猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS 震災から一年、その2…

<<   作成日時 : 2012/03/16 16:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 7

11日の震災1年後の録画番組を少しずつ観ていました。

小学生達は…

遊んだ場所とか無くなっちゃったし、そういうのを思い出す。

あそこには、あれがあったんだよね…って思う。

友達と離れ離れで寂しいな…

と、話していました。


大人や高齢者の方々も、

馴染みの人と離れ離れは寂しい。

話す人がいないから、テレビか壁をみているよ…

あったものが無いのは、せつない。

戻れるものなら戻りたい!

と、見ている私の感情も想像でしかないけれど、きっとそう感じて当然のように思いました。



宮根さんが被災地の中学校に行ったのですが、そこでは少し意見が違いました。

よく知ってるところや、自分の周りは思い出せるけれど、細かいところはあんまりよく思い出せなくなってるよね。

今はこっちの方が慣れているから、今はここがいい。

離れて行った友達もいるから寂しいけど、ここにも友達はいるから。

原発に対しては、あった方がいい。

家族が原発で働いていたし。


と、私が勝手に想像するのとは違う声がたくさん上がっていました。

もちろん、その中でも原発に反対の子もいましたが、大半の子供達が必要だからという方に手を上げていました。

誰かに感化されているのではなく、そこの子供達の正直な意見に聞こえました。
もちろん、その影には、一生懸命働いているご両親の後ろ姿があったのだと思うのですが…


いろんな思いがあるのだし、こちらが勝手に想像して、大変とか悲しいとか思うこととは、また別な見方を子供達ながらにしているのが、なんだか不思議な感じでした。

また、そういう気持ちとは反対に放射能が身近にあることは良いことだとは私は思えないし、原発は止めても、中には核燃料が満載なのだし…

「廃棄物を安全な地中に埋めるから大丈夫です」というコマーシャルもとても怖かったので、出ている俳優さんに早くそのコマーシャルから下りてほしいな…と当時思いました。(好きな女優さんだったので…)


子供達それぞれの意見も、とても印象に残りました。

後は「とにかく復興のためには、地元に権限と資金を渡すべきだ」という、被災地に何回も支援に入っている杉良太郎さんの言葉が印象的でした。


政治家の人だけが、どこか違うところを見ているのがとても悔しい気持ちでいっぱいです。

家にいて、テレビやネットから情報を得るだけで、他に何か特別なことができるわけでもないのも、ちょっと悔しいです…

もう次の直下型地震の話が出ています。

それに合わせたかのように、最近また地震も活発化しているし、桜島の噴火とか、考えると不安材料がいっぱいですが、なるべく振り回されず、できることを探していくしかないのだろうと思います。


今更ですが、遠くから、復興を祈り
亡くなられた方のご冥福をお祈りします。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
正直直下型地震がきたらどうしよう。。。。とビクビク
しています。
今日マンションで防災訓練がありました。
一番安全な場所は自宅だそうです。
下手に外に飛び出さないほうが安全なんだそうです。

政治家。。。本当に何をしているんだろう。。と
私も歯がゆい思いでいっぱいです。
原発問題も、全然改善されないし
福島の方たちのことを思うとやるせないです。

生きたくても生きられなかった方達のご冥福を祈ります。
今もまだ被災されて、大変な思いをされてるたくさんの方達が
いる現実がまだあります。

風化させてはいけないと思います。

自分に出来ること。。。これからも続けて行きたいと
改めて思います。
ちゃる
2012/03/18 16:17
政治家の人だけがどこかあ違うところを見ている・・・ほんとに私もそれが歯がゆくてならないのです。
民主党が一緒に智恵を出して欲しい、手を貸してくれといってるのに、なんでいや解散が先だ、国民の民意を問うべきだって。
そんなもたもたしている場合かよ!って怒りどころか呆れちゃう。
解散総選挙にかかる費用をまるまる復興支援につぎ込めばいいのに、なんて考えちゃう。
どうしてこの期に及んでも自分達が大事かなって。
政治家のやることはわけわかりません。

そんな人の批判をする私も被災地のことは日常的にはほとんど忘れています。毎日の新聞、テレビのニュースを見て、記憶としては残っていてもだからと言って何をしようとか、ほとんど考えていません。最悪ですね。結局は自分のことでいっぱい。反省しなきゃ。
ノア
2012/03/18 21:32
☆ちゃるさん、コメントありがとう(^^)

情報に踊らされたくはないですが、最近も地震があるので、気になるところですよね…
ただ、怖い反面、慣れみたいなものもあって、これなら大丈夫かな?と思ってしまうことあり、いかん、いかん!ですね。(^^ゞ
自宅の方が安全なんだ…なるほど。
扉が開かなくならないように注意すればいいのかもしれませんね…
でも、パニックにならないようにするのは難しいかな…(^^ゞ

今、まだ何も解決していないのですよね…本当は。
もちろん、一年で町が元通りもあり得ないですが。
心では忘れないようにしよう!と決めてはいますが、それでも日々自分の生活もあり、次は自分のところかもとは考えます。
報道に煽られて昨年の買いだめパニックのようには、ならないようにしたいです。

政治家の人は、きっと、誰がやっても同じなのかな…と、前よりもっと思ってしまいます。
派閥とか、大きな党に所属していない人達が下から「海外の核の鎖」のように手を繋いで、上の人を逃げられないようにしないとダメかも…

ちゃるさんは、東北にお友達もおられるし、思いもまた大きいと思いますが、できることで支えていけたらいいですよね。
さつき
2012/03/19 12:19
☆ノアさん、こんにちは(^^)
コメントありがとうです。

私も日々やはり自分や家族のこと、猫のことが第一です。
本来はそこが一番であってこそ、次の事があるのだと思うから、私はそれで良いと思ってます。(^^)
原発の話も続いているし、申し訳ないことに阪神淡路震災の時よりも、長く心の中にあります。
でも、まだ気持ちのいい生活環境になっていない人々がたくさんいることへの感度が低くなってしまった。
だから、不用意な言葉も使ってしまう時もあります…

政治の事は新聞読んでも、あんまり良く理解できない事ばかり。
単純に進めたら簡単ではないの?と私達が思うことでも、官僚だか政党だか、何もまとまらないから何も始まらないなんて、釈然としません。
民主党だって、赤十字に募金した私達のお金を狙ってるようなものかもしれないし。
やったときは、自分たちの手柄だし…

結局は個人や民間団体で動く方が小回りも利く。
お医者様達や寺関係の人達が活動されてることが、一番取り上げられないけど、必要な一部を担っておられると思います。

下記事のリンク先にもあるけど、地元の人が生活するための仕事や資金の手助けができることが一番なのだと思うので、結局は政治家には無理な気もします。

ならば、お金を揃え、知識人・研究家のチームを作り、丸投げでもいいから、そちらと地元に権限を与えてから、ご自身達は利権争いでも分裂でもしたらいいのかもしれません。(極論ですが…)
私も何一つ行動できないで書くだけなんですけれどね、今論議するのが消費税とか他のことなのが腹立たしいです…
捨てた原発遠隔ロボット6台30億で、復興が少しでもまかなえたのに…
さつき
2012/03/19 15:08
☆きー子さん、
気持ち玉ありがとう。
まだブログにも伺いますね。(^^)
さつき
2012/03/21 15:44
☆かるちさん、こんにちは。

なかなか暖かくならないですね…風が冷たくて。
なんだから、重い話ばかりなのに、たびたびいらしてくださって、ありがとうございます。気持ち玉うれしいです。(^^)
さつき
2012/03/21 15:45
☆亜子さん、こんにちは(^^)

気持ち玉ありがとうございます。
パソコン時間が小間切れなので、なかなかゆっくりお邪魔でなくてすみません。(^^ゞ
読んでいただいて、うれしいです。
さつき
2012/03/23 14:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
震災から一年、その2… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる