猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS 兄弟猫と暮らしたい…と思ってしまった。

<<   作成日時 : 2012/11/21 23:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 9

なんで、日々こんなに胃が痛いほど、猫のことで悩んでるのかな…と思う…
心は決めてたはずなのに…

今しなければならないとしたら、次の順番…

人慣れしている、黒猫オスの不妊手術…

傷のケアもかね、家に入れて…その間に、人に慣れてるとはいえ、今一緒に家族として暮らせるのかどうかを試すこと。

その間に飼い主を探す…黒猫好きさんとか、大人猫でもいい人などなど。。。
大人猫の里親探しは非常に時間がかかる、半年単位以上…

もうすでに声はかけている…

最近、犬、猫の保護のために活動を始めた人がいるので、連絡を取るか迷ってもいる。
助けてもらえないかなと…

この黒猫…
そして、震災直前に不妊手術した母猫…

母猫は美猫であるが、なかなかに元気もの。
完全室内飼いは難しいかも…と手術した時に家の中で管理した感想。
それでもどちらも触れるし、向こうからも寄ってくる…

寒くなるならば…、触れるならば…、人を受け入れてくれるならば、飼い主を探したいと思うようになった。

地域猫にするための不妊手術だった…
でも、こうして触れる猫を見たときに、自分の中が揺らぐ。

そして、そして、なによりも…
この2匹の猫よりも大事に思っている猫たちがいる。
母猫から生まれ、同じ震災前後に手術したあの兄弟猫。

我が家の近辺数キロ、かなり工事や、建物の取り壊し、新築、いろんなことがあって、猫にはなかなか住みにくくなりつつある。

ご迷惑をおかけしている人には、その方がいいのだとも思う…
猫が捨てられ、流れて来ても、いる場所がないのだから…

やっぱりあの兄弟猫…抱き合って寝ていたあの兄弟猫を我が家に迎えたい。
そういう気持ちが芽生えてから、地道に、ご飯をやって、名前を呼んで、触れる子は何回もなでて、そうして、少しずつ準備して来たことが、今は機能していない。

母猫が成猫になった子供たちを、自分のテリトリーから追い出そうとする。
そういう時はメス猫の方が強い…

そして、彼らのために用意した段ボールハウスも、あまり使わないうちに、人慣れしている黒猫が今は自分のものとして使っている。

そして、黒猫も自分の家を守るために、子供たちを追い出そうとする。

「ここはオレのえさ場だぞ!」と。

かわいくない…と思えないのだなあ…この黒猫も。
この子は散歩についてくる。
胸の奥がぎゅーーーっとする。

しろちゃんや、三毛猫みいこが、今度は黒い雄猫になって戻ってきたのかなと思ってしまう。(猫天使になったはずだから、この猫のはずはない…)

だんだんと、触れた方の兄弟猫の一匹が時々しか姿を見せなくなっている。
2匹が来たとして、うかつに声をかけてやれなくなった…

声をかければ、母猫や黒猫が聞きつけて、追い払いに来るし、兄弟猫は食べて早く逃げることに必死だから。

来たら、静かにあけて、ご飯を出して、小声で名前を呼ぶ。

「明日もおいで、あの子も連れておいで…」

寒さが増してくる前に、いろんなことを進めて行かないと、もっと自分が苦しくなる…

猫の出入りが激しければ、弱い子は、どこかに行く。
病気になっても触れなければ、薬を混ぜたご飯をやることしかできない。
そういうことをわかったつもりで、手術して、リリースすることを始めた…

つもりだった…

やっぱり、まったく触れない猫にも愛着はわく。
それでは、触れる猫にはさらに愛着がわく。

心が痛む。

何やってるんだ!!!私!!
しっかりしないと!!

そんな心の声も虚しく、今日も夜の道に猫を探しに出る。あの兄弟猫を…

できるならば、あの兄弟猫が我が家の中で、抱き合って寝ていてほしい。
ちなつ君が一番好きなのは、タマタマがまだある黒猫。
でも、兄弟猫もまあまあ嫌いではないようだ。

考えろ、考えろ、
どうしたいかは、もう自分の中にある。
自分勝手な傲慢ちきな考えだけど。

考えろ、考えろ、どの猫も幸せになれる方法を…

相談した地域猫の人は、今の私と我が家の状況では、黒猫を手術してリリースするだけで精一杯と思うし、自分でできる範囲でしないと厳しいと思うとアドバイスされた。

それでも、あきらめの悪い私は、できることを探して、今日も迷っている。

画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
ああ、わかるなぁ〜
私も猫のことで胸が痛くなるほど、悩んだことがあった。あと一歩が踏み出せず、悲しい結果に終わってしまって自分の胸をたたいて情けなくて泣いたこともあった。
さつきさんほどに、何も行動しないで思いだけは人並みに強くて、こんなの動物愛護も何もないものだけどいつも思うけれど、やっぱり猫が好き、どの猫にも幸せが訪れてほしい。
幸せにしてあげたいと言えない自分がやっぱり情けないかな。

母の命にとうとう期限がつけられました。
日々見ているから想像はついたけれど。
ノア
2012/11/22 22:23
☆ノアさん、こんばんは(^^)

私も結局はいつも一歩が踏み出せなくて、今頃、まだこんなことを言ってます。苦笑
黒猫が居着く前に、あの兄弟を入れてしまえば…そう思えば、思うほど、胸がぎゅーーーんとします。
猫好きさんは、どの猫も好き…だから、どの猫にも幸せがきてほしい。
飼われなくて、寝床とご飯と声をかけてくれる人…
迷いながら、やれることを探していきますね。
ここには猫好きさんも多いから、気持ち、理解されると思うと悲しくて、そして嬉しい。(T_T)

ノアさん、お母様のことは、きっと最初にきちんと心で決めたことがあったろうと思います。
でも、見守っているうちに、心の中がどんどん変化して、ぐるぐるしてる…
「このようになったらば、覚悟してください…」と医師が言う。
わかってるけど、受け止められないこともあるし、苦しくないようにとも思う…しんどいところですね…
お母様は、たくさんがんばられたと思うし、今も日々過ごしておられると思う。
私は病院に父を置いてて帰った…後悔はない…と思っていたけど違うようです。
ノアさんも今まで、ずっとがんばられてきた。
期限などくそくらえだ〜(言葉が悪いけど。)
たいへんだけど、どうかお別れする日まで少しでも一緒で佳き日を過ごせますように(;-;)…なんかへんな言い方だけど…
さつき
2012/11/24 00:25
心の葛藤…。
つらいですね(>_<)
私も近所の野良ちゃん達を見ると、ご飯は食べれてるのか寝床は寒くないのかと気になっちゃいます。
でも、手を出してあげることがこの猫達のためになるのか?!
と考えるとうかつに世話してあげることが出来ません。
世の中から野良ちゃんがいなくなって、みんな優しいご主人様の元で暮らせたらいいのにな〜って思います。
まひる
2012/11/24 13:03
ネコの「しあわせ」って・・・どんな環境なんだろう・・・?
山の中にでも住んでいれば・・・自由に暮らせるようなきもするけど・・・「人間のそばがいい」・・・と 思うのかなぁ〜でも・・人間のそばだと・・・・う〜ん・・・猫に聞いてみるか!?
まだこもよ
2012/11/26 07:39
☆mass748さん、こんにちは。

気持ち玉ありがとうございます。
先日も作品をブログに見にいきました。
知り合いに箸置きをあげたいな…と思って、いろいろなページをみて、mass748さんのところにも立ち寄り、ほっこりしました。(*^_^*)
さつき
2012/11/26 16:26
☆かるちさん、こんにちは。(*^_^*)

気持ち玉ありがとう。
なんか寒くなると、猫の様々が気になって…
今も外で、居座った黒猫が兄弟猫を追い払っていたので。(^^ゞ
大がかりに考えないとダメかなあ…
さつき
2012/11/26 16:28
☆taffy104さん、こんにちは。(*^_^*)

気持ち玉、いつもありがとうです。
なんか、気持ちがゆらゆら、ゆらゆらしてて。(^^ゞ
まあ、実動隊がひとりだから仕方がないのだけれど…がんばるです。
さつき
2012/11/26 16:30
☆まひるさん、コメントありがとうございます。

寒くなるとね、なんたがもの悲しい…と人間は感じてしまう。(^^ゞ
猫はたくましく生きられるだけ生きているのだ、とわかってはいるんだけどもね。
触れる猫は、どうしても考えてしまいます…

たぶん、増えなければある程度まで許容してもらえる土地もあるだろうし…
そうしたら、猫には帰ったら、寝られる暖かい段ボールでも寝床と、ご飯があって、時々声をかけてくれる人間がいたら、まんざらじゃないのかな…と思う日々です。
今はそう暮らせなくなってきているのが問題かもしれませんね。

前にね、猫好きブロガーさんが、いつか動物園でしか「野良猫」を見ることが無くなるのかな…寂しいね…と言ってました。
その猫それぞれの好きな生き方でいいのは、今までも充分に見てきたけど、今回はいろいろと複雑です…

そうそう、リンゴ。千秋の子供?孫?黄色いリンゴで、シナノゴールドというのが私は好きですが、まひるさん宅はどうだろう…最近は市場にも出てると思うけど???お薦めです。
さつき
2012/11/26 16:39
☆まだこもよちゃま、コメントありがとです。(*^_^*)

ホントにね…猫のしあわせって、どんな環境なんだろうね…
ネズミ取ってると、なんか悲しくなって、
カエル食べてたから、お腹に虫がいるね…なんて獣医師さんに言われると寂しくなって、
もちろんたくましさも感じるんだけど。(^^ゞ
結局は、人間が猫の行動に勝手に感情を入れてしまうのかもしれないけど…
家の若旦那を含め、あんまり、いろんな猫をみたから、そうなっちゃうのかな…やっぱり良い距離でいいから、人間と一緒に暮らしていてほしいな…と思う。
嫌いな人には、憎き動物なんだろうけど…
猫語話せる機械、もっと高性能なやつを作ってほしいなあ…
さつき
2012/11/26 16:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
兄弟猫と暮らしたい…と思ってしまった。 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる