猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS 「にがよもぎ」と「ひまわり」…そして「原発」…

<<   作成日時 : 2011/09/06 12:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 13

昔から好きな漫画家さんに清水玲子さんがいる。
1988年〜1992年作の「月の子−moon child−」という漫画がある。

その中で、初めて「にがよもぎ」という言葉と意味を知る。
もちろん、普通に考えたら草の名前なのだが…

にがよもぎ=チェルノブイリ(チョルノブイリ)

「にがよもぎは、黙示録において天使がラッパを吹いた後、空から降り注ぐ星です。
にがよもぎは黙示録において第三の天使がラッパを吹いたとき、空から降り注いだ松明のように燃える巨星です。
これにより、世界中の水の3分の1が、飲む事の出来ないモノに成ってしまいました。」


という箇所が引用されていた…
諸説あり、訳し方で、いろいろ間違いな点もあると言われている。
当時から、このような話がSF雑誌などにも載っていたようだが、私はこの「月の子」という漫画で初めて知った。

そして、漫画の中に広がる広大なるひまわり畑を当時は、きれいだろう…と想像したが、それから数年後に同じ箇所を読んだ時、とても寂しい風景にも感じた。

画像



  ひまわりは浄化する


チェルノブイリでも、たくさんのひまわり、菜の花が植えられている。
セシウム、ストロンチウムと、カリウム、カルシウムの構造が似ているので、両方を取り込んでいくから、ひまわりなどの植物で、土壌が浄化出来るというものだ。

地震、福島原発のメルトダウンのあと、たくさんのひまわりを植える活動が広まった。
が、中には、私のように早とちりで、ひまわりを植えたら、30年かかるセシウム、ストロンチウムの除去が20日で済んでしまうように誤解した人もいるだろう。

そして、明るい希望を見た人は多いと思う。

なので、ひまわり活動を推進されている方々は、直ちに、訂正文も公表した。
すぐに浄化できるわけでないこと、植えたひまわりには放射能物質が蓄積し、通常には処理できないことなどをすぐに掲載しなおしたのだ。

(ネットより参照)

「セシウム137」と「ストロンチウム90」の半減期はおよそ30年。30年で半分になる。完全になくなるとされるのは、その10倍、300年である。

この2つの物質は植物に吸収されやすい。なぜならば植物が常時必要とする「カリウム」と「カルシウム」に似ているからだ。植物は勘違いして「セシウム137」と「ストロンチウム90」を吸収してしまうのだ。

その植物を草食動物が食べ、草食動物を肉食動物が食べ‥‥、こうして放射性物質が食物連鎖に取り込まれる。

放射性物質を取り込んだときの影響は、動植物によって様々に異なる。

たとえば、サクランボの果肉に放射性物質はたまりにくく、種にはたまる。つまり種さえ食べなければ、サクランボはほぼ無害である。(ネットより参照)



こうした記述はチェルノブイリ原発の話を検索するとたくさん出てくる。



それほど、皆が期待する…

何かで、放射能物質を吸収し、浄化し、そしてまた、そこに住む人々が自分のふるさとに帰れるようになりたい、してあげたいと考える。(してあげたいという言葉は…傲慢チキなのかもしれないけど…)
しごく当然のことだと思う。

ひまわりを植える研究、その後の処理の事、いろいろ研究している人達がいる。
その中には、高校生達もいる。
ひまわりの種をカプセルに入れ、それに改良を加え、空から汚染の高い土地に蒔くというものだ。


チェルノブイリでは、ひまわり、菜の花が主らしいが、日本では、ひまわり、アマランサスなどを栽培し、研究を進めていくようだ。

前から、記事を書きたかったが、身体が付いて来なかった。
でも、先週辺りから、「鉄腕ダッシュ」でいよいよ、浪江町のダッシュ村に入る映像が流され始めている。
今朝もこの記事を発見したので、今、ブログに書こうと思って書いている。

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110906/ent11090607410003-n1.htm

実験はJAXAの長谷川克也研究員が番組に提案。浪江町の許可を得た7月、TOKIOの山口達也ら番組関係者は長谷川氏らと村を訪問し、ヒマワリの種を水田などにまいた。さらに一行は8月に再び村へ行き、成長したヒマワリなどを持ち帰った。


鉄腕ダッシュホームページ http://www.ntv.co.jp/dash/


研究が進んで行くといいと思う。
私にとって、東北方面に友達はいるが、それでも福島県は、ダッシュ村が無かったら、もっと、もっと、他人事のように遠くに感じていただろう。

TOKIOが全部やってないから、テレビの嘘つきと、おっしゃる方もいる。
でも、村民の人々に会いに行った時、皆が出迎えて、笑顔を見せてくれるということは、ある意味、受け入れられていた…と私は考えている。

だから、その人達のためにも何代か後でないと戻れないのかもしれないが、帰れる希望を残してほしいと思うし、それを、いちテレビ番組ででも、やってもらえると、皆がすごく身近に感じることは確かだと思う。
なるべく正直な形での公表を願う。


放射能汚染が発覚し、自作の機械で放射線を計り続けている老研究者がいる。
チェルノブイリにも行った人だ。
その人が、福島のホットスポットに避難している人を発見し、そこから出るようにテレビスタッフが説得する番組も観た。(NHK)

そして、同番組では、そういう機関に勤めていて、チェルノブイリの時には、何回も現地に飛んで、放射能の測定をしてくるように言われていたのに、福島では計測してはいけないと言われ、退職し、独自に計測をしている若い技師・研究者さんもいることを知る。
こういう方が、老研究者の後を継いでくれるだろう…

いつか、ふるさとに帰れること、それが一番の願いなんだろうと思う。
もしも自分の土地が汚染されてしまったとして、目に見えなかったら…、誰も何もいわなかったら…、静かにわからないで暮らしたいという思うもある。

でも子供達には将来がある。
少しでも早く、何か除去できること、できる物の開発をも願うし、安全になるべくふるさとか、ふるさとの近くで暮らすことができたら…と思う。


英語などの解説なので、説明はわからないが、現在のチェルノブイリの様子もユーチューブなどで見ることができる。

「赤い森」と呼ばれた場所が、緑に覆われ、そこに動物が帰って来ている。
絶滅したのでは?と言われた熊の足跡も見つかっているようだ。
人が居ないことで、森は静かに再生しているのだろうか…当然、放射能がすべて無くなったわけではない。

研究者はその中で、ねずみを取り上げて研究しているようだ。
一旦は死滅したと思われたが、40世代の交代をし、そこにいるネズミのほとんどが、被曝して分子が破壊された時にでる「フリーラジカル(活性酸素)」をやっつける「抗酸化物質」の働きが盛んになることで、元気に生息しているとのことだ。


人間が40世代って、気が遠くなる年月だ…
そして、ネズミのように進化?できるのかもわからないし。。。

今後の事はわからないけれど、研究する人が居る限り、いつか救われる日がくると信じたい。


電気はね、本当に今の社会には必要だと思う…
原発を止めたら、今度はCO2が出る火力発電だから、よろしくないとか…

それでも、原発を続けたら、廃棄される放射能物質が必ず出て、それを地中に埋めるということを続けないといけない。
今までの恩恵には感謝するけれどね、やはり、止めた後、そこに残る放射性物質の処理も考えた上で、なるべく早く、代替発電構想を、と願う。


今年、私もひまわりを植えた。
原発にはいけないが、安全な場所からでも少しずつ、ひまわりを植えていこうと種を配っている「東北の友」もいる。
個人でも協力できることはしてみたい。

日本が原爆を含め、これだけ放射能に関連するには、意味があるような気もする。

平和ボケしてるからこそ、武力じゃなく、平和に、安全に住めること、を世界に日本から発信できたらいいのになあと思う。
何をしていいのかは、今だよく自分でもわからないけど。


急いで書いたので、勉強不足で、間違いがあったら、おいおい訂正していきます。m(__)m


参考にした文章
http://datazoo.jp/w/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%AA%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80/6816234
6月2日放送 2:06 - 2:57 NHK総合
BS世界のドキュメンタリー 被曝の森はいま ほか多数





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
ブログを更新されていたのですね。
原発問題。。。本当に切ないです。
自分の住んでいたところに帰れず、避難暮らし。。。
それを思うと胸が痛みます。
DASH村、来週観るつもりです。

体調はどうですか?
無理せず、ボチボチでいきましょう。
ちゃる
2011/09/06 16:44
読んでさつきさんは凄いな〜とため息…
私もかみ砕いてかみ砕いて書きたかったのですが…被災地に家族が居る身、行動せねばなりませんでした。
まるで原爆跡地のような光景…
思い出の場所があっけなく無くなって…沢山の御遺体がある部屋。
戦争でもおきなければ目にしないだろう…と思っていた光景がそこにありました。
ですが、車を一時間も走らせれば日常に近い環境があり、精神バランスを取り戻すかの様に浪費に走る被災者の方達がいました。
現地に行く・出来る形で復興に貢献し続けると意気込んでいた私。
気がつくとあの日から復興とは何だろう…と悩んでばかり…。
要求は日々変化し、何かしたい気持ちをくじいて行きます。
頑張る人が多いなか諦め投げやりになり…支援や補償に頼りきる方も居る。
今は情報が溢れ過ぎ…歩みを止めてしまいがち…。
自立と支援の難しさを改めて感じています。

向日葵の件はDASH HPに書いたから嬉しかったぁ〜
どう言われてもアクションしないと変わってはいけないし…忘れて欲しくないな。

清水さんのムーンチャイルド懐かしい。奥が深いね、再読致します。

身体が辛い今マイナス因子些か増殖中☆ (笑)
今日も笑いながら… いきましょう。
くまくろ
2011/09/07 03:29
みんなが正しい知識を持つこと
これ重要ですね。
鉄腕ダッシュの件、何であってもテレビという媒体で情報がわかりやすく流されることが功績だと思います。
今地球が悲鳴を上げているのは、本来自然界にはない人間が作り出した物もせいかもしれない。
恩恵は確かにうけてるけど、考える時期ですよね
タフィー104
2011/09/07 04:03
さつきさんは偉いですねぇ
原発問題をちゃんと調べて考えて、意見を発表してる!
朝ワイドのコメンテーターよりもよっぽど凄いと思いました。
福島原発のことがあって、原発は怖いと改めて認識し、この先代替エネルギーはどうするとかモロモロの問題があるにしろ、怖い原発が証明されたのだから原発ノーはごく当たり前のことだと思います。
津波で大きな被害を受けた地域、正直ここはいつかは緑に覆われ、住宅も建てられ、人々の生活もそれなりに戻ると思う。でも、原発で汚染された地域はこの先廃墟と化して、いつになったら人間が住めるように戻るのか、想像もつかないほどの年月がかかると思う。
そんな怖いこと、この先も絶対あってはならないと思うし、出してはならないと思う。
と、頭では理解してそう思うのだけど、私はどこか他人事の部分もあるんだなぁ〜
子供に影響が・・とわかっていても私に守るべき子供はいないし〜といまひとつ真剣になれない。ダメな私です、だからさつきさんが凄い、偉いと思えます。
ノア
2011/09/08 21:58
☆ちゃるさん、コメントありがとうございます。

最近は、また被災地の話も少しずつ報道されています…
原発だけでなく、せつないです、でも何をしたらいいのかわかりません。
そういうのがまた、せつなく悔しいです。
ダッシュ村はずーっと観ていました。
今は、各地で農業を勉強するシーンも多く、先日は長野にも来てくださったようです。
その中で、新潟だったか…農業ロケに行った際に、「僕は鉄腕ダッシュをみて、農業を始めました」という男性がいました。
私は、昔の村の暮らしに和みを求めて観ていましたが、いつかこういう人が出るといいなと思ってました。
若い人も観る番組かと思うので、いろんな情報を発信してもらえたら…と思います。

いつも、心配してもらってありがとう(^^)
体調は、あまり良いとは言えません。。。数年分か、数十年分の疲れがすべて出てきている感じもありますが、動けないわけではないので。(^^ゞ
さつき
2011/09/09 11:06
☆くまクロさん、コメントありがとう。

私は労働力として活動ができるわけじゃないから、こうして書いてるだけ。
だから、近くにいて行動を起こそうとする、くまクロさんを私はすごいと思う。

被災地の状況を聞いた時、大きな都市部は大丈夫な感じ…との返事をもらったけど、行く先々で見た光景は、きっと今も貴方の胸の中で、重石となっているのだろう。
私には、やはり想像できない世界…たとえ、テレビで観ていようとも、現地はまた別…

当時、被災地でなくても浪費に走った。
何かで安心したかったんだと思う。

被災地に送る物で有り難い物は、「お金」と「必要と訴えた品物」と阪神淡路の被災者さんなどが書いていた。
それでも、そういうお金や物さえも「施し」は嫌だと考える人もいる。
送る方は、助け合いませんか?と思っても、受け取る側が受け入れない…
今になって、当時のくまクロさんの言葉の意味がわかるようになった。
その後はネットで、使わなくなった物とそれがほしい人との個人通販のような形の支援も続いているようだ。

今、現地の人に一番必要なのは、住む場所と働くことなのだと思う。
働けば、施しでなく、対価としての給料が支払われる。
働くことを個人が提供することはとても難しいね…

現地の人の心に寄り添うことも、きっと試し試しかな、個々に望んでいることも違うのだし。
ただ一つだけ出来ることは「忘れないこと」か。
それが、また自分のできることに繋がっていくと信じて。

ひまわりの話はいつか書くとコメント残してきたので、やっと書けた〜
しかもダッシュ村の話題と一緒に書くことは尚嬉しい。(^^)
二度と撮影出来ない場所と思っていたので…

たくさんの人が読むブログじゃないけど、くまクロさんのコメントも読んでいてくれる人もいると思うので。
さつき
2011/09/09 11:43
☆タフィー104さん、コメントありがとうございます。

正しい知識を持つこと…今は、とても難しいです…
新聞に書かれている活字が一番信頼できると被災地の方が言っているようですし。
正当な話をきちんとした立場の人が話しても、歪曲してしか伝わらないか、異端児扱いか、風評被害を拡大させた人…と言われるのだから、よけいに難しい。
自分のアンテナを信じるために、研ぎ澄ましておくことしかないのかな…と。
でも、ゴシップな見出しの方が心引かれてしまうのは気をつけようと。(^^ゞ

鉄腕ダッシュはたくさんの人が観る、しかも若い人も観るかもしれない番組で、本当に原発近くの被災地の状況を観ることになると思うので、番組規制もあるやもしれないけど、なるべく有益な情報をと思います。

石油も鉱物資源も、いつか無くなりますよね。
だから、人間のために人間が作り出したものを使う…
恩恵も受けるけど、その逆もある…
国の偉い人は、お金がらみでしょうか、原発をどうしても辞めたくないようですが、誰なら、止められるんでしょうかね…
全機すぐ停止が無理なことくらい、私達も知ってるけど、それでも順次止めるためのチャンスの時期は今と感じますよね。
増税されて私腹を肥やされるのはご免です…
さつき
2011/09/09 12:00
☆ノアさん、コメントありがとうございます。

今のワイドショーって、知ってることの説明が多いし、今頃?ということも多いですよね…
テレビの規制の問題なのか、誰かが先々を考えてずーっと取材している番組って少ないし。
昔は夜11時台の女性アナのニュース番組は、結構先々の取材や、他の人が取り上げないことを時間を掛けて追い掛けていたと思うけど、夜のニュースも最近はワイドショーと変わらないこと多い…

みんな原発は気持ちの上ではNOですよね。
国会議事堂の隣りに建ててみろって。苦笑

放射能は見えない、触れない、色がない、匂いもない…
最近、お宅様は汚染されてますが、隣は大丈夫ですがどうしますか?というような避難の仕方もありますが、そう言われた時、私も子供がいないから、きっと避難しないと思います。(^^ゞ

当時は知らなかったけど、私、19歳の時から、メンタル系の病気でした。
途中からは体質…とか言い訳して、がむしゃらに働いたけど、身体はずっとずっと、しんどかった。(働いていた職場は楽しかった(^^))

だから、青春時代が30歳からです。(^^ゞ
それも数年…
病気が命に関わる関わらないにしても、子供や若くて楽しみがたくさんある時に苦しんで暮らすのは、やっぱり自分と重なってせつないです。
原因がわかって、うまくいけば治療法があるなら良いけれど、いつの時代も病気と医療は追いかけっこです。
いつも誰でも最先端の医療を受けられるわけじゃないし…

結局は、何もできない、自分が居るだけ。
それでも、調べる暇があるうちは知りたいなと思うし、私が書いたら私も、読んだ人も、またしばらく忘れないと思うので…そうやって忘れない努力なのかもしれません。
さつき
2011/09/09 16:10
こんにちは^^
3.11‥今日で半年。
9.11‥今日で10年。
悪い意味で記録的な日となりました。
でも悪いものには良いものが、良いものには悪いものが、、表裏一体となってあるのだと思います。
そこで個々人が何を選択していくか。
考えなければなりませんね。
勉強されてるさつきさん、素晴らしいです。
「ダッシュ村」は母が好きでよく観てました。
どこで「ダッシュ村」が行われてたかは公表されてなかったのですよね。
でも今回の事で発表した。
何かTVの楽しいものが恐怖にさらされてる様でびっくりでした。

さつきさんの仰るように。。
>自分のアンテナを信じるために、研ぎ澄ましておくことしかないのかな…と。

そう思います。
私も啓発されました。
有益な記事をありがとう!!w
betty
2011/09/11 16:00
うちの娘が2歳の頃「同時テロ」が あって・・・で 今年12歳になったら「大震災」・・・すると22歳のときにも 何か大きい事があるのだろうか・・・と 思ってしまう・・・(そんなに度々大きい災害?事件?が あっては 困るんだけど・・・)でも うちの娘は その間・・何事もなく 成長している・・・その「普通」を 本当は「幸せ」に 思わなければならないんですよね(実際には・・・・生活に「不満」ばかり言って 思ってばかり・・なんだけどね・・)最近は 何か「事」が あるたびに「自分は まだ幸せな方なんだ!」・・・と 思うように心がけていますよ!
それと・・・自然の生き物は「電気」を使って生活してないよね!
人間だけが「電気」を 作って・・生活している・・・でも 人間だって 電気を使わなくても 生活はできるんですよ!!(古代の人はそうだったんだから!?) 「電気」=「便利」って図式に すべて当てはめている・・・・ 元々は 「体」を 使ってやっていたことを電気の力で済まし・・・その挙句「運動不足」とか言って ジムに行って 運動している・・・・ おかしい世の中になってきましたね!
「ひまわり」・・・やはり「効果あり」だそうで・・・・「ひまわり」って そういう「役目」のために・・・神様が創ってくれたものだったんですかね?(みんなを明るくするために・・・ってことも?)
よんちゃま!
2011/09/13 08:52
☆bettyさん、コメントありがとう。
お返事たいへん遅れて、申し訳ない。m(__)m

私達にしてみたら、もう半年、もう10年…
でも、当事者の人にはまだまだ続いていること…
すべてに裏表一対、どちらの面を見るかで、ぜんぜん違う景色がある。
国を作って行く人には、私達と同じ方から観ること、それを観た上で、反対側も観るような気持ちでいてほしい!

最近、ひまわりの除線効果よりも、菜の花の方が良いのでは?との報告もあり、どちらにしても日本がどんどん研究して先に考え行動し試すことは止めないでほしいかなと。

ダッシュ村の場所は、ネットでここら辺りと書いてる人もいたし、私は長野なので、方言的には近いけど、山も海も近い場所…という環境が放送の中に出て来たので、なんとなーく関東よりの東北?と思ってました。(^^ゞ
でも、あんなに原発に近い場所…と考えた時、とても心に迫るものがあります。

本来なら、地元県北部でも3.12に被災し、仮設住宅暮らしの人達がいるのに、そちらの方があまり報道もされず気になる反面、原発付近の円の中にあるダッシュ村はテレビで見慣れた風景なので、複雑な思いです。

だからと言って、何をしたらいいのかも、わからない…
赤十字募金は引き続き行われていますが、ちゃんと使われているのか…途中に入る人がくすねている…という問題はよく聞くし、今回、被災地に入ったダッシュ番組のカメラに赤十字マークの家電などを写すことで、使われていることを表しているようでしたが、きちんとした報告を誰かがするべきと思う。
何に使ったか、おおざっぱでも良いので。
でないと前にも書いたけど、募金もどこにするのが一番被災地に早く届くのか、そんなことを考えてしまいます。
さつき
2011/09/18 11:55
☆よんちゃま、いつもありがとうです。
返事遅れますが、必ず書きます。
とりあえず、元気は出てきたかな??(^^ゞ
待っててね〜
さつき
2011/09/18 11:58
☆よんちゃま、コメントありがとうございます。
お返事たいへん遅れてすみません。

同時テロの時、娘ちゃんは2歳…そう考えると月日の流れは早いと感じますね。
子供はその間に大人の何十倍も、経験をし、感情を覚え成長する。
本来は大人も、その間に何かをしていないといけないのかも?汗

怖いことが起きた時、早く忘れてしまえ…とも言えないし、忘れてしまうことを責めてもいけないし、心に寄り添いたくても、どうしていいのかもわからないことも、たくさんあるな…と

日々普通の生活が幸せだと私も思う。
それでも人間なので、とても小さな出来事でも、身の回りで一つや二つ、必ず難事が起きていて、小さなことにも意味があって、それもまた必要不可欠。

だから「普通」なことに罪悪感をもたないでほしいし、現地の人だって、テレビを観た人に、それを観たから病気になってはほしくないと思う。
現地の人も苦しい中にも時々は、ほっとする一瞬もあるだろうし、そういうのを一緒に喜べる気持ちとか、忘れないこととか、そんなことでも良いんだと思っていて、きっと、よんちゃま家もそれを実践してるのかも…
だって賢いパパさんがいるのだから、それでいいのだぁ〜、なのだ。(^^)v

本当に電気を使うのは人間だけだね…
きっと、地球を汚さないで生活することを考える時に来ているんだ…
そんな時に、偉い人達は、自分のことしか考えないか、人から浮かないこと、考えあるけど実行したら政治家でいられない、みたいなことにばかり気を配って、人の足しかひっぱらない。
総理じゃなくて、周りの自分達が悪い人に見えてることに早く気づいてほしいです。

最近は菜種のが効果ある?と言ってるし、もしかしたら、例のとうもろこしにも効果があるのでは?と思ったりしながら、信じるか信じないかは貴方次第です…でも効果も大切!だよね。
さつき
2011/09/21 11:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「にがよもぎ」と「ひまわり」…そして「原発」… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる