猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS 地域猫のこと…

<<   作成日時 : 2012/08/08 16:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

先日地元紙を読んでいて憤慨したものがありました…
個人投稿できる欄のものです。

「野良猫むやみに増やさぬ努力を」

(抜粋で)
>>地域内で野良猫が増えて、糞害や、家への侵入などの被害に遭う家庭が増え、いろいろな猫防止対策をしているが効果が無い。

>>自分のところも対策しているが、被災犬の飼育を始めたから、猫防止グッズの使用も止めたが、結局野良猫がやってくるので、保健所に突きだした。

>>その際に怪我もして病院にまで行った。
子供が噛まれたらどうするんだ。

>>増えているの原因は無責任なエサやりや、飼い主の意識の低さや野良猫の頭数も管理できない行政にも問題があるだろう…

>>犬は登録してるし、予防注射もしてる。
>>動物愛護をはき違えず、行政も愛猫家もむやみに増やさないように、いま一度考えてほしいと思う…


というもの。



この書き方、自分の気持ちを入れずに抜粋ですが、どう思いますか?

私には猫嫌いの人の文章と思わざるを得ない感じがしました。

犬好き、猫好き、お互いの気持ちは平行線で、こうした場合に猫の被害にあった人が犬好きだと、話し合いも平行線のまま解決もないというのは、昔からよくありました。

犬も猫も両方保護し、被災地からだけでなく保健所から保護している方もたくさんいらっしゃると思います。

この投稿欄に反対文章を書こうと書き始めたものの、攻撃的な私には、結局のところ論点がずれていくようで、投稿できませんでした。

それでも心の中にはふつふつとしたものが沸いています。


被災犬と、保健所で死を待つ犬猫の命の違いはなんですか…?


地震は自然現象でもあり、被災した方には早く手元に自分の家族である動物が戻ることを祈りますし、家が無くなったのならば、新しい飼い主の元にいけることを祈ります。

ただ、原発も人災、飽きたから犬を捨てるのも人、増えたから猫を捨てるのも人…
何をしてもやはり人間が一番傲慢ちきな生き物なのかな…と思います。

きれいな住宅地にしたから、害虫のように野良猫を駆除した自治体も知っています。



そこから数日後に前の投稿者と同年代の方が、やんわりと反論されていたのです。
それを読んだ時、私が書かなくてよかったと思いました。


「地域猫」して野良猫と共生を

>>先日の投稿を読んで、うなってしまいました。

>>野良猫を増やしているのは、心ないエサやりをしている人、飼い猫、野良猫の数を把握しない行政のあり方、動物愛護をはき違えている愛猫家…

>>しかし、問題はそう簡単に割り切れるものではないです。

>>自分の地区では地域猫活動が進んでおり、殺処分される命を救うための努力(里親探し、補助金、手術)を行政も巻き込んで活動しているボランティア団体があります。

>>「猫と人がよりよく共生できる社会を目指す」こと。

>>すでにいる野良猫は不妊手術で頭数管理をし、見守り、命をまっとうさせて行くこと。

>>地域の人たちには、彼らの存在を許容してもらい共生してもらうことです。

>>人の意識に訴えること方が、手術の手間ほかよりも大変であり、
一番考えるべきは、私たち地域住民のあり方で、一部の人だけのあり方ではないようです。




ちょっとだけ胸のつかえがとれた感じがしました。


上記の方の投稿を読んで、前の投稿者は今度は私と同じように大激怒かもしれません…

猫の糞害や、畑や花壇を掘ることなど、いろんなことは本当に申し訳なく思います。

でも、それだけでは前に進めないと思います。


地域猫活動を勢力的に行っている地域では、「捨てることが一番悪いこと」と認識されていくと聞きます。
だから、捨てに来た人に対して、住民が諭したり、自分の散歩の途中についでに見回りしてくれたりと、協力体制が生まれていくようです。

野良猫は自由でもあるけれど、やはり過酷です。

手を掛けていくと、先日の私のように数週間見ないだけで、心配になります。
それを上手に見守るだけで、病気しても怪我して、ただ最後まで見守ることはとても難しいことですし、心が揺れます。

個々での活動には限りがありますが、自由に動けない私にはネットワークを作ることはかなり困難です。
それでも協力してくださる獣医師さんがいることだけでも心強いと感じます。

ワクチンしてなかったら手術してもらえない病院もあります。
市からの補助金は

メスが5千円
オスが3千円

通常に手術を受けると、この金額は手術代の6分の1にしかなりません。

最近はボランティアで不妊手術をしてくれる獣医師さんもいらっしゃるようになりましたし、協力的に対処してくださる獣医師さんもいます。(中には悪質な方もいるようですが…)

ホームセンターで出会う個人で手術して見守っている人々は、皆さん、そんなにお金持ちでもありません(と思います…)


私のよく通販する猫好きのペットフード店の言葉を最後に書こうと思います。

「ブリーダーほど、格安のご飯をほしがり、野良猫の世話をしている人ほど、健康に一番いい高いご飯を買いたがる…」


********************************************


2006年8月8日、私がブログを始めた日…
猫飯屋と、名前をくれた甥っ子の誕生日…

そのときも、私は猫のことで怒っていた。
全国展開・漢字二文字のスーパー○○店員である、おばちゃんの言葉にブチギレたから…でした…(..;)

お猫さま、さまですね…

そんなきっかけから始めたブログだったからこそ、今日もこんな猫の記事を書いてみることにしました〜

来ていただくばかりで、ブログ訪問もなかなかできず、申し訳ないです。<m(__)m>


画像











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
さつきさんでなくても激怒してしまう内容ですね。
被災犬を飼いはじめたという人が野良猫を保健所に突き出したなんて、いったいどういう人なんでしょう。
被災犬の面倒をみてるんだから自分は偉いんだ!という意識がみえみえです。
大の犬好きで大の猫嫌い?
動物愛護をはき違えているのはこの人の方で、というか理解さえしていないのかなと。
野良猫同士のケンカで大きな声をたてたり、鋭い爪があるので怖い印象があるのかもしれないけど、野良猫はおとなしいものですよね。
人間の姿にビクビクして、どちらかといえば邪魔にならないように、ひっそりと生きていますよね。
ケガをしたアンタの方が悪いよ!と言いたい。
ノア
2012/08/08 21:36
さつきさん、こんにちは。
さつきさんが激怒してしまった投稿内容。。
本当にひどいですね。
その人は、多分猫が嫌いな人なのでしょう。
でも、やり方がひどいです。
私も思わず、ひどい!と思いました。
猫も犬も、命があって同じなのに。。
反論してくれた人がいてよかったですね。
少しは怒りがおさまりましたか?
私は何も出来ないので
何時もさつきさんが猫ちゃんのため、奮闘してるのを
読ませてもらい、頭が下がる思いです。

昨夜、無事帰って来ました^^
楽しかった、という次男に、行けてよかった、と
しみじみ思いました。
次はいつ会える?と今日も聞いてきます。
よほど楽しかったようです。
親子で、いつもの生活に戻りつつあります。
明日から夫が出張です。
いつも手抜きなのに、更に手抜きになりそう``r(^^;)ポリポリ
暑いので、身体に気をつけてね。
ちゃる
2012/08/09 15:20
 私は、猫と暮らし始めて日が浅いですが、一緒に暮らしてみないと分からなかった猫の事がたくさんありました。野良猫は躾けられているわけではないから、糞をあちこちでしてしまったり、畑を掘ってしまったりは猫にとっては当たり前の事なんですよね。それを「悪い事」とするのは、人間の「ものさし」での判断なわけだし・・・。私も1年前までは、猫好きの人が「?」と思うような考えをしていました。(猫に触れませんでしたから、保健所に連れて行くという発想は持っていませんでしたが・・・。)しかし今では、毎日猫ブログを読んで、笑ったり、泣いたり、コメント書かせてもらったり・・・。自分でも驚く位の変化です。まさに『人の意識に訴える』の典型のようなものです。今回、さつきさんのこのブログを読んで、色々と考えさせられました。今はもっと猫の事を理解したいなぁと思います。
ぽちゃ子のママ
2012/08/10 00:43
我が家では犬を飼っていますが猫も好きなので、この投稿者のように猫だけを悪者として扱っているのが分かりません!
猫も犬も同じ動物なのだから、同等に考えるべきですよ。
猫は悪い、犬は良いという考え方、改めるべきです!
まひる
2012/08/14 11:17
☆ノアさん、コメントありがとうございます。

人様の書いたものを載せて書くことには抵抗がありました。
けど、いろんな意見があるのはわかるけど、こういうのが平行線のまま続くなら、将来に希望がないような、なんか悲しい気持ちがしました。

前に、猫好きの人と野良猫はそのうちに動物園でしか見られなくなるかも…という話をしたことがあります。
笑い話ですが、それもなんだか現実味のある、へんな話ですよね。

発情期の猫の声はうるさいですし、移動もするし、けんかもするけど、犬も発情期は鳴きますし、糞を片付けない人もいる…そうやってずっと平行線は嫌だな…と思いますが、何をしていいかは、まだわかりません。(^^ゞ

ノアさんのコメントのように、野良猫さんはびくびくしてますし、静かに生きてると私も思います。
家で不妊手術した猫も私を見て、しばらく一緒にいると鳴きますが、ご飯を目の前に出すときとか、気をつけないと手の動きが怖いようで、やはり不憫です。
家に来たときだけでも、少しだけ安心してもらえたらいいなと勝手に思います。

本文には書かなかったけど、抗生物質から何から病院代がかかったとまで書かれていたので、かなり頭にはきました…嫌いなんでしょうね…真意は聞かないからわからないけど。そして、この方に飼われる被災犬もなんだかかわいそうな気もします…書くと言うことは、周りの人にも自分の行為を言うのだろうし…私的意見ですが…
さつき
2012/08/14 22:47
☆ちゃるさん、コメントありがとう。

一緒に怒ってくれてありがとう。
この投稿者も動物好きだと信じたいですが、印象はやはり猫が嫌いなんだろうな…というか、迷惑かけるから嫌いになったのかな…と思います。
嫌いでもいいけど、迷惑もかけるけど、それでも命は命だし、人間の勝手なのだし、そういうのが腹立たしいです。

最近は、ご近所でもエサをやるな的な張り紙を見ました。
メール交換したことしかない、地域猫に積極的な獣医師さんに張り紙返しをしようか相談してみようかと考えていますが、今はスケジュールいっぱいいっぱいで、なんとも難しい…

ま、自分でできることしかできないので、怒りはつねにどこにでもあるけど、ぼちぼちやれたらいいなと思います。
一方向の味方になるけど、他にも考え方がないのかも探してみたいです…

旅行は楽しかったようで、よかったね。(^^)
子供にとっては夏休みも重要なイベントですし、今時は皆さん出かけるのでしょうね。
特別なことでなくてもいいのかもしれないけど、今回は目的がある有意義な旅だったのだから、思い出にも残るといいですね。
ちゃるさんも、身体に気をつけて、まだ残暑ありそうですし。(^^ゞ

さつき
2012/08/14 22:57
☆ぽちゃ子のママさん、コメントありがとうございます。

我が家も元々は犬しか飼ったことがありませんでした。
子供の頃、猫は「そこ」に居て生活しているもの…と思ってました。
中学の同級生が猫を飼っていて、出産時には生まれそうでもついてきてしまうので、学校を休んだりしたことが、とても印象にあります。

祖母が猫好きで、そこいらの子猫を一緒にだっこしたりして、いつかは猫を飼いたいと思い続けて何十年も経って希望が叶いました。

だから、まだ猫歴は15年弱です。
ただ外猫に関わることが多く、そうなるといろいろ勉強せざるを得ませんでした。
他の方のブログでも勉強しましたし、家で猫が居ても、よその猫もまだ見たいって欲張りです。笑

飼ってみないとわからないこと、本当に多いですね…
ぽちゃ子のママさんも、パパさんも、少しずつぽちゃ子ちゃんの親?同居人?になっているのがブログから伝わるので、なんだかほっこりします。(^^)
一匹でも幸せになってほしいので、うれしい。
さつき
2012/08/14 23:11
☆かるちさん、気持ち玉ありがとう。

猫がご縁の不思議な出会いでしたね。(^^ゞ
確かに犬のように登録され管理されてないですけれど、野良には野良の誇りがあるし、半端に人間に慣らされた猫は人恋しい感じが不憫です。
自分の現状が全部正しいとは思ってないけれど、そこに猫が暮らすことは、そんなに罪なことなのか…と考えるとよくわからなくなります。
落ち着いたら、楽しい記事も書けるようにしたいな…(^^ゞ
さつき
2012/08/14 23:17

この投稿者は、たぶん周りで猫に迷惑してる人がいるから、それも含めて代表者のような気持ちもあって書かれたように感じます。
ただ、そんなに存在してはいけないのか…頭数管理できたら、存在を認めてもらえないだろうか…そうヤンワリと私には書けないので、次の投稿者が応えてくださったのは、私にはうれしかったです。

無関心は悲しいですし。
それに被災犬と出されたら、何も言えないだろうと思えてしまうのが、投稿者の犬へだけの思いがにじみ出る感じがして、被災犬と言われることもかわいそうだな…と。

まひるさんのお宅のように犬猫両方好きな方や、両方の保護している方もいるし、そういう柔軟な考え方もしてもらえたらいいなと思います。
家はずっと犬を飼っていたから、猫は飼うものという意識がありませんでした。苦笑
今は、いなくてはならない家族なので、やはりこういう話は反応してしまいます…

やはり人間の意識のみで判断されることしかないのは仕方が無いので、意識を変えていくことは難しいけど重要と思います。
さつき
2012/08/14 23:37
人間様々な考え方があって本当に何事も意思疎通を図る事は難しい;;(心にゆとりが無い人にわかってもらう事の難しさ><)

理解を深める為に努力してくれている人に本当に感謝します!

さつきサンや活動してくださってる方々に猫ちゃん達も喜んでくれてると思う ^〜^

わしも応援してるでぇ〜〜♪
めぐみ
2012/08/15 14:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地域猫のこと… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる