猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS グランプリシリーズ・アメリカ大会・男子ショート…

<<   作成日時 : 2013/10/30 00:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

はい、遅れてますが、滑走順に書いてまーす。


アメリカとか、カナダとかリンクが多いはずなのに、今回もアイスホッケーのリンクサイズ…なんで?と常に思う。野球場(外野の距離の違いはあるけど、塁間は同じでしょ)やサッカー場、バレーコートの大きさが変わることはそうそうないよね???スケートは我慢しろと…??

前半グループ

マックス・アーロン選手(アメリカ)21歳 ある恋の物語(マンボ)

前評判に大ちゃんが滑った曲を選ぶんだ…と皆さんがおっしゃる気持ちもわかったり、ウーッ!でのポージングを期待しちゃうものね。(^^ゞ
でも自分なりにこんなふうに挑戦したいという曲ではあるとは思うし、私はそれなりに好きでした。
スピード感のある滑りからの4サルコ予定でしたが、回転のあと着地出来ず。前半の上半身が硬い感じ?かもと、音に合わせて、きっちりポーズすることって、本当に難しいなと思う…
次の3トゥ−3トゥ、コンビスピン(間にワンジャンプ)、手の位置に気配り、深い滑り3アクセル、コンビスピンも位置がきれいなまま、ステップに突入、足がもたつくようにみえてしまうのは、やはり比較してしまうからかな…後半は左右に揺れながら、動きも軽やか、変形のシットスピンの組み合わせで、フィニッシュポーズ。
キスクラにカメレンゴ先生がいるのか…ちと複雑だけど、忙しい振り付け師なので、仕方がないことと思います…

技術41.37 演技構成 35.54 △1.00 合計75.91 6位


アダム・リッポン選手(アメリカ)23歳

前シーズンに切った髪が伸びて、またまたギリシャ神話系のお顔に…
少し大人っぽさもまして。。かな…

バレエ要素の強い始まりから、足の回し方も美しく、深くスピードあげてからのを4ルッツ(片手を付き着氷)からの、バタフライしてシットスピンのコンビ、間をあけてのコンビスピン(ワンジャンプあり)ポジションも美し、腕の使い方ほか、バレエ要素高し。3アクセ、3フィリ−3トゥ、スピンに入る前のポーズも美し、ステップもひとつひとつの手の位置がきれい、レイバックスピンからの、フィニッシュポーズ。

技術 43.23 演技構成 37.03 合計80.26 3位


アルツール・ガチンスキー選手(ロシア)20歳 フラメンコ(ジェフ振り付け)

勝手に…ロシアの堂本光一(怒られるか…両方のファンに…私も好きなのだが…)

状態が立っている??いつもより?4−3の最初のジャンプで横滑りに転倒…残念、次の3−3も回転不足と2つ目のジャンプもミス。3アクセはきれいに。
レイバック美しコンビスピン。間をあけて、シットコンビスピン(ワンステップあり)、後半は美しく彼らしく…ステップでもスピード感が無いのかも…練習で転倒して、腰を痛めたようであり、ジャンプミスが残念。スピンからのフィニッシュ。ちょっとしんどそう…

技術 37.24 演技構成 34.57 △2.00 合計69.81 8位


アレクサンドル・マヨロフ選手(スウェーデン)22歳 コロブチカ

ビロードの衣装に刺繍が美し、深いしスケートからの4回転の回転が少し乱れ転倒、3ルッツ−3トゥ、スピンコンビ(ワンステップあり)ロシア民謡らしいポーズから、ステップからの3アクセ、コンビスピン、ステップシークエンス、スピードがもう少し欲しいが、上下運動多しで、おお、キャンデロロジャンプ(笑)シットスピン(ワンステップあり)からのフィニッシュ。

技術 41.29 演技構成 34.68 △1.00 合計74.97 7位


後半グループ

ジェイソン・ブラウン選手(アメリカ)18歳 クエスチョン・オブ・ユー

シニア初戦だそうで、のびのびとしてます。
柔らかい演技でしたし、本当にのびのびと見えましたが、動きは良く、ジャンプも高い3アクセ、3フィリ−3トゥ、コンビスピン足上げ位置きれい、間あけて、シットスピンコンビ(ワンステップあり)、ワンステップしてからの片手を上げての3ルッツ、ステップも身体を大きく使っての回転しながらとか、止まって、また滑る、上下運動も表現力も大きい、ダイナミックと繊細と、時々女子?みたいな感じが今後どう化けるのか…

技術 44.85 演技構成 38.93 合計83.78 2位


小塚崇彦選手(日本)24歳 アイスクエアダンス

前シーズンに怪我をしていましたが、今期は踏ん張りどころか…少しお兄さんになった顔。

きれいなスケート4トゥ、3アクセ、可愛いステップも含めてからのコンビスピンシット(ワンステップあり)、コミカルな演技からの3−3予定が一つ目でミス。コンビスピン、バタフライから、シットスピン、どのスピンも正確。細かいステップワークでのステップシークエンス、もうきれいなだけのスケートじゃダメというか、彼なりの演出はアイスショーでの人々との出会いからのいい影響もあるかなあ…と思えるステップはいいと思ってます。珍しくジャンプの飛び上がってからの角度がずれてるのかな?と素人は思う…

技術 38.15 演技構成 39.60 合計77.75 4位


町田 樹選手(日本)23歳 エデンの東

前シーズンからの良い感じを保ってはいるのだろう…
感情豊に滑りはじめ、腰をおとして深く、4−3完璧からの、片足でのステップワーク、3アクセ、スピン、フライングスピンからのコンビ(ワンステップあり)、やわらかなバレエらしい演技も多くなって来ている、3ルッツ、反った背中もきれいだし、身体全体を使った動きは美し…片足でのステップも多く、最後のコンビスピンは早く、フィニッシュ。
いい演技に声援も高く、スタオベ。本人も最後の挨拶までを演技と意識している感じはいいと思う。今完成度が高い分を維持することが重要ではあるのかな…と。

技術 50.08 演技構成 41.10 合計91.18 1位


橋大輔選手(日本)バイオリンのためのソナチネ

きっと完成待ってるからね、大ちゃん。(すまぬ、あからさまなひいきだ…)
実のところ、結果を知っていて見ましたが、滑り始めたら、雰囲気はもう大輔ワールド。
音を表現することにかけては右に出るものなし。と思う。
4回転は勢いが足りないか?転倒、次のスピンも最後の方の微妙なバランスが不安をあおるが演出だと思う…その危うさもまた魅力。3アクセのオーバーターン、完璧は未だ戻って来ず…ながらも、転倒なしはホッと。流れるように3ルッツ−3トゥ、
ジャッジ席の前から中央に出て止まった位置までが苦しみで、そこから逆回転に行くところが希望に向かってと、何回も振り付け師の宮本賢二先生に指導されていた。流れるような頭、首、腕の動きはやはり大ちゃんのもの。スピンのコンビ早くてきれいレイバックからのフィニッシュ。あとは戻って来い!大ちゃんのジャンプ!

アイスショーでのお披露目に作曲者の佐村河内さんが来ていた。
人の多い中に出てこられることも苦痛だっただろうか…耳が聞こえないゆえに、リンクのフェンス縁に手を置き、触感で音を拾い、大ちゃんが刻む音楽を見ていた。
その後の別室での対談は涙が出た。佐村河内さんは、大ちゃんを抱き寄せて、手をずっと握っていてくれた。伝わるものがあったと思う、だから、大ちゃんもその気持ちを心に刻んでがんばれ〜!(ひいきしちゃうのは、ゆるしてね〜)

技術35.84 演技構成42.25 △1.00 合計77.09 5位






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
グランプリシリーズ・アメリカ大会・男子ショート… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる