猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS 四大陸フィギュア後…大ちゃんのことほか…

<<   作成日時 : 2013/02/20 11:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

スポナビの記事にリンクします。


内容抜粋…

****************************

高橋は7位 長光コーチ「いい喝が入った」

「慢心とか、気の緩みがあったと思います」と高橋。昨年11月の中国杯から2カ月間で4大会を戦い抜いたが、年末の全日本選手権後に正月を挟んだことで、緊張の糸が切れてしまったという。加えて、今回の四大陸選手権は例年よりも1週間早い開催だったこともマイナスに働いた。長光歌子コーチが明かす。

「ずっと試合が続いていて緊張していたので、どこかで緩めないといけないと思ったんですが、緩めた後の調整でちょっと時間が足りなかったかなと思います。大きな試合のための準備になっていなかった」

 もともと十分な調整期間が取れなかったことに加え、今回はSPのプログラムを変更して臨んだ初の大会。長光コーチによればSPの練習は「2週間したか、しないか」という程度なのだから、二重に時間が足りていなかったわけだ。
 ただ、敗因がハッキリしている分、長光コーチに落胆の色はない。「(3月の)世界選手権に向けて、いい喝が入りました」と笑顔さえ浮かべる。新SP『月光』に関しても、「練習でうまく入れた時は伸び伸びと滑れている。もう少し時間をかければ、良いものになる」と太鼓判。肝心の高橋自身も『月光』には「前回のSPよりやりやすい」と手応えを感じており、すでに「やるしかない。普段の練習でも100パーセントで行く」と、大一番へ向け気持ちを切り替えている。



羽生、逆転許すもオーサーコーチ「この結果を糧に」

 一方の羽生も、結果こそ銀メダルだが、内容を考えれば到底満足できるものではない。時折冗談を交えながらも「調子が良かっただけに、この結果は悔しい」と負けん気をのぞかせた。そんな愛弟子に温かいエールを送るのはブライアン・オーサーコーチだ。
「ユヅルにとって重要なのは、今日の経験を経て強くなること。彼はとても強い人間だということが分かっているので、この結果を糧にさらに強くなってくれると思う。今日学んだこともたくさんあるし、きっと彼はさらに強くなるよ。今回の結果は決して恥ずかしいものではない」
 羽生の調子が良かったことはオーサーコーチも認めており、だからこそ「今日の演技にはビックリした。彼の平均的な力を出せば簡単に勝てた試合だった」と本音も明かした。と言って、今回の出来にガッカリしているわけではない。大きな大会を勝つためには今回のような経験が必要になるのだという。

 むしろ、今日の演技が完璧だったら、逆に心配していたと思う。ユヅルの目からは強い決意を感じているし、世界選手権まで4週間もあるからね。きっと彼は世界選手権で期待に応えてくれると思うよ」

 高橋、羽生に共通するのは、今回の敗戦はこの先まで尾を引きずるネガティブなものではないということ。むしろ、3月の世界選手権(カナダ)への良い起爆剤になるだろう。この2日間大阪でもれた溜息は、きっと1カ月後のカナダでは大歓声に変わるはすだ。
「目標を合わせているのは世界選手権。課題を修正しながら完成形を目指したい」(羽生)
「今回の結果を世界選手権につなげないといけない。こんな演技をしていたら絶対ダメですから」(高橋)
 何より、日本の2枚看板が逆襲へ早くも闘志を燃やしている。

<了>

*******************

大輔ファンの方のブログにこの記事が載っているのを見たとき、ホッとして、思わず同じ題材を選びました。

というようなわけで、いつもはずーっと後にならないと、そのときの状況を話してくださらない歌子先生のお話が乗っていたので、安心というか、状況がわかって、ホッとしたかもしれません。


2週間で、あれだけ滑るのか、プログラムとしてまとめてくるのか…それはすごいとも思えます。
その間に、練習でたぶん皮が柔らかくなってしまったか…の靴を、世界大会に向けてのために早めに変えたりと、不安材料もあったとは思います。

休みの調整が…と歌子先生自身がおっしゃっているので、次への期待も高まります。

得点を待つまでの・・・・・な顔
画像




大ちゃんの大会後の涙目なインタビューはせつないですが、先をみているので、その点は大丈夫と信じてます。

現役もはっきり引退すると言い切ってないけど、ソチ五輪のあと引退報道的になってるし、大阪での四大陸選手権にご両親を招待したことなど、ひとつひとつの試合に込める気持ちは強いと思うので、今後もどんどん上がっていってほしいです。

ロックンロールメドレーはとても好きでしたが、今の意気込みの大ちゃんには『月光』のような、入り込む感じの曲の方が、自分の中でもしっくりくるのかもしれないと感じます。
またロックンロールはエキシビションナンバーになってしまうのかな…と思うと少し残念。(^^ゞ

前のマンボの時も、踊ることは大好きでも、あの曲を踊るためのモチベーションに行けてなかったことで、シーズン中、ずいぶんと苦労した様子でしたので、大ちゃんの入りやすい曲ならば、その方がいいのかも…


結弦君も四大陸より前のジャパン団体のエキジビションマッチでは、ジャンプミスも多く、足に来てる感じでしたし、休むことと練習の関係性はとても難しく、そこを揃えて始めて練習どおりの演技ができるというものなのかなと思います。

もうひとつ…かなあ…な顔
画像



緩め過ぎても難しい、ずっと気をはるのもしんどい…うーむ、難しい…

今、だるだるに緩んでる私としては、申し訳ない限りです。(^^ゞ
(って選手じゃないから、同じ土俵で考えてもね…苦笑)

フリーが完成して、そこに情感たっぷり感が入って来た時、どれだけの点数がでるものなのか…
無理しすぎず、今できることをしてもらいたいし、怪我しないようにと祈ります。


真央ちゃんの笑顔も、かわいく、今回は日本女子3人の演技がかなり良かった点で、表彰台独占もなんだか嬉しい気がします。
3回転半の解禁も嬉しいですし、仕上がりもいいです。
でも、とにかく、女子は今3−3のコンビネーション必須になりつつあるので、その点も忘れず、次も良い演技ができたらいいなと、真央ちゃんの笑顔に思いました。

あっこちゃんの演技も素晴らしく、前のN杯のようには行かないけれど、それでもジャンプミスで苦しんでいたときよりは素晴らしくよかったと思うし、彼女の努力のあとが見える気がしました。

この大会に来ていない選手もいますし、世界選手権への期待度は上がります。

みんながんばれ〜\(^O^)/




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
☆Fujimiさん、こんにちは。(^^)

気持ち玉ありがとうございます。
フィギュアスケートお好きですか?(^^)
なかなかいろんな方々のところに訪問できず、このままご挨拶で申し訳ないです。(^^ゞ
さつき
2013/03/01 11:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
四大陸フィギュア後…大ちゃんのことほか… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる