猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS 大きく遅れたけど、世界選手権・男子ショート…

<<   作成日時 : 2013/03/22 16:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

飛ばした選手もいると思いますが、とりあえずは滑走順に。
いつものようにおしゃべりしていきまーす。

これを書く前に、ふと思ったことを書いてしまったので、まあそれはそれで読んでいただくとして、フリーも見てからの感想を書いていますので、前と言ってること違うジャンと思われたら申し訳ない。


ハビエル・フェルナンデス選手(スペイン)21歳「マスク・オブ・ゾロ」
高くまっすくな4回転(10.50+2.00)、3Aはミス、顔の向きを意識しながらの伸びやかなスケート、3−3を決め、スピンのスピードが少し落ちたように見えたものがあったものの、他はきれい。
3Aが1Aになったことで、ショートに入れるべき技術ひとつ分が無くなったことが惜しい…

40.20 40.56  80.76  7位


ケビン・レイノルズ選手(カナダ)22歳「Chambermaid Swing」
前シーズンからのプログラムであるが、今期でいろんな部分がかみ合い、花咲いた感じ。
4−3(14.60+1.00)は位置も高さもきれいで、流れがあるジャンプ、3Aも高く、スピンなども工夫が多い。2本目の4回転は両足・オーバーターン。音楽に合わせたステップ、後半でのスピード感、スケートも伸びやかな印象。四大陸からの好調が続いていて、いいでき。演技構成点悪くないものの、引かれる部分はどこなんだろう…

47.69 37.47  85.16  3位


ブライアン・ジュベール選手(フランス)28歳「ジェネシス」「Aerodynamic」
スピードを上げての4−2、おそらくは4−3予定だったと思う。3A、3単エッジのミス?。
後半に小刻みなステップ、会場を盛り上げるサービス精神、スピンは回転は速く位置はきれい。おじさんスケーターの良さ満載。。。
数年前の本田選手、プル様、ジュペ選手の4回転合戦は素晴らしいものがありまして…今入れなければいけない要素が多いため過去と同じには4回転を入れられないだろうが、それでも跳び続けた男がここに残り続けていることは嬉しい。怪我や病気で泣いたことも多かったので…

44.20 39.97  84.17  5位


フローラン・アモディオ選手(フランス)22歳「ソブラルの思い出」
ステップからの3単(4回転予定)、3Aは高くきれい、スピンの位置もきれい。
細かなステップから、伸びやかなスケートとどちらも良いけれど、やはりダンサブルなステップは彼の個性としていいと思うし、好きだ。
後半に3−3。最終のスピンに入る前に何かに引っかかり?か伏せるように転倒。腰の痛みもあるし、足などに怪我がないといいなと…
その後のステップも踏み、最後まできちんと締めくくろうとガンバル姿はやはりいい。観客も暖かい。

37.99 38.74  75.73 △1.00  10位


無良崇人選手(日本)22歳「マラゲーニャ」
曲に合わせた衣装。最初の4回転が1回転。3Aは大きく高い、見栄えがする。スピン他も曲の雰囲気に合わせたものになっている。3−3。ステップに入っても、スピード感もあり、最後のスピンは回転が遅くなってしまったか??
4回転のミスがあったので、本人のがっかり度が強いのだろうか…
決まれば、ダイナミックで大きなジャンプ。
大柄で、スピード感がある無良選手にはやはりリンクが小さく見える…リンク横幅が小さいのが残念。

36.17 37.29  73.46  11位


ミハル・ブレジナ選手(チェコ)22歳「In the Hall of Mountain King」
今回の髪型は前に戻ってきていて好き、スタイルもよし。
4回転高く早い、3−3も回転が早い、3Aで若干オーバーターン。スピンもドーナツスピンはああ持てば早くポジションに付けるのか…
曲の速さに合わせていくステップ、たぶん、途中もう少しだけエッジを倒して深かったら、さらにいいのかもしれない。
最初の4回転は本当に高い。

43.92 39.17  83.09  6位


羽生結弦選手(日本)18歳「パリの散歩道」
衣装が青っぽく見えるのは照明のせいか…
出だしからはいつもどおり、スピードに乗っていくが4回転(7.20−3.00)で転倒、回れているように思えたが、スピンはきれい、若干いつもよりずれるか??
難しいステップから同じ足で入る3A(9.35+1.71)は絶品。
珍しく、軸が斜めで下りた3回転で手をつく。コンビネーションにならず残念。
観客からの声援も後押しかな…
いつも通りではなかったので、自分としても「ちょっとな…」という感じか…
結弦君のようにスピードが命の選手にもペースが乱れるリンクなのか
高得点が出て完成度の高いショートだけに滑れば滑るほど、馴染む点と、タイミングがわからなくなる部分はあるのかもしれないのがフィギュアなのかも…

36.12 40.82  75.94 △1.00  9位


デニス・テン選手(カザフスタン)19歳「アーティスト」
スピードに乗っての4回転(10.30+1.71)はクリアー、3Aもクリアーな出来でよい。スピン他、今までと同じく丁寧で、正確な滑り。元々のリンクの使い方もあるのか、普段と遜色なく滑れているように見える。1.1倍での3−3。
音楽を表現するステップ。スピードよりもエッジワーク重視?最後のスピンも位置きれい。
今まで、ジャンプが決まらず苦戦してきたところでの好調続きで、良い点出るはずと思わせるものあり。

50.81 40.75  91.56  2位


橋大輔選手(日本)26歳「月光」
滑り込み過ぎたかと思わせるほどシャープな顔で目がでかい…
スピードあり、4回転両足(7.20−2.71)で回転不足、3A(8.50+1.86)はクリーンで前のようで嬉しい。スピンも前回レベル2だったものも含めすべてレベル4。ジャッジ席から、切なくバッグで滑っていく振り付けが無くなり残念。3−3、二個目少しバランス悪し回転不足。レイバックスピンは好き。

とにかく、普通に滑っているようにみえるところでも、足は音をしっかり拾っている。
ステップに入ればなおさら。なのにそこに広告を入れるテレビ曲にがっかり…
ゆづのショートも早く終わるが、大ちゃんのはさらに早い。

プログラムの変更、ジャンプ(たぶん4回転?)を本田コーチとの練習してきた省エネジャンプから、ニコライコーチ提案のロシア式の跳び方に変えたとのこと。(大輔ブログ先輩より聞く、どう違うかは勉強してきます…)
本田コーチのままなら、もう少しよかったのでは?と思う反面、今は本人が選んでチャレンジしていこうとしているのだから、とりあえず応援…

それにしても大一番の試合でも新しいことをやってくるとはチャレンジャー。苦笑 ソチを見ている証拠かな…月光という曲のイメージが固定されているので苦戦するかも…と言われているからか、演技構成点もう少しくれ〜という感じはするが…見ている方も微妙。

41.50 43.17  84.67  4位


パトリック・チャン選手(カナダ)22歳「ラフマニノフのエレジー」
身体作りしたのか、衣装のせいか、むっちり筋肉な感じ…
地元のリンクなので、慣れているだろうとは思うが、スピードの速いチャン選手にしても狭い感じだろうか…
伸びは完璧な時とは違うが、4−3(14.40+1.57)成功、3A(8.50+2.00)、3単(6.60+1.30)とも流れもあり高い。

こういう曲が好きなのかもと思う反面、努力のあと…たぶん自分を少し変えたいのだろう…と思われる点はあるが、やはりショートの方は、せっかく振り付け師を変えたのに…と少し思う。。。伸びのあるスケートは健在。
なかなか決まらなかったジャンプもこなれてきた。

52.70 45.67  98.37  1位


フリーもまあ、パトリック選手が…と思いつつ、大ちゃんと、ゆづを応援するぜぃ。もちろん無良君も。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大きく遅れたけど、世界選手権・男子ショート… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる