猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS 軽いストレッチしてまーす。(胸郭出口症候群??かものまま)

<<   作成日時 : 2013/10/20 16:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

ぐずぐすしていたら、フィギュアシーズンが始まってしまいました…(^^ゞ

今の現状としては、本を購入して、しばらくパソコンを休んでる間にそこに書かれているストレッチをしていました。

どんな時に、どんなパターンで症状が出るのか、今もってわからないので、ぼっちら、ぼっちらと動いてみています。

前に記事にも書いたのですが…
研究熱心な内科医師から言われたのは、『胸郭出口症候群(疑い)』で整形外科の病気でした。


今年に入ってからのだるさ、眠気…

春先からの左まぶたの違和感(後にしびれ…)

夏前に気がついた、左口端の違和感(後にしびれ…)

朝、寝起きの左耳のふさがり、両耳の耳鳴り…乗り物酔い状態での食欲不振

胸椎の痛みとドキドキ…

息苦しさ…

6月に右手を突いたあとからの喉のしまり…鎖骨の痛み…


ひとつずつ別々の医者に行き、ひとつずつ可能性を消していく作業から始めました。
途中、母の喘息などの期間は自分は外回りができないので、最後の神頼みで、研究熱心な内科医師に行きました。

たった一軒…その医師のひとことで、すべての症状の説明が氷塊しました。

今もまた母の喘息シーズンですので、自分のことは後回しですし、今もって、その医師の診断の立証も出来てはいません。医師が居ない、どの医師にかかればわかるのかも不明。

家にいる間に時々、少しずつパソコンで調べていました。

たくさん悩んでいる人達の集まる場所で、自分と同じ症状の人の文章をたくさん読みました。

普通の整形外科医では、その病気についての名前は知っていても、軽く判断されていたり、正確な細かい検査がなかったり…他の病気との鑑別も出来ないようでした。

まあ、細かく検査したとしても、ほとんどが体操(ストレッチ)か、コルセットか、まれに手術というものなので、熱心に診る医師は限られているようでした。

名古屋の医師、千葉の医師、川越の医師、神奈川の医師など…
阿部先生の尽力で岩手県では、その病気についてほとんどの整形外科医が知識があるらしいこと…

皆さん、藁にもすがる思いで、飛行機や電車などで診断をつけてもらうために通われている様子も垣間見られました。

どこに行くにも3時間から4時間かかります。。。予約や紹介状がないなら、午前中に診察に入れば…という病院もありますが、それまでにたどり着けないし、検査も数日かかるようですし…(^^ゞ

メンタル医とも相談し、しばらくは、購入した本のストレッチをしながら、話しやすいかかりつけ整形外科医に通い、受診できる状況に回復するか、近場に医師を発見できた場合にはそちらにもかかってみるということにしました。

購入した本は…

『間違いだらけの肩こり治療』岩手医科大学名誉教授 阿部正隆先生著

すでに絶版の本で、再版を望むと書かれているためか、中古品でも元値よりも高いです。
掲示板など、いろんなところから要望が増えたら、増版されるか、新たにこの医師に習った方が本を出してくださるかもしれません。

本当に簡単なストレッチですが、鏡を見ながら、きちんと、鎖骨の上をくぼませることと、力の入れる場所を間違えないことだけです。

あとは、かかりつけ整形外科医から、手か壁と頭で、押しくらまんじゅうしなさいということで、首の筋肉を鍛えています。


検索していて、いろいろ拝見した結果、こちらのブログをまず参考にさせていただきました。

http://kyoukaku.noor.jp/
『胸郭出口症候群を患って7年目』


他にも掲示板もありますが、どこも許可を取ってないので、今はこちらのみを載せてみます。
千葉のセコメディック病院?のホームページにも動画付きで体操が載っています。

普通の肩こりの人にも有効では?と思うので、よかったら数秒ずつのストレッチなので、お試しくださいませ。

先日は、妹の車で30分くらいのドライブ中に人の家を探しながらだったので、家に帰ってから、左手がしびれて物が持てなくなり、少し怖かったです。
たぶんシートベルトの位置と、首にも刺激があったのだろうと思います。

右手を何回も突いて転んだりしているせいかもしれませんが、
考えてみると、若い頃から、腕を上げての作業が苦手でしたし、肩こり運動で、肩の上下をしただけで、かなり怠くなってしまったり、指先もしびれていた気がします。

当時は、痩せていて、なで肩に猫背でしたし、要素はあったのかもしれません。

女性の場合は若い人の病気と言われているようですが、本にもネットにも中年以降からの発症の人もいますので、昔からある病気なのに、医師の力が発揮出来ない分野だからなのか、軽く扱われているようなのが気がかりです。

今、鏡に映る鎖骨のくぼみをみていると、ふと思い出すことがありました。

今は亡き外猫しろちゃんを、外で腰掛け、1時間近くブルゾンの中に入れて抱っこしていると、ちょうど、鎖骨のここがくぼむ気がするのです。
もしかしたら、彼女を抱っこすることで、7年以上救われていたのかもしれませんね。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
さつきさんのこの症状を読むと、確かに、更年期障害(すみません)とか精神的なものでしょうとか、運動不足?とかその辺で片づけられちゃいそうな気がしました。それは本人にとってはつらくて何の解決にもならないですね。
なんとか病名らしきものがつけられて、治療の糸口につながるといいなと思います。ネットであれこれ調べるのはいいけど、それだってもしかして負担になってるかもしれない?
ストレッチで症状の改善がされればいいけど、また悩みが深くならないか心配です。
ノア
2013/10/20 22:28
☆ノアさん、コメントありがとうございます。

骨、筋肉、神経、血管で繋がっていると言うのに、説明する科は一部分ずつなので、結局不定愁訴、更年期で終わってしまうことも…もちろん、それも含まれているので質が悪い。
痛みがある人は整形を転々としてるし、私は他の症状から感じ始めたので、微妙な違いを説明することがとても難しいと感じました。
医師は、いつから痛いとか、しびれるとか、どうしたら起こるとか簡単に聞くけど、それがわかんないので困ることも多いです。

熱心な内科医のところで、症状を起こす運動テストと運動して脈が取れないか弱くなるかのテスト2つ受けて、どっちも陽性だから胸郭出口症候群だろうと。
あとは、首肩など複合してるか調べてくれる意志のある整形外科医を探さないと、ブロック注射して、湿布もらって、年齢だから仕方がないね、また来週〜で終わりだそうです…

パソコンは、左手がしびれて、乗り物酔いになってしまうので、しばし封印してましたが、ほんの僅か、ストレッチの効果はあるのか?最近は少しましな気がします。
ただ、ノアさんのご心配どおり、ここから先まだまだ問題大な感じ。
時期が来て治るものではないことだけはわかるし…苦笑
もう、老後に寝込まないロコモ運動をする世代になりつつあるので、やはり自己努力は必要なんだろうけど…でもそれだけでは厳しいかも…です
さつき
2013/10/20 23:40
こんにちは。
ちょっとお久しぶりです。
体調が思わしくないのですね。
私も更年期?薬のせい?と迷う事があります。
だるいのはしんどいです。

足と腰は,もうかなりひどい状態のようで
接骨院の先生は、毎日いらっしゃい.といいます。
最近腰痛もひどいので、今湿布して、腰痛バンドを巻いています。
ちゃんと治しておきたい。。と思っています。
まずは痩せないと。。。それが1番の課題です。
お大事にして下さいね。

フィギュアスケート、始まりましたね。
大ちゃん、、、うーん。。頑張って欲しいですよね。
ちゃる
2013/10/21 14:11
☆ちゃるさん、こんばんは(^^)
お返事おくれて申し訳ないです…

更年期な年齢ではあるのですが、それとは違う異常を感じています。
ただ説明する言葉が、とても微妙で、どう言っても更年期・不定愁訴と同じになってしまうので、困りものです。
事実、身体の方に出る症状が激烈で、それがどの行動で激烈に出るのか…自分でも計りかねますね。しびれとか、違和感、難聴、耳鳴りとかが左側のみに出るので…
今日は居間のコタツをきちんとしたのですが、その後から、動けなくなってしまって、物もうまくつかめないというか、手を下げていることしかできないので、どうしようかなと。
まあ、明日には戻っているか、数週間静かにしていると、また復調しては来ますので…

腰痛にしても、足にしても、ちゃるさんは持病があるので、寒くなったことも痛みの原因だったりしますかね…
どちらにしても腰は要じゃないけど、腰が弱ると足にも来てしまうので、しっかり接骨院に通われるのもいいかもしれませんね。(^^)
お大事に。
まあ、痩せるのは、ぼちぼちとでもいいのでは。(^^ゞ 私もか。汗

大ちゃんは、後どこでどれだけの点数か、順位に入ればいいとか、あんまり考えたくないですが、それでもソチには行く!と信じてます。。。スピードや曲のつかみは良い感じなので。(*^_^*)
さつき
2013/10/27 23:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
軽いストレッチしてまーす。(胸郭出口症候群??かものまま) 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる