図はあったけど、そこから曲を作るのが別人なら、チーム性的な名前でやらないといかんでしょうね。(^^ゞ
時々は、こんな曲という一部分はあったらしいでけど。
ゴースト作曲者はそれなりの職業についている人だから、ゴーストでもいいか…と始めてしまったようで。
なんでも作ったら売れるとは限らないのは、どの世界でも一緒なのだろうし、その中すべて名曲というのも難しいでしょうねぇ。
ただ、いい曲と思えるものを作れる人が裏で作ってるのは、なんか考えちゃいます。
こちらも、なんか物語性のあるものに引かれるからいけないのだろう。
大ちゃんが選ばなきゃこんなことにならなかった…とか言われたくないですね。
そのためにも、もう大ちゃん自身の演技で本物のいい曲にしてほしいです。
そしたら注目されて、それからまた騒動も困るけど…難しいことはわかんないや…(^^ゞ
さつき
2014/02/09 01:18
☆かるちさん、コメントありがとうございます。

どうしても冬の五輪の方が観る確率が高いです。(^^ゞ
長野からの選手も多かったり…
テレビ観戦してたら、寝てる暇がないね、かるちさん。笑
さつき
2014/02/09 01:21
☆ノアさん、コメントありがとうございます。

なんかノアさんの言葉が、天上からの声に聞こえてしまいます。笑 (天井じゃなくて)
名前は置いといても、ちゃんと作った人がいて、いいと感じた人がいて…
芸術は受け手のもの…という言葉はなんかじーんとします。
ソチ応援コメントの中だったか、大輔が滑ることで、この曲は「いい曲」として生きられると書かれていて、なるほど…と思いました。

他の曲よりも、本当に一般の人がたくさんみる五輪で使われることには、いたたまれなかったのかなと。
何回も自称作曲者に止めようと訴えてきて、これが最後通告のように感じたのかな、ゴースト作曲者さん。

大ちゃんが五輪に行かないとでも思ったんでしょうか、と、そこが一番むかついたりして。笑
無事に、この曲で演技できることを祈りつつ、待つことにします。
きっといい演技になると思ってます。
さつき
2014/02/09 01:35
☆ちゃるさん、コメントありがとうです。
こちらも、まじの大雪で、雪かきが間に合いません。(^^ゞ
昔に戻ったようで、ビックリ。
都市部のそちらは、もっとたいへんですね…


そうですね…それだけ、結弦君のがんばりもあるんだけど、ちゃるさんの思うこともわかるような気がします。
大ちゃん、ずーっとは若いままいられたらいいんだよね。笑
今後いろんな選手が出てきやすい反面、長くトップで居る選手は必要。
そういう意味をよく理解している選手・結弦君は重要な位置にいるんですよね。(^^)

今そう考えられるけど、前は、ライバルで、仲良しで、一緒にスケート界を押し上げて来た3人を、勝手に次のエースは誰々とか、
ミスしたらこき下ろされたり、大ちゃんなどは、常に蹴落とされそうになっているように見えた時代もたくさんありました。
だから、今の世代交代の時期ならば、仕方がないかなと。
大ちゃん自身、織田君、小塚君、自分達の世代、先輩達がひとつずつ築いてきたものを受け継いで、大きく押し上げてきた。
だからこそ、次を任せられる結弦君達がいることは心強いと感じているのかな…と私は思います。

曲の報道がどんなふうに耳に入ってるかわかんないけど、いい演技期待してます。
まだ、団体戦だし、これからだもんね。(^^)
さつき
2014/02/09 11:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大ちゃんが滑る「ソナチネ」が好きだから… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる