猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013グランプリファイナル・女子フリー…

<<   作成日時 : 2013/12/09 16:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

滑走順にて。
フリーはたいてい、ショートの順位での滑走なので、一番滑走から順に上位ということになります。
かなりな私情も交じりながら〜の若干手抜きな独り言ですけれど…

あーあ、どう考えてもLIVEじゃないのか…というのがね。
放送時刻や時間の問題なんでしょうか。(^_^;)

総合順位

1位 浅田真央選手(日本)
2位 ユリア・リプニツカヤ選手(ロシア)
3位 アシュレー・ワグナー選手(アメリカ)



1:アンナ・ポゴリラヤ選手(ロシア)15歳 パイレーツ・オブ・カリビアン

3Lz+3T/3Lo+1Lo+3S/3Lzきれい/FCSp/StSq/3Lo+2T片手上げ/2A/LSp/ChSq/2A/3F転倒/CCoSp

ターコイズ色は好きな衣装。年齢からみるとやはり大人っぽい演技の中に時々、手の振りなどで、幼さも見えるか?…ジャンプも丁寧、コンビにした時に二つ目のジャンプに流れがないか…スピンは位置もポーズも回転もきれいだ。ステップひとつひとつも丁寧に、腰の低い部分とエッジの使い方もきれいな感じで、後半にも繋がっていく。時々いろんな場面でバランスを崩すことがあるのですが、エッジと氷がひっかかるのでは?との解説。後半から、ずーっと一定のスピード感のまま進むように見えてしまうので、調子が悪いのかな…それとも今後の課題なのか…
この年齢はやはり、長い手足と、身体つきのアンバランスさがあるが、彼女は違和感が少ないほうかな…

技術60.01 演技構成54.06 △2.00 FS112.07
SP59.81 合計171.88  6位


2:エレーナ・ラジオノワ(ロシア)14歳 映画フリーダより

3Lz+3T/3F/3Lo+1Lo+3S/CCoSp/3Lz転倒/2A/3Lo+2T足が重いか…/2A/FCCoSp/LSp/StSq/ChSq

顔立ちがはっきりとしていることや、自分の出せる魅力を理解しているように思う。まだ身体も軽いせいもあるかもしれないが、ロシアの選手ほとんどが冒頭に3−3をクリアしていく。スピード感もあると思うし、スピンの位置や早さはいい。繋ぎのステップとか、いろんな意味で踊ることが好きなタイプかなと思うので楽しみ。柔軟性があるためのレイバックなどのスピンもすべてが良い位置。年齢で五輪に出られないとか言うが、あまり早く出て、そのまま引退とかよりもなるべく長く自分のスケートを作っていくことが今の彼女にも当てはまる気がする。笑顔も素敵だし、彼女の演技も踊ることに関して、子役的な表現というか、素直に等身大に出来るものを見せている感じが私は好きかな…

技術63.36 演技構成56.28 △1.00 FS118.64
SP64.38 合計183.02  4位 


3:ユリア・リプニツカヤ(ロシア)15歳 映画シンドラーのリスト

3Lz+3T/2A+3T+2T/FCSp/StSq/3F/2A+2T/3Lo/3S/3Lz/LSp/ChSq/CCoSp

やはりショート同様に衣装から、自分の容姿を活かした演技から子役的な要素も含め、自分の「今」の良さ、出来ることをしてる感じが逆に新しいし、ラジオノワ選手同様に何かふと伝わるものもある。スケートは上手だし、ジャンプの回転も早く正確。頭の使い方にも表情があり、憂いた少女のプログラムにできあがっているのが心憎い。後半には多少の揺れはあるものの、ジャンプも成功、キャンドルスピンから、スパイラルシークエンスは柔らかくきれい。真横に上がる足を持ったままのスピンは今だからこそできる最高のものかも…

技術64.93 演技構成60.52 FS125.45 
SP66.62 合計192.07  2位


4:アシュリー・ワグナー(米国)22歳 ロミオとジュリエット(バレエ音楽)

3F+3T/2A/3S/StSq/FSSp/3Lo+2A+SEQ/3Lz転倒/3Lo両足/3F+2T+2T→3F両足−2T/LSp/ChSq/CCoSp

やはり、いきなり大人の女性を感じるな…まだ若いのだけれど、ロシア選手が若すぎるので女性が滑るとホッとするかも。冒頭のジャンプは美し、彼女には力強い感じがいいと思う。その中に柔らかな雰囲気が入ることで完成する感じ。後半にジャンプが多い分、間が単調な気もするが、スピンや滑る雰囲気が美しいので、いいことに…後半の開脚ジャンプもきれいだし。意外とスピードがないのかなと思うのと、ロミジュリという題材と考える場合には、淡泊な感じだろうか。ただ彼女の雰囲気にジュリエットという女性は合っている部分もあるとは思う。

技術56.06 演技構成64.41 △1.00 FS119.47
SP68.14 合計187.61  3位


5:アデリナ・ソトニコワ(ロシア)17歳 ロンド・カプリチオーソ

3Lz+3Lo/3F回転ミス/3Lo→シングル/FCSp/2A+3T/3F+2T+2Lo→3F転倒/3S転倒/2A手を付く/LSp/StSq/ChSq/CCoSp

同じ曲でもアレンジ次第かな。冒頭のジャンプは高くきれい。彼女独特の柔軟なスピンの形は見慣れるときれい。腰を下げたスケートや、表情の作り方、手や頭の動きも大人になりつつある感じが美しと思う。後半のジャンプから急に乱れ、そこから曲調が早くなる割にスピードが上がらない。腕の動きも少し悪くなっているものの、それをカバーするものは持っている。最後のスピンまで、滑りきりフィニッシュ。15歳の頃、大人の演技も出来ると言っていたが、やはり身体の変化や経験や年齢的なものは、やはりその年齢になってこそできるものだなと感じる。高いジャンプが跳べるだけに、他の部分を課題として今後の変化に期待。

技術46.45 演技構成60.47 △2.00 FS104.92
SP68.38 合計173.30  5位


6:浅田真央(日本)23歳 ピアノ協奏曲(ラフマニノフ)

3A転倒/3A+2T→3A両足コンビ無し/3F/CCoSp/FCSp/2A+3T/3S/3F+2Lo+2Lo回転不足/3Lo/CCSp/StSq/ChSq

重い曲からのコンテンポラリーバレエっぽい出だしが好きだ。3A転倒後の苦しそうな顔が痛みの強さを感じるが、次も3Aにチャレンジするも両足で、コンビに出来ず。他のジャンプもいつもよりは、重そうに見えるが、スピンの位置もポーズもとても美しいと思うし、回転も早い。曲変わりの顔の表情もいいと思うし、ジャンプまでの間にもしっかりと動きが入っているが、後半の3連続で多少の乱れ。レイバックからのビールマンもややスピードがないか…でもきれいであることに変わりがない。ステップのスピードは速く、音をきちんと拾いひとつずつエッジや動きを付けている点はきれいだ。真央ちゃんのスパイラルはとてもきれいで好きだ。そのまま滑って、最後のポーズ。
六分間練習のあいだに、信夫コーチにかなり何かを説明している姿があったので、ジャンプまでの確認だったのか、痛みがあることへの対策の話だったのか…まあ、本人は3Aを跳ぶことに再び挑戦する意志は固いのだろうな…
松岡修造氏とのインタビューでは、2つめのアクセルがミスした場合に3−3の難しコンビジャンプを入れる練習も出来ていたわけだが、やはり跳べるならば、3A2本ということなんだろう。完成系はソチで。それまでに腰ほかのケアを大事にと思う。

技術63.87 演技構成68.79 △1.00 FS131.66
SP72.36 合計204.02  1位

最近、バンクーバーやN杯での『鐘』の演技が良く映るが、今のスケーティングを必死で直して、きれいに跳ぶジャンプが回転不足だとしても、当時のものは跳べているのでは??とやはり思って比較してしまう。。。当時も海外の解説者も跳べていると解説していた。
何をもって、どこまでやったら完成なのか…完成させたくないのか、ジャッジは。
別にひいきしてもらっても嬉しくないけど、そんなに厳密に3Aだけダメと言われているような感じがちょっと気になるなあ…

中にも書きましたが、ロシアの若い選手がたくさんソチのために出てきています。
昔ならば、大人びた方がいいという感覚もあったように思います。
が、今の数人は日本で言うならば子役(決して悪い意味でなく)のように自分の持ち味を知って、きちんとそれを武器に勝負していることも私はいいと思います。

へんに大人びられるよりも、技術はもちろんあるのだし、今が旬というか、軽くて、少女の身体だからこそ出来る演技もあるし、大人の女性だからできる演技もあると思うので。
そういう対比も見る価値はあると思いました。

真央ちゃんが滑りやジャンプなど、信夫コーチ夫妻と1から直してきたものが、きっとソチでも花咲くことを信じます。

点数だけを見比べていくとしたら、安藤美姫さんの出来も徐々に上がって来ているのかなと思います。ドイツ大会の通し映像を見てないので…
自分でやると決めたことをやり通そうとする彼女が、ここまで必死でトレーニングしてきたことは間違いないと思うので、ここまで来たら、納得できるところまでやってほしいなと思う次第です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私は銀メダルをとったロシアの選手が一番記憶に残った演技に思えました。名前忘れたけどユリア・リプニツカヤというのですね。ロシア選手の名前は難しい〜笑
無表情のような表情がこの映画の少女の心情をすごくよく表していて泣けそうになりました。
技術もしっかりしているようだし、この先いい選手になるでしょうね。
その前に真央ちゃん、メダルとらないと〜(*^_^*)
ノア
2013/12/10 11:09
☆ノアさん
本当に、リプニツカヤ選手は、技術+今の自分を最大限に使ってると感じられますね。
子供っぽいのではなくて、演技と技術を持って「少女」表現するのは難しいと思いますから。
自分の容姿さえも考え抜かれているようなプログラムで、びっくりしまし、泣いてもいいかと。(^^ゞ
私は、真央ちゃん好き〜と言っていた、14歳お団子頭の娘さんが好きですけど、今後がどうなるのかなあ…成長期だし。

ロシア選手が育ってきたなあ…と思うと同時に、その枠をずーっと守ってきたレオノワ選手(パイレーツオブカリビアンの年上の方の人)のことが頭をよぎります。
なんか、選手多い国は男女ともにし烈ですな…(^_^;)

真央ちゃん身体に痛みがあるようなので、ソチまで上手にケアしてほしいなと思うし、金メダル取ってほしいですよね。
さつき
2013/12/11 00:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2013グランプリファイナル・女子フリー… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる