猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっとだけ、男子フリー

<<   作成日時 : 2011/11/13 17:49   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

最近、なかなかパソコン時間が取れません。
よって、ブログ巡りもままならず、来ていたただくばかりで申し訳ない…
と思いつつも、スケートシーズンが始まり、しかも、日本なので、ライブで観られるものもあり、興奮してしまうので、なんとなーく記事の更新を先にしてます。m(__)m

本来女子フリーを先に書くところですが、今さっきまで男子フリーを観ていた…しかも最後の表彰台から後も長めの時間で観てしまったので、女子はもう一度観ないと書けないかも…です。

男子も、点数はちょっと置いておいて…(^^ゞ

大ちゃん、6分間練習で、3種類の4回転に挑戦。
4回転フリップは難しいのですが、カナダ大会では両足着氷でも飛んでましたので、練習でも飛んでいた様子。

場内のざわめきのあと、アナウンサーから、高橋大輔選手が練習中で、四回転フィリップを飛んだようです!!と言われても、テレビでは、他の選手を映して紹介中。

解説の本田君いや、本田先生は、自分のことのように喜んでいて、かなりテンション高め。(私だってうれしいし…にやつくし)

その後、練習中のVTRにもかかわらず、しっかりと飛んでいるところが放送されました〜。

フリー
1位 高橋大輔選手     技術 80.04 演技構成 90.28 総合 169.32 △1.00
2位 小塚崇彦選手     技術 76.67 演技構成 78.58 総合 155.25
3位 S・コンティスティ選手 技術 74.52 演技構成 71.34 総合 145.86
4位 ロス・マイナー選手   技術 74.22 演技構成 67.02 総合 141.24



さて、第一グループでは、コンテステイ選手(すみません名前合ってないかも)赤いボーダーシャツにサスペンダーの彼が、とても好きでした。
前も、エキシビションのように、フェンスに座って演技が始まるだったか、途中で、フェンスに座る演技を見せてくれるような、とても不思議なキャラクターの選手でしたが、今日はジャンプもよく、滑りのスピード感と、プログラムが彼に合っており、とても好きでした。(^^)


小塚選手は、ナウシカのアレンジ曲。
これは、滑りのきれいな小塚選手向きな曲かも…というか、ナウシカの世界観があるので、音楽を聴くだけでも、かなり腐海の下に広がる白い砂の清浄な土地(アニメを知らない方はごめんなさい)が連想されるので、例えば、手を少し伸ばして、目線を上げてすーーっと滑っただけでも世界が見える感じの曲なので、ジャンプを飛ぶ間の「間」を取るためにも良い感じかも…と思いました。
(曲ばかり褒めてますかね。(^^ゞ)

なので、大ちゃんなら、ここでもう少し手だけ粘って、首と顔は他を向いてるだろう…と想像してしまう自分もいるのですが、このプログラムで小塚君が滑るなら、「目線を上げること」に注意すれば、彼の良さが出るような気がしました。

ジャッジの前でのステップでくるくるっときれいな小さな丸の跡がつくのが彼のスケートの良さだと思うので。
四回転は、両足になりましたが、飛んでいましたし、他のジャンプもいいと思うし…

スピンは文句なく上手い。
自分で言っている感情表現の強化というか、滑り込むうちに馴染むものもあるように感じます。
後半の音楽が変わったら、少しバレージャンプとか、軽い飛び跳ねる感じとか、ちょっと弾む感じの何かを入れたら?と思ったりして。。。(個人的意見ですが…)
とにかく、ナウシカは目線を上に!


高橋大輔選手はブルース。

冒頭の四回転Fも思いきって飛んでいたので、着氷後転倒。
練習より、ここで成功しろよと思われるでしょうが、難しいジャンプだそうなので、まあ、今後に期待ということですかね。(^^ゞ

カナダ大会でミスしていた、3アクセルもしっかり飛んでました。

足が深く座れるというか、座るスピンも良い感じですし、他のスピンもかなり努力して良いレベルを取れるように頑張ったんだな…と感じます。

そして、すーっと微妙なバランスで止まり、また滑る。
全体的に止まることのない、ステップや振り付けが雰囲気を盛り上げる。
ジャンプ前のただの「間」も雰囲気があり、なんて演技時間が短いんだ!!と思ってしまいます。

そして、今回は足もよく滑っていて、本人も後半は疲れてスピードがなかったと言っていましたが、後半の曲の難しい、ツートットというカウントの曲をきちんと足で踏んでいるのはすごいと感動しました。

前にも書きましたが、微妙な手の動き、力を抜いてるように見えるポーズ・振り付け、どれも彼にしか出来ないものなので、点数よりも、「高橋大輔」が良い!!

わけわかんなくなってきました…(^^ゞ

なんと言っても、高評価の点数にも本人以上に私は満足ですし、カナダ大会よりもいいショート、フリー、を見せていただいたことは、とても嬉しい限りです。(^^)v


表彰台で、落ち着かない感じの大ちゃんが可愛く、また、3位のロス・マイナー君が、すごくうれしそうなのが印象的でした。
表彰台に上ってから、お互いにそれぞれ大ちゃんと話す、小塚君と、ロス君。
果たして、大ちゃんとは何を話しているのやら。

3人で写真を撮る時に、メダル持つんだって、みたいにロス君と話して3人で並んでいるのがほほえましかったです。(^^)


ライブ放送で、NHKなので、表彰式もゆっくり観られたし、他の選手もたくさん観られて良かった。
他の局の放送は、いらない部分を捨てて、一人でも多くの選手を映してほしいです。

とても、残念なのは、やはり、ペアやアイスダンスの扱い方が、NHKでさえ、深夜の時間帯で、しかも上位数組しか観られないのは、非常に、非常に、非常に残念としか言えません。

私は、大ちゃんを応援してますが、アイスダンスが一番好きです!!!

今回1位のアメリカのシブタニペアのダンスや、川口悠子ペア、高橋成美ペアなど、すてきなプログラムもあるのに、もったいないです。
昔のNHKなら、少しでも多く映してくれたのになあ…と。


またあとから、少しずつ、点数他、書き足して行こうと思っています。

総合順位

1位 高橋大輔選手 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
さつきさん、みましたよ、みましたよ、高橋君。
なんてカッコいいんでしょ!
ショートとはまた違ったカッコよさ。この曲でこの演技、この構成、まさに大ちゃんじゃなきゃできないというか大ちゃんじゃなきゃさまにならないように感じました。
流れときれとクネクネ(笑)これがうまく曲に合わないとただいやらしいだけとか何の意味もない滑りになっちゃいますよね。さすが大ちゃん、カッコいい〜
4回転も練習では飛べたのに残念でしたね。
NHK杯の放送は私も好きです。他の局のは肝心の演技よりも前置きが長くてひどいですものね。という私も注目選手しか見なかったりするけど(笑)
ノア
2011/11/13 20:22
☆ノアさん、コメントありがとうございます(^^)

良かったです、大ちゃん、あんまりミスもなく、ホッとしました。
これは本文には書けないけど、前の大会で、K君とぶつかったので、首がかなりなダメージだったので、後ろにそったスピンもすべてがランク落とされていたそうですし、上下の動きが激しい大ちゃんにはきつかったろうと思いますが、今回はそういう点でもベストに滑ってましたね。
それを解説のしーちゃんがきちんと説明したら、相手のファンが過剰に反応し、しーちゃん降ろせみたいな感じだったようです。今回は女子のファンの方で騒ぎがあるようです。
選手本人同士が仲良しなだけに、難しいもんですね…

大ちゃんは身体が硬いそうなので、ストレッチやバレエ、スケート技術の見直しをしたようですから、かなり滑ってる〜感が気持ちよかったですね。
確かに、あのくねくねは、今の日本には出来る人はいないかも。(^^ゞ
エキシビションで、アンコールにマンボを滑ってましたが、今回のフリーの演技は、ちょっと清楚(言葉が違うかな…)だったかも…との本人談ですから、充分にエロいと思いますが、確かにマンボよりは、抑え気味でしたかね。(*^_^*)笑

前の五輪の後、辞める云々が本人の口から出ていましたが、続けていてくれて、本当にありがとうと思います。いいもん観ちゃった〜(*^_^*)

確かに、私も好きな選手ばかり観てますが、それでも選手の裏話は別番組作ってやってもらいたいかなと。
だって、野球やサッカーの試合中にあんなことはできないですもんね。
視聴者と制作者とのズレでしょうか…
さつき
2011/11/14 16:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ちょっとだけ、男子フリー 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる