猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界選手権・女子ショート…

<<   作成日時 : 2013/03/22 16:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

女子の放送の前は、いろいろとなんだか情報が多くて、たくさんの選手を見たいなあと思うのだけど、情報などなどを入れたいのだろうね。。。

抜けている選手もいますが、とりあえず、滑走順におしゃべりしてます。


ケイトリン・オズモンド選手(カナダ)17歳「マンボNO.8」「ゴールド・パピヨン」
妖艶そうで、かわいいさもあり、「踊れる」という点で好きな選手。
3−3、3単、2A、飛距離と高さあり。手の動き他、スピードもあり、とにかくスピンもきれいだし、ステップでも踊れる、という点が一番の魅力と思うし、笑顔もよし。
17歳だから、今後の成長での変化もあると思うけど、私は好きな一押し選手です。
大人び過ぎず、自分の持てる「今」を表現していると思う。

35.19 29.54  64.73   4位


キムヨナ選手(韓国)22歳「吸血鬼の接吻」
フリーの衣装が暗いイメージがあったが、ショートの衣装は色味もきれい。
3−3、(10.10+1.40)3単(5.30−0.20、エッジエラー)2A、ステップ3.90+1.10レベル4
ジャンプまでに工夫はされているが、単調な気もする。
スピンの位置も修正されきれい。
漕いでいる感が強いスケートも復帰3戦目で、始めて試合を見る私としては、まあ前より気にならないかも…試合慣れというか、回数出てない分の不備はあるのかもしれないが、本人としても悪くない出来では…
真央ちゃんとは上体の使い方が違うので、よくヨナ選手はバレエ訓練されているように言われるが、柔軟的なことを加味したら、真央ちゃんは足上げほか柔軟だし、どちらにもそれぞれ陸トレで培われたものがあると私は思う。

36.79 33.18  69.97  1位


グレイシー・ゴールド選手(アメリカ)17歳「パジャマゲーム」
私の一押しのかわいさ。。でも勝ち気なのかも…(私情はやめろ〜)
3−3最初の3回転に乱れ、3単、2Aはきれい。
スピード感とか、自分の持ち味を心得てる感じが良く出てる演技に感じる。
時々詰まる?ように見えるステップもあるが、のびのびと気負い無く見えるところがいいかも。
ビールマンスピンは足上げ位置も高く、柔軟的できれい。

30.23 28.62  58.85  9位


鈴木明子選手(日本)27歳「キル・ビル」「レジェンド・オブ・メキシコ」
目力、最高。
3−3(7.00−1.40)の二つ目は回転ミス、3単(5.30+0.10)、2Aは良い感じ。
スピンの柔軟も位置もずれることなく、美しい。
深く倒したステップは彼女の持ち味で、これは絶品。
写真の止まった角度でどうして滑っていられるのかと思う点は大ちゃんと同じ。
ステップも良く滑れていたように思うし、後半まで、同じスピードを心がけている感じがして、いいと思う。今回はトップスピードまで出ていなかったかもしれないが、やはり早い。

30.71 30.46  61.17  7位


アデリーナ・ソトニコワ選手(ロシア)16歳「スペイン奇想曲」
3−3は高く完璧、3単流れ少ない分、足をくいっとあげてくる 2A
首の動き、手の動きに注意しているが、時々使えていない時もある。
スピンは柔軟できれい、ワンハンドビールマンスピンが少し乱れ。
曲調に合わせた振り付け、雰囲気はいいと思う。
15歳の頃、19歳くらいの表現はできるわというようなことを言っていたけれど、やはり、年齢と共に顔や身体から出てくるものがあるので、やはり、お姉さんになってこその演技と思う。

30.97 28.65  59.62  8位


エリザベータ・トゥクタミシュワ選手(ロシア)16歳「アディオス・ノニーノ(タンゴ)」
背が伸びた。黒い衣装のタイツが黒すぎる、せっかくの柔軟な足ならば見せるべきかも。
3−3、3単、1A
スピンは柔軟、前よりはやはり身体の成長と共に雰囲気を変えて行く課程にあると思われる。次のスピンでの転倒があり、残念。
転倒はやはり身体的にも痛み・同様もあるだろうし、その後、珍しくジャンプミスしている。
妖艶さを出そうとしている感じは伝わるが、スピード感がないかも??
ソトニコワ選手同様に、成長期で、お姉さんに変わっていく顔つきになったと思う。
キャロラインジャン選手がパールスピンができなくなった…と言っていたように、成長だったり、いろんなことで、できることと、できなくなっていくことがあると思うので、そこを乗り越えていくを見せていただく楽しみもある。

27.97 27.75  54.72 △1.00  


村上佳菜子選手(日本)18歳「Prayer for Taylor」
ピンクの衣装はきれい、裾に入れたグレーの意味を知りたいなあと…
柔らかく上半身も使っての導入部はきれい、スケートもざくざく感が無くなりつつあるし、2A、3−3(9.02+0.90)、3単(5.83+0.40)、飛距離のあるジャンプは健在。
前半にステップ、後半1.1倍へジャンプを入れることで加点を取るプログラムも体力的なことなどがあってこそのことかも。
顔の演技から、大人になりつつある課程がここにあると思う。
スピンも手足を伸ばし使っていた。

36.87 29.77  66.64  3位


アシュリー・ワグナー選手(アメリカ)21歳「レッド・バイオリン」
すんなりした腕のように感じていたが、この日のアップで見ると、ジョアニー・ロシェット選手のように、以外に筋肉質なんだなあと…
3−2、3単はきれい、2Aひとつひとつ確実に。
スピンは柔軟で位置もきれい、ジャンプの後のスピードがないように見えたが、曲調の合わせたのかも…
曲の盛り上がりにスピードがないのかな??と思うが、きれいにまとめて、美しさ満点でした。

33.06 30.92  63.98  5位


浅田真央選手(日本)22歳「I got Rhythm」
3A(8.50+0.14)、3−2(5.50−0.50)最初の3で回転不足、3回転ミスで1回転。
ジャンプミスが惜しい。ステップ3.90+1.50レベル4
楽しい曲調、スローな部分、軽快な部分、手を上げるタイミングと音があっていたり、細かい音を足が拾っていたりと、そういうがさらに進化した感じ。
今まで基礎から直してきたスケート、練習が裏切らないことの確認がしっかりできたと思うし、自分がずっと取り戻したかった、3Aを跳ぶことで自分の元気にもなるのかなと思う。
楽しくてかわいらしいプログラム。
スピンはレイバックから、手足の位置を変えて、その場で最後はビールマンまで、足も高くあがり、きれいな姿勢で強弱もありきれい。
採点後の順位が出た時点で、会場からため息のようなどよめき…

29.70 32.40  62.10  6位


カロリーナ・コストナー選手(イタリア)26歳「ヤング・フランケンシュタイン」より「悪魔のトリル」
隣は立ちたくないと言われるほど、美しいスタイル。手足の長さを活かした演技は美しい。
3単、3−3の二つ目の3回転で転倒、2A。
物語性の強い振り付けで美しさもまた際立つものがあるし、ステップも踏みながら、スピードに乗っていく感じはすてき。
手が長いレイバック、物語を表すスピン、そういうものがとてもきれいでいいと思う。

34.01 33.85  66.86 △1.00 転倒が残念… 2位


アレーナ・レオノワ選手(ロシア)22歳「スラムドッグ・ミリオネア」
濃い黄緑の衣装は素晴らしく似合っているし、それに合わせた化粧で、前シーズンの雰囲気を変えてくるところが彼女らしい。
3−3、1つ目は大きくきれいだが、2つめ回転不足、3単、着氷ミス、2A。
顔から身体から演技することに関しては素晴らしいと思うし、後半での笑顔でのステップも深いステップでよい印象。最後のスピンは少々止まり気味だけど、位置はきれい。
最近、不調続きなので、苦しいところなのかもしれない。
ステップは彼女らしくいいと私は思う。

26.47 29.83  56.30

フリーでどうなるかという期待があるショートでした〜


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
世界選手権・女子ショート… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる