猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS 胸郭出口症候群(未定のまま)のその後…

<<   作成日時 : 2013/10/31 15:01   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 9

その後の体調…胸郭について。

病気の学習などをテレビでしようものなら、どんな症状にもあれ??と引っかかる。
まあ、年齢的に、身体にもガタが来てるってことだけど、考え過ぎたら怖くなるよね。


首ないし、胸郭について、どの作業で、いつ症状が出るかわかないなと、本当に思う。

ある日もコタツの下マットを替えたり、珍しく細かく掃除して、部屋を整えたところで、肩からのだるさが半端無い…

耳鳴り、耳ふさがり、息苦しさ、ドキドキ、怠くて動けないのが一日続く。
動けないことが、母にはあまり理解されない様子でイライラしてしまう。

横になることは動けなくなる感じがして怖く、座って過ごす。

次の日も肩から身体も怠いまま、左手のしびれ、物をよくつかめない感じが怖い。


仕方がないので、親身に話を聞いてくれるかかりつけ整形外科医に相談に行く。

混んでいる…

待っている間に救急車が来てしまい、その患者さんは歩けるので、検査とか看護師さんとうろうろ来るのだが、外待合のベンチ脇にレントゲン室他も並んでいるので、血のついたまま歩かれると、ちょっとドキドキする〜じゃないかい…(¨;)

じきに中待合に呼ばれ、ほーっとした。

この先生ならば、やはり話をよく聞いてもらえる。
少し安心というか、ホッとした…

私の場合、痛みよりも、内科系の方向の症状が出てしまうので、説明が難しいが、この日は首の痛みや左手のしびれもあるので、まあまあ話せる。

なんでも聞いてくれて、それだけでもありがたい…

正直に、胸郭出口症候群のことを話して、まあ、いちおうは若い30代までの病気だけど、ないこともないし、首もずれてるからなあ…と言う。

それから、上手にパソコンを使い、ネットでホームページなども検索して見てくれる。
そこは私も最近よく見ますとか、先生と話す。

買った本の医師は、日本人は40〜50代での発症も多いと書いている。
10年も前の本だ…
そこから、診ようとしてくださる意志のある先生だけが残り、他は進歩がないのかな…
それとも今後また新たに研究されることがあるのだろうか…

結局は対処法として、その本にあるストレッチしかないのだ…
あとは先生が介助してくれて、首の筋トレのやり方のチェック。
こういうことをしてくださるだけでも、ありがたいと思う。

できたら、この先生が胸郭出口症候群に詳しいと、もっとありがたいなあ…
一応は発作を起こすテスト法も知っておられたし、押して痛みの出るところも本のとおり知っていた。
おばちゃんのぼやき話のようなことへの反応も若い医師とは違うなあ…と実感する。

この日は試しに、と、首にブロック注射をしてくださった。

肩のだるさは消えない…
それでも、少し理解され、否定されないことは、患者にとっては嬉しいこと。
ありがとう、先生。

3日すると、少し回復してくる気がするので、調子に乗ってパソコンをすると、とたんにまた悪化する。

どこの神経が当たっているとか、血管が細いとか、詰まってるとか、どこに行けば調べてもらえるんだろう…

やはり地元の50分かかる病院に行くかしかないのか…
そこでダメならば、名古屋まで…遠いな…

そこに行っても、ストレッチしかないだろう…
それでも、どこがどうなっているかの確認だけはしたいと思う。
怖いことを言われたら、それはそれで嫌だけれどね。

脳外科の神経内科医がいる日に行けば、MRI検査などしてもらえるのだろうか…

やはり、耳鳴りや耳ふさがり、しびれなどが出て、手が震えたりするとやはり怖さを感じる。

どうしたものかなあ…まずは耳鼻咽喉科に行くか…最近飲み込めないことが気になったりもする。
ただの早食いなんだろうけど…


夕べは、母もお茶か何が気管に誤嚥しかかったのか、むせて呼吸困難になりそうになる。
鼻からも出たし、その後、咳や痰が出たので、ちょっと安心。
むやみに身体に触っても苦しいだけなのはわかってるので、静かに様子をみる。
声も掛けない…側にいるだけでもいいんだとわかっているから…

気管支拡張剤やら、喘息の発作予防の吸入薬を多めに使って、様子をみる。

自分もドキドキしてくる。。。

年を取るって、こういうことだなあ…とか、
自分もこのまま症状が増していくと、怖いなあとか、考えてしまうけど、とにかく、身体を動かすことやら、いろいろ自分で出来ることはしないとならないんだ。
今まで休み過ぎたから…(^^ゞ


ファイトなのだ、自分!!!

ニャンコの話とか、書きたいのに、ぜんぜん時間が足りない…残念…焦らないと決めようと思う。。。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
掛かりつけの整形外科医さんは、親身になって聞いてくれるみたいでありがたいですね。
なかなか患者の気持ちまで汲み取って対応してくれるお医者さんて、居そうでいないような気がします。
年を重ねていくと色んなところにガタがくるようで、嫌だな〜と思う反面、年だから仕方ないのかと諦めの気持ちも出てきますよねぇ(苦笑)
でもでも、さつきさんの不調はあきらかに気のせいではないので、原因がハッキリして対処してくれる親切な病院に出会えるといいのですが…(>_<)
まひる
2013/11/01 09:39
「耳鳴り」・・・・私も最近すごいですよ〜! でもそれを気にしててもしょうがないので・・・・「ミュージック」と思って(そうか?)
他の事で紛らわしてます! で・・・なんかの本にかいてあったけど・・・「ファイト!」というのなら・・・・右手を空に突き上げてみると・・・少しスッキリしますよ!(「スッキリ」って本だったか?笑)ちなみに伸ばす前に 腕を曲げて一回「ためて」からやるのが 私からのおすすめ!(余分な事ですけど・・・握りしめたこぶしに一回顔を近づけてから やると・・「かわいい」かも? え? そんな歳じゃない? いやいや・・・・何歳になっても「かわいい」のは 大事ですよ〜・・・ってか?)
まだこもよ
2013/11/04 10:11
耳鳴りって本当に煩わしいですね、
私も数か月ずっと右耳ばかり、セミが
鳴き続けています、夏なぞとうに
過ぎ去り11月なのに、それに眩暈
いやー辛いもんです、自立神経失調
ぎみと言われていますが、お医者さん
からは、症状を軽減するお薬ばかり
処方されますが、薬に頼らず治癒する
方法はないものでしょうかね
ノルウエーの猫の森の管理人
2013/11/04 22:07
☆まひるさん、コメントありがとうございます。(^^)

本当にね、「そういう年齢でしょ」と言われるのがつらくなってくる年頃です。
70代くらいになったら、もう少し受け入れられるのかな…なんて、70代の方に失礼ですよね、まだまだひよっ子ですから。(^^ゞ
正直、ストレッチしかないなあ…とは言われたけど、それでもね、話を聞いてもらえるって幸せなことだなあ…と思いました。。。

今は専門的過ぎて、広範囲に診てくださるお医者様も少ないような気もします。
○○な症状ならば、○○科に行けとか、そんなことしていたら、本当に何軒も回らないといけないし、結局医療費が個人的にも保険機構的にもかさむわけだから、ちっともいいことないのにね。(^^ゞ
今後卒業してくる医師はもっと総合的に診てくれるのかな…
それともより専門的なのかな…田舎にはやはり総合的な医師が必要かな…と思う今日この頃です。難しいね…
今はどこが詰まってるとか、神経が触ってるとかだけでも知りたいな…ストレッチはガンバルので…と思います。
まひるちゃんも身体には気をつけてね。
さつき
2013/11/05 00:12
☆まだこもよちゃま、コメントありがとうです。(*^_^*)

うーん、耳鳴りと肩こり、首こりも直結してる場合もあるし、こもよちゃまは職業病かなあ…(^^ゞ
なんか、慣れていくというか、そのくらいで済んでるならマシとか思ってしまうのが、良くないのでしょうかね…私もみんなこのくらいはしてるだろう?的な気持ちはありました…なめてた??
耳鳴りも侮ってはいけないようなので、機会があったら、耳鼻科に行ってみてね、心配だもん。
たださ、厳密には「耳鳴り」の原因ってわかんないらしいよね。苦笑

ふむふむ、たぶん、天こぶポーズ…でしょうかな、きっと。
ええっ、そんなかわいいポーズは、深キョンの顔じゃないとできないよぉ〜(笑)
ま、鏡の前でやらなきゃ、私もかわいいキャラ・タレント・女優のイメージでやれば良いのかなん。(*^_^*)
写メは公表しないからね!誰が観るかい、そんなもんって言われちゃうよね。爆

今から「ファイト」やります〜(と可愛く言ってみた。笑)
さつき
2013/11/05 00:25
☆ノルウエーの猫の森の管理人さん、コメントありがとうございます。(*^_^*)

本当に夏は終わったんですけどね…耳鳴りは気になりますね。(^^ゞ
もしかしたら、管理人さんも、難聴というか、耳ふさがりもありますか?
そしたら胸郭の体操したらいいかも??です。
なんて管理人さんのつらさも理解せずに、無責任に言ってしまうのですが、セコメディック病院(千葉)のホームページに動画付きでやり方があるので、よかったら、数十秒の体操なのでお試しくださいませね。

私もなんせ、痛みよりも内科的な症状が多いので、ずっと他のことを考えてました。(^_^;)ろくなことじゃありません…
首が整うと自律神経も整うという説もあるらしいので、とりあえず続けてみることにします。
本来、薬は少ないに限るし、出来たら飲まないのが理想なのですが、日常生活成り立たないのも、しんどいのですよね。
私自身は、薬のお陰で身動きとれてるので、上手に付き合いたいな…と思います。
もしかしたらお疲れが溜まったでは…ちと心配…猫の森の管理人さんも、お大事になさってくださいね。
さつき
2013/11/05 00:41
☆bettyさん、こんばんは(*^_^*)

気持ち玉、ありがとう。
そちらは寒いのかな…それとも冬の前に良い季節なのかな。
身体に気をつけていてね。
さつき
2013/11/05 00:42
☆かるちさん、こんばんは(*^_^*

気持ち玉、いつも本当にありがとう。
気にしてもらってばかりで、申し訳ないですが、とても感謝しています。(*^_^*)
さつき
2013/11/05 00:44
☆taffy104さん、こんばんは(*^_^*)

気持ち玉ありがとうございます。
いつも更新したら、心配していただいてることに感謝してます。
ちー坊は、夏が過ぎて少し元気で、他の2匹を時には追い回せるようになりました。(^_^;)
さつき
2013/11/05 00:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
胸郭出口症候群(未定のまま)のその後… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる