猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS 子猫、降臨…

<<   作成日時 : 2011/12/05 12:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

まめに更新してないというか、本当に、不定期更新になってしまいました。(^^ゞ

実のところ、またしても、10月頭から、子猫がおりまして…

春先に不妊手術をした、グレー君(みかけはロシアンブルー)が子猫を連れ歩いてくれていましたし、餌場にも一緒に来てくれたりしていました。

11月始め、ご飯に食いついたところに手を伸ばすと、背中を撫でさせてくれます。

これは脈あり??(^^)v と思い、ある日、家の中から、餌場へご飯を出すこともあるので、そこに来た子猫の首の後ろをつかんで、抱いてみたのです。

そしたら、パニックになってしまいまして〜(¨;)汗汗汗汗汗

家の中に飛び込み、小さいので、探しても見つからず、ベッドの下とか、物陰とか。
どこにもいなーーーい。(¨;)汗汗汗汗汗汗汗汗


そして、夕方見つけた場所は、なんと、「まさかね…」と思って覗いた、洗濯機と壁の間にみっしりと挟まっておりました。(^^ゞ

そこから出すのにも一苦労で、なんとか確保して、キャリーバッグに入れ、外に連れだし、そこで、もう一度、ぎゅーーーっと抱きしめて放しました。
一目散に、そりゃあ猛ダッシュで逃げて行きましたさ〜。

「ああ、もう来ないかも…」(過去の猫にもこうつぶやいた私ですが…)

でも、その後も時々はご飯を食べに来るし、グレー君と一緒に来たり、一人で来たり。
でも、もう二度と触らせてくれる感じではありませんでした。

ご飯には食いつくけど、手を静かに…、どんなに静かに伸ばしても、逃げてしまって。(^^ゞ


母からも「家は、もう猫はダメだからね…」なんて、小さな声でつぶやかれたりして……


そんな日々を送っていたところ、とあるブログで、会社に居着いた猫を捕獲しようと努力している方を知りました。
お節介なので、お声も掛けてしまいました。(正確には、文字ですけど。(^^ゞ)

その後、その猫さんも無事に、その方の家の猫となることが出来た様子で、とてもうれしく、感動でした。

寒くなると、やはり子猫が外にいることは、とても、もの悲しいです。

春先に手術した猫の中には、今現在、かなり人に慣れて触れる子もおり、里親探しをするべきだったと思いましたが、当時は、4匹の手術があり、そんな気持ちの余裕もなく過ぎてしまったので。

それに、兄弟でいるせいか、あまりすさんだ顔をしていないので、それだけが救いでした。
それでも、黒猫の女の子は、女同士なので、母猫にも追い回され、最近はご飯を食べている姿さえも見ることが出来なくなりました。

そんなところに子猫がやってきて、最初は声も出ないくらい怖かったようでしたが、だんだん慣れてきたように思います。

それでも、外にいると、来た時よりも、だんだんと「すさんだ顔」になっていくのが、とても悲しかったです。

懇意の獣医師さんも、親切ですし、協力的です。
が、
最近開院した獣医師さんは、地域猫活動の補助をされることを強く望んでおり、それをホームページで見つけたので、メールしてみることにしました。

そういうところに情報があつまり、地域猫活動をしているボランティアさんと知り合うことが出来ないかなと思ったからです。

私も、前からお世話になっている松本の地域猫活動の方から、いろいろと教えていただき行動していますが、出来たら地元とも会ってみたい…と思いました。

が、獣医師さんからのメールには、こちらの方が、ボランティアさんの情報を知りたいので、何かあれば、お教え願いたいことと、などなど、熱いメールが逆に届いてしまい、残念なことに、私のほしい情報は得られませんでした。

それでも、いろんな獣医師さんがいるものだな…と思い、そこから輪が広がることを祈りつつ、また猫に関わってしまった自分がいて、どうしたものかなあ…と、日々、どたばたとしておるところです。

そんなこんなで、今後どうなるよ〜、自分(¨;)と言う感じ。


子猫はお前は勝俣か!と言うほど、昨日から、シャーシャー言われながら、お世話してますが、妹が夕方来て、ケージ越しに撫でてから、ゴロゴロと喉を鳴らしてくれるようなりました。

さっきまで、ケージ越しに少し遊んで、今は寝ています。

「夜明けのみゅう」キョンキョンの歌を思い出して、顔からしても、女の子だろうと。
キョンキョンと呼んでいました、この子猫、さきほど、男の子だということが判明しました〜 (^^ゞ苦笑

ちっちゃいタマタマがついてる様子。

ちー坊は、毛玉ゲーゲー期だし、なんだか、いろいろ母から文句も出そうですが、地道に少しずつ慣れていき、出来たら飼い主探しができるところまで、こぎ着けたら…希望的思いでいます。


家の猫じゃないけど…(^^ゞ 子猫に大人気の高橋大輔君(笑)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
「お前は勝俣か〜!」・・・に 大爆笑してしまいました!
確かに 寒い時期に 子猫が鳴いているのを聞くと・・・「なんとかならんのか?」・・・と 思いますよね! さつきちゃんは やさしいから(ネコが好きだから?)そこで家に入れてしまうのでしょうけど・・・家の中のネコの数にも限界があるだろうし・・・・でも無視もできないし・・・困りますね。
いっそ「ネコと遊べる喫茶店」みたいな「ネコカフェ」でも はじめますかね?
よんちゃま!
2011/12/05 13:23
こんばんは。
やっと体調が戻りました。
今回は、次男の怪我、熱ときつかったです。。
さつきさんは、本当に猫が好きなのですね。
この寒い時期に、外で震えてる猫たち。。。可哀想ですよね。
でも、そう思うだけで行動にうつせない私です。
さつきさんは、凄いです。
姉も、以前自宅に野良猫ちゃんがやってきて
えさをあげていたそうです。
ある日、その猫が亡くなったそうで。。
とても残念がっていました。
これから、もっと寒くなります。
さつきさんの心配ごとが少しでも減りますように。。

ちゃる
2011/12/05 19:58
☆よんちゃま! こんにちは(^^)

夕べ、少し遊んだら、シャーシャー止めてくれたのに、今朝会ったら、またシャーシャーから始まって、今は少し仲良しです。苦笑
ホントに、もっとデカイ宮殿に住んだら、猫部屋も何部屋も取れるのになあ…と思うけど、皆さん、外の段ボールハウスで我慢してもらってます。(¨;)
子猫は、ちょっと切なくてね…今後のことは考えないようにしながらも、飼い主は探したいです!!
「ネコカフェ」いいですね。(^^)
家は、猫執事も、猫ホストも、いっぱい居ますから。
あれ?おねいさんもいないと困るなあ…黒猫メルが帰って来てくれたら、okです。でも、あの子、ママと仲が悪いので…って、よんちゃまの首脳会談の「お店」の話になっちゃうじゃん。笑 ウソだよん。(^^ゞ
さつき
2011/12/06 17:00
☆ちゃるさん、こんにちは(^^)
もうこんばんはかな…暗くなるのが早い〜。笑

猫は、ずーっと何十年も飼いたかったので、念願は叶ってるけど、なかなかいろんなことが難しいです…
動物飼うって、やはり責任あることなんだな…って、当たり前なんだけどね、すごく身に迫ってきます。
猫は猫なりに、外にいた方が好きな子もいるし、人間が勝手に可哀想と感情移入してしまうのだけど…
ただ、子猫が生まれて増えて、それが全部「野良猫」になるのだけは避けたいので、普通の人がペットショップで飼うのとは、少しだけ意味が違うかも…と、手前味噌で思いながら、やってまーす。(^^ゞ

なかなか、ちゃるさんのブログにもお邪魔できないし。
次男君のことは心配だけど、まあ、ギプスが取れてからの方が、大変なのかな…でも若いから、治りも早いと思うよ、きっと。(^^)
ちゃるさんも、身体の方は良くなったようで、よかったよ〜。
ただ、寒くなったり、いろいろだから、予後は大事にしてね。(^^)
さつき
2011/12/06 17:07
☆lunaliaさん、気持ち玉ありがとうございます。

なかなか時間がないのですが、またブログにお邪魔したいでーす。(^^)
さつき
2011/12/06 17:09
☆かるちさん、気持ち玉ありがとうございます。

勇気出して、捕獲してみました〜。
母を説得したわけでなく、強引に入れてしまって、飼い主捜しを頑張ろうと思うのですが、まずは、病気の有無もあり、安心はできませんが、がんばります。
ぽちゃ子ちゃん、また拝見しにブログに行きますね。
さつき
2011/12/06 17:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
子猫、降臨… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる