猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS 震災から2年…そして自分の近況…

<<   作成日時 : 2013/03/12 15:43   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

昨日は、あんなに晴れても寒かったのに、今日はまた暖かい…

なんだか身体も心もついていけてないですね。

そして、着る物で右往左往している自分に苦笑いする日々。

2011年3月11日・12日の震災から、2年…
福島ほかの復興が何も進まないという現実を流すテレビを見つめていました。

あの場所に来ても、原発再稼働とか未だに偉い一部の人は言っているし…

確かに、燃料としての核をもっていることで、海外からの非難もあるのかもしれないし、それらの処理も使ってしまえということなのかもしれない。

けれど、その後残る放射性物質は結局廃棄するしかない。
たぶん、利権問題もたくさんあるんでしょうね…

海に風車をつけての風力発電で、今よりもっと電力が供給できるとの見出しもどこかに躍っていました。

「除染作業をしても、線量の基準値を信じて本当に町に戻れるのかわからないならば、無駄なお金を使わず、私達にくれたら、他の場所に家や町を作るのに…」
という女性の意見は、もっともな気がしました。

そんなに大切なお金を、復興以外の全然別のことに使っていたことが発覚しても、少し報道したら、それでおしまい。
別のことに使った復興費はお返しなさい!と思います。


そして本日は長野県北部地震被災地の記事が地元新聞にたくさん載りました。
当時は、地元の記事はわずかしか報道がありませんでした。
もちろん、原発の爆発やたいへんなことが起きていたので仕方がないことかもしれません。
今はたくさんの人の手や募金で、雪深い中でも復興が進んで来ている様子が書かれています。

何もできないな…自分は、と思いつつ、お寺の鐘が黙祷の時間に合わせて鳴ったので、手を合わせました。

自分の目の前にあることでいっぱい、いっぱい。
それでも、なんとか生きていたら、またいつか誰かの助けになれることもあるのかもしれません。


さてさて、私事ですが、昨日、皮膚科に行きました…
顔のシミの中に老人性のイボができ、いよいよ中年だなあと思っていた数年前。
それが、微妙に変化してきたので、これは切るしかないのかなあ…と吐き気がするほど悩みました。

形成外科と皮膚科のあるクリニックがあり、そちらで診察。

怖いけど「切るなら切ってください」と言うつもりでしたが、
悪いものではなく、ただのイボのようなので、液体窒素で少しずつ治療していくこととなりました。

ホッとすると、欲が出るもので、先生このシミも取れますか?なんてね。のんき…

だるだるしている日々ですが、なんとか一生懸命生きようっと、命があるあいだは
と思う今日でした。

皆様もどうぞお体にお気を付けて。



また画像が貼れません…うーむ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
3.11の翌日、長野でも大きな地震が襲いましたよね。
東北地方の震災の方が規模が大きかったせいか、こちらでは長野の震災から2年についての報道は見聞きしていない気がします。
報道を見ていると、2年が経ったというのになんだか何も復興が進んでいないように思えます。
被害にあわれた方は、悔しい思いをしているのでしょうね。
なのに、自分は何も行動を起こせない。
ちょっと恥ずかしいですね(x_x;)
最近の体調はいかかですか?
季節の変わり目だからちょっぴり辛いのでは?!
春になるまでぼちぼちといきましょ(~_~;)
まひる
2013/03/14 20:10
☆かるちさん、いつも気持ち玉ありがとうございます。

2匹のニャンコは元気なんだけど、そろそろ一部屋ではストレスいっぱい。
本当に無計画で始めたし、母は動物どころじゃないし、ちなつ君がかわいそう的なスタンスでいるので、イライラするし…
ブログを放置しながら、巡回も後回しになりながら、猫と日々つきあってます。(^^ゞ
さつき
2013/03/16 11:38
☆まひるさん、コメントありがとうです。(^^)

本当に、当時のニュースは全国版が優先でした。
原発事故、津波と酷い状況だったので、仕方がないとは思ったけれど、一日に県内ニュースに割り当てられるのはたった5分でした。
なので、県内の情報すらよくわからない…
それでも、いろんな結束をもって、地道な活動が続いて復興できているようです。
そこからみると、東北の方の心労は未だ癒えるわけもなく、新地、荒れ地を見るにつけ、一億数千万の模造の松の木よりも家を建てろと思います。
私達は何もできないですが、何をしたらいいのかもわからないので、観光とかそういうことで貢献するのもありなのかな。
後は、原発再稼働の反対でしょうかね。。。

日々、自分達のことで精一杯なのも現実だし、今年も千羽鶴を送る活動をしているスーパーの折り紙を折りました。
まひるさんも、この日々の気温変動ほかで、心身ともにダメージでは?(^^ゞ
春は好きな季節なのにねぇ…身体がはきはきしてたら、もっと最高〜かな。笑
ほんとうに、ぼちぼちまいりましょうね。(^^)
さつき
2013/03/16 11:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
震災から2年…そして自分の近況… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる