猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS 男子フリー2012・やったね!大ちゃん、ゆづ君!

<<   作成日時 : 2012/04/02 16:50   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 5

さてさて、へっぽこ解説者は、少々緊張が過ぎて、へばってます。(^^ゞ

なので、またさらーっと。。。。

この日の男子フリーは、ショートとは違う空気感。
途中からの観客席からの声援もかなり大きく、その中で、力を出し切ることはとても難しいことに思われましたが、それを力に、後半選手のほとんどが良い演技をしたことはすごいことだと思います。


【総合順位】
                   SP  FP   合計
1位 パトリック・チャン選手    89.41  176.70   266.11
2位 高橋大輔選手         85.72  173.94   259.66
3位 羽生結弦選手         77.07  173.99   251.06
4位 ブライアン・ジュベール選手  83.47  161.11   244.58
5位 フローラン・アモディオ選手  79.96  163.07   243.03
6位 ミハル・ブレジナ選手     87.67  151.88   239.55

11位 小塚崇彦選手         71.78  146.85   218.63


【フリー順位】

                   技術  演技   合計
1位 パトリック・チャン選手    88.56  90.14   176.70(△2.00)
2位 羽生結弦選手         91.99  83.00   173.99(△1.00)
3位 高橋大輔選手         88.16  85.78   173.94
4位 フローラン・アモディオ選手  81.41  81.66   163.07
5位 ブライアン・ジュベール選手  79.17  81.94   161.11
6位 デニス・テン選手       78.78  74.92   153.70


今日は、さらーっとなので、順番も書きたい順に…みたいな。苦笑

小塚崇彦選手は、滑り込めばいいプログラムと思っていたナウシカなので、そういうところでの改良点はあったように思いますが、ジャンプが思うように決まらなかったり、かなり苦戦です。
あと、どうしても気になる頭の使い方・目線は前よりは良いと思うけど、今まで動かさないでバランスが取れていたとしたら、やはり急に変えていくのは難しいことなのかなと思いました。
前シーズンのプログラムだと、その方が映えますが、ナウシカのように演技とかこだわるのであれば、頭の位置にも気をつけないと…と感じます。(素人なので、すみません。汗)

結弦君、本当にがんばったと思います。(T-T)
途中の体力使い果たしで、後半のステップで腕が思うように動かなかろうが、最後までジャンプを跳び、ステップを踏み、スピンをする…
自分に負けない、そんな気持ちがいっぱいの演技でした。

4回転も他の人よりも更に軸が細く決まっているので、着地まで乱れずきれいに跳べるそうですし、他のジャンプもしっかりと跳んでいました。

間に足が動かなかったのか、転んでしまいますが、その後もトリプルアクセル+3回転を跳び、そこからステップまで、がんばり通している姿に涙が出ました。
曲への入り込みも早いし、滑りの間にも無駄がない。
指先のまでの使い方も目線や頭の使い方も上手だなと思います。

観客席のおじさんが拍手してくれてる姿を見たら、よけいに泣けてきました。
声援も後押しし、彼から、観客のさらなる感情アップがあったと思います。

その中に滑り出てくるサミエル・コンティスティ選手は彼にしか出来ない演技で、荘厳なるロミオを消し去り、自分の世界を作っていきました。
そういうことが出来、コミカルな表情他、そういうものもスケートが上手だからできること。
ショーのプログラムのようにみえますが、昔の個性派選手の良さと、今の良さの両方がある選手のように思います。

アモディオ選手はブラジルの生まれだったのですね…身体の中に流れるリズムとダンス、カーニバルな雰囲気、すべてがそういうところから来ているのかもしれないし、彼独特のものだったのかもしれないと思います。
そういう海外の人のDNAの中に流れるかもしれないリズムを、前に滑っていた高橋大輔選手にもちょっと感動…
でも、同じように見えても、同じものはないのだと思うし、アモディオ選手の柔軟な早いスピンと、ステップ、スローもカーニバルも、どっちも滑れるオッケーな感じはよかったです。

今まで、ケガやらいろいろで、表彰台にも試合にも出ないこともあったジュベール選手がすごく良い演技を見せてくれました。
若かりし頃の彼から始まったようなものの4回転も跳び、マトリックスの世界も壊すことなく、イメージしながらの演技は素晴らしい。
高く跳ぶので、3回転がゆっくりに見えるくらいでした。

前を向いたまま、スー、スーと滑る演技が個人的に好きなので(どの選手がやっても)それをジュベ様がするのもまたとても感動的でした。

表彰台は3つしかないし、上位3人誰にも下りてほしいわけではないですが、ジュベール選手もそこに乗ってほしいと思いました。
点数も、もう少しいただけないものかなあ……

ブレジナ選手は、黒に龍の衣装からみたら、別人のように見えました。
プログラムの違いとは言え、ショートの方のプロが好きだったなと思いつつも、彼には彼にしか滑れないものがあるし、高いジャンプが決まった後からのジャンプでのミスがかなり響きました。
それでも力強いステップから後半に入り、終わりに向けての連続ジャンプほか、ゆっくりのスピンからステップへと、足の蹴り返しもよく、スケートも上手な選手だなと思います。

パトリック・チャン選手は、前日のキスクラで点数待ちの時に微妙な不思議な顔をしていたのですが、この日もなんとなーく、そんな表情も見え隠れしているような気がしました。
まあ、リンクに出てしまったら、強気な顔でしたが。(^^ゞ
この日は時々滑らかでないのかなと感じた部分もあったのですが、スピードもあり、歩幅の違うスケーティングで、ぐいぐいと滑っていきました。
途中の珍しいところでの転倒。最近多いですが…

これでジャンプ要素が1つ抜けたことになってしまいました。
他の4回転などジャンプもほとんどがミスなく、ステップ、スピン、間のメリハリなど、滑り込まれたプログラムですので、問題なくよかったとは思います…


さてさて、高橋大輔選手までに、ドキドキが絶好調に達し、ファンの皆様一同具合が悪くなるくらい画面に食いついたと思います。
リンクに出る前、横についているカメレンゴ先生(振り付け師・後ろで束ねた渋いおじさん)の方が緊張してるのかな?と思うようにも見えました。

ショートもそうでしたが、大ちゃんはいつもと同じようにスタート位置に付き、そのままいつものように滑り始めました。
冒頭のジャンプは、現地に入ってから決まり始めた4回転。久しぶりのクリーンな着氷。
他のジャンプもミスもあまりなく、点数が出た後に、3回転1つがアンダーローテーション?らしいと本人が言っていたので、そこら辺りで点数を引かれてしまったのかもしれません。。。と思うより仕方がないです。

カメ先生と振り付けの難易度を上げるために振り付けの変更部分もあったし、そのお陰でか、ジャンプへの入りもスムーズに入れように見えました。
だから、今までジャンプ前に、もっと難しいことをしていたのですね、きっと。
ステップから最後まで、疲れもあったと思うけれど、楽しんで滑っているように見えたのがとても嬉しかったです。


途中の選手の得点で、結弦君の表彰台は確定していましたし、大ちゃんの点数が出るまでのドキドキ感は期待が大きかっただけに、少しだけ、うーーーん(・_・)でした。
悪かったんではなくて、何故にももう少しいただけないのなかな…と。
とここで、前に戻ると、アンダーローテーションという辺りで点数が減ってしまったのか…そこいらへんのさじ加減は誰のせい…みたいなこともよぎり、選手がぞれぞれに頑張っているのに、それに見合う?採点が出ないのはな…と素人解説者は思うのでした。

今回は邪魔されることなく、和やかな表彰台風景もすべてが放送され満足、満足!!
生じゃなきゃ、すぐに女子の演技の繰り返し放送になってしまうので…(^^ゞ

大ちゃんのインタビューでの会話
大ちゃん「明日はクロワッサンが食べたいな…と」照れ笑

荒川さん「良い演技でしたよ(中略)クロワッサンは私が食べておきました。」

で、一気に気持ちが緩みました。(^^ゞ


非常に乗りにくい表彰台にパトリック・チャン選手が大ちゃんに手を添えたり、
大ちゃんファンの友人から教えていただいた、メダルの「大ちゃん持ち」を結弦君もしっかり継承してましたし、(これはロス・マイナー君もやってます)
ちっちゃい一位の台に3人で乗っての写真撮影他、和やかな面もあり、満足です。

ただ1点、採点についてだけは、おそらく、会場の人々もテレビ観戦者もファンも、微妙に納得がいっていないことだけは、書き残します。


ながながと書きましたが、他にも、たくさん書きたい人はいますが、脳が付いていかないので、この辺で…

女子はいつ書くの???汗






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
いつものことながらさつきさんは細かい点までよく見ていますね。
いろんな選手の演技もしっかりと見ているし、好きなんですね。
私なんてしっかり見たのは羽生君と大ちゃんくらい?
羽生君が汗とも涙ともつかない大粒の雫をこぼしているのとか、コーチの女性の涙とか感動シーンでした。
羽生君のあとの最終グループ見るのはとてもドキドキしましたよ。チャンと大ちゃん以外はこけてくれないかなぁ〜なんて、なんとも不謹慎なこと思っていたし〜
大ちゃんの点数は私も同感。あの曲とあの演技、最高でしたよね。大ちゃんにしか表現できない世界でしょう〜
選曲って大事ですね。
羽生君のロメジュリも良かったですね。曲がどんどん気持ちまで盛り上げてくれる感があってね。
女子は・・・結果がわかっていたので私、見ませんでした(笑)
ノア
2012/04/02 20:42
こんばんは。
ブログ、更新していたのですね。
感動のフリーの演技でしたよね。
羽生君、、凄かったです。感動しました。
若さと、根性と、頑張りと。。。鳥肌ものでした。
大ちゃんは、もう大ちゃんの世界。。
圧巻でした。
後半の選手たちの見事な演技、本当に見ごたえあり!でした。
ただ、、私も採点にちょっと疑問。
大ちゃんが金かな。。。と思っていたので。。
4回転を2回は凄いと思うけど、転倒したし。。。
うーん、、ちょっと納得いかない結果でしたよね。
女子は、、観ましたよ^^
また体調良い時でいいから、更新してね。
さつきさんの名解説、楽しみにしています。
私と言えば、最近、ちょっと夜更かししています。
金曜日から次男も学校。
ちょっと生活リズムを戻さねば。。です。
ちゃる
2012/04/04 21:43
☆ノアさん、こんにちは(*^_^*)
お返事たーいへん遅くなりすみません。

私、ただのスケート好きだったんです。
代々好きな選手はいて、その時は息を飲んで見てましたけど、アンテナにかからない選手は「ながら見」でしたよ。
当時の選手に謝りたい。苦笑
今の男子は、本当にまじ面白いと思います!!
でもテレビは女子中心だから、現地時間帯的に男子が生でよかったです。
じゃなきゃ、いつも和やかな表彰式も全部見られないので。

グランプリファイナルで、大ちゃんのショートが悪くて滑走順が最初の方でした。
でも大ちゃんのフリー演技から盛り上がって観客もヒートアップ。
選手の出来もすごかった。
それの再現のように今回は、ゆづ君の演技から同じことが起こりました。(^^)

ゆづ君は本当に泣いてたし、汗もびしょびしょでしたね…
ななみ先生もリンクサイドで泣いていて、もらい泣きしてしまった。
あまりに観客の声援も大きくなり、大ちゃんがクリアに滑れるかドッキドキ。
大ちゃん本人が楽しんで滑っていたので、よかったな〜と思ってまた泣いてました。笑

ファンはね、みんな、ノアさんが思われたようなことを内心は思ったりしますね、ごめんね選手の皆さん。(^^ゞ
点数の出る技が決まっているのもありますが、それでも男子の方が曲も演技も多彩。特に大ちゃんは毎回、独特な雰囲気で来ますから、それだけでも楽しみです。
さつき
2012/04/05 17:10
☆ちゃるさん、コメントありがとう(^^)

ゆづ君の気迫というか、自分に負けない感じは、すごいと思いました。
前半から入魂していて、足が動かなくて、転んでしまっても、それでも3回転半+3回転跳ぶってすごいことです。
まだステップあるのに…(T-T)と思ったら、見事に滑りきりました。

大ちゃんは久しぶりにミスなし…と思ってたのに、1つのジャンプで少しだけの回転不足で点数少し引かれました。
演技も魅力ももちろんファンとしては、大ちゃんが金ですけどね!!

ただ、パトリック・チャン選手は4回転+○回転とコンビネーションにするので、余計に点数が高くなるし、スピードも速いし、スケーティングテクニックもあるからね…私達のわからないところでも点数が高くなるのだよね…
でも、それと見劣りしない、大ちゃんやゆづ君がいることは頼もしいなとも思うし、誇らしいなと思います。
大ちゃんは足のボルトを抜いてから、これからまだまだ工夫してくると思うので期待してます。(^^)

女子は真央ちゃんが元気のないフリーで心配だけど、3回転半跳ぶ!!って自分で決めてやっていく娘だから、今後また変わっていく姿を見続けたなと思ってます。

私も夜更かしぐせがなかなか直らないよん。(^^ゞ
もう学校が始まる時期ですね…確かに、ちゃる母さんは学校ペースに時間を戻さないとね。(^^)v
さつき
2012/04/05 17:25
こんにちは^^
解説を読んでる時に”デジャヴ”が起こって、、前にさつきさん、こんな風に書いてた様な??って。
私も昔は○○のジャネット・リンと呼ばれたのよ。(マジ)
中学がスケート授業だった。
そしてリンクにも通ってた。
あー、こんな話しする機会もなかったけど、、ジャンプとか回転とかしてたんだ。
ジャネット・リンが出てくる時点で遠い昔だけどネ。
あの頃は札幌のオリンピックだったから、、フィギアもジャンプも堪能しましたよ。
前記事のコメントで褒めてくれてありがとう。<m(__)m>
さつきさんは私の写真見た事あるのよね。
今は体型崩れてますよ〜〜〜!(笑)
                 betty@@
betty
2012/04/06 16:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
男子フリー2012・やったね!大ちゃん、ゆづ君! 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる