猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の親子…

<<   作成日時 : 2011/04/13 17:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 9

今日のワンコのパクリではありません…って、誰もそんなことは言ってないか。(^◇^;)

今日はアレルギーの薬をもらいに内科主治医のところへ行きました。

整形外科診察の無い日なので、空いていて、ホッ。

広い外待合の壁には、張り紙が…

「被災地の医薬品が不足しないように、当院でも、長い期間分のお薬が処方出来ない場合があります。どうかご承知おきください。御協力お願いします。」

とのこと。


そんな張り紙を読んでいると、テレビから警報が!!ポロンポロン、ポロンポロンって。

NHKで、番組中に表示される震源が来ると予想される地域が書かれた枠 (地震が来る前のエリアメールみたいなの)が表示されました。

病院内にいるせいか、家なら、少しは感じるかもしれない揺れも、ほとんど感じませんでした。
ここは揺れなかったのかな…


それから、地震速報。

震源地の横揺れしている映像が映ります。

「お母さん、あれが鳴ったら地震が来るの?」

「そうよ。揺れるところの場所の人は気をつけないといけないの。あれが出たらすぐに揺れるからね。」

「横に揺れてるね。縦に揺れたら怖いんだよ。」

「(優しく)誰がそんなこと言ったの?(^^)」

「○○先生が、学校で言ってた。」

「そうだね…縦に揺れたら、もっと揺れて物が壊れちゃうのかな…」

「ねえねえ、津波って何?」

「海が揺れるんだよね。(妹)」

「うーん…、ほら、お風呂の中で、手をゆらゆらしたら、波になるでしょ? あんなことが海の中で起こるの」



子供はお姉ちゃんと妹で、主に話してるのはお姉ちゃん。

たぶん小学校1年生かも…


インフルエンザの検査もするとのことで、私より先に呼ばれて言ったけど、なんか、心がほっこりした。。。

この前のスーパーの親子とは大違いだな。


お母さんは若くて、きれいな人だった。

私も子供の頃、あんなふうに母と話したことがあったのだろうか…

具合が悪かったときに、母の足の上に頭を置かせてもらっただろうか…


私は、ストロフルスなんて、よけいな、痒い湿疹まで出しちゃう子供だったから、病院に行った記憶はあったけど、細かいことは忘れてしまったな。

皮膚科で、楳図かずおさんの怖いマンガを読んで、夜眠れなかったとか(苦笑)、
どこの病院も昔の作りで、暗い感じがしたような記憶とか、もちろん明るい病院もあったけど…
へんな事ばかりは覚えているものだなあ。。。

自分が母親になることは、考えたことがなかったから、このお母さんに対しても、自分の母がどうだったか重ねてみている自分がいた。

母は、忙しくて余裕がないし、私も妹も、じっとしてなくて、「静かにしなさい!」なんて言われてたのも。苦笑


そこにいた親子の会話にほっこりしながら、自分の中でも、昔の自分にトリップしていた不思議な時間だった。


画像


先日の選挙の時、保育園に飾ってあった切り花のブーケ?










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
聞くともなしに聞える会話、見るともなしに目に入る光景にふっと心が和むってことありますね。
この前の親子みたいにムッとなることもあるけど。
私も小さい時の母との記憶ってあまりないかなぁ〜
昔の話をして人から聞いた話が記憶となって残っている、そんな感じかも。

選挙で行った体育館、いつもよりすごく暗くて、ああ、節電なんだぁ〜と思いました。
ノア
2011/04/13 21:18
今朝の地震警報ブザーは会社で鳴りました。
あれだけ五月蝿いのに誰も睨まなくなる位周りが慣れてしまって…これだけは慣れないでおきたいよね f^_^;

通院お疲れ様です。
こちらでも大きな病院では慢性疾患薬は、半月分位の処方です。病院まで通うのが遠い人には厳しい状況かな…
先日娘の予約日にはあちこちで交渉している声を耳にしました。

病院には祖母と行く事が多く、よく行く小児科には窓から見える葡萄棚を指差し注射するお医者さんが居ました。皆つられて我慢してました(笑)
昔は薬臭くなかった?
変な事覚えてるもんだな…
さつきさんのおかげで私も昔に還れたよ ありがとう。
くまクロ
2011/04/13 23:51
こんばんは。
携帯のエリアメール。。。あれは何度聞いても身震いします。
テレビの地震速報、。。音が怖いという子供の声が多かったようで
音が小さくなりましたよね。

通院お疲れ様でした。
私は明日通院日です。余震が来ないことを願います。

心がホッとする親子に出会えてよかったですね。
我が家もそうありたいものです。
次男の入りたい部活は。。。。男子部員ゼロなんです。
なので今お友達を勧誘中です。。
どうなることやら。。です。
うーん。。。親としては入ってもらいたいところですが。。
先輩もいない。。女子ばかり。。。
こんなこともあるのですね。
明日癒されに行ってきます。
ちゃる
2011/04/14 21:12
こんにちは^^
私は小さい頃、弟と共に病院へ行って母に本を読んでもらってた記憶があります。
確か「白雪姫」。
私は姉でおませだったのか弟の方が可愛かった(苦笑)。
でもね、言ったかもしれないけど、勤める様になってからも何か不安な時は母と寝させてもらったり。。
母の帰りを待ったり。。
ちょっと母依存かな??
でも今は好きな事して二人世帯、楽しんでます。
ちょっと話題がずれたね。
優しいお母さん…憧れるね。
私も母になる気はなかったけど・・ww
                  betty^^♪
betty
2011/04/15 16:10
☆ノアさん、おはようございます(^^)
毎度お返事おくれまして。m(__)m

はい、本当になにげないことに、急にノスタルジー?だったり、心がほんわり、ほっこりします。
ちょっとそういうゆとりの無い日が多かったけど、この日は病院が空いていて、すごく心が開いていたのかなと思います。(^^)
昔の記憶って、結構曖昧ですよね、覚えてることは、なんだか妙なことばかりだったりで。(^^ゞ
嫌い…な父との方が子供の頃のいい記憶がいっぱいあるから、母は忙しかったんだと思う…ノアさんのお家もかな?

選挙会場も節電でしたか…(^^ゞ
そういうことで、ああ、まだまだ地震の影響は続くんだなと感じてしまいますね。
最近は千葉の方も揺れてますから、ノアさんのところも揺れたのかな。
余震とはいえ、地震は地震なので、どうかお気をつけてね。
さつき
2011/04/16 07:29
☆くまクロさん、おはようです(^^)
お返事おくれました。m(__)m

本当に、最初はドキドキしたエリアメールも慣れるものだね…
新潟の子も中越地震の時も、途中から、揺れてるね…って感じだったみたい。
昔から、家の辺りも地震(微震)が多いから、揺れてても布団から出ないし(^^ゞ
問題有り!だね。でも心の中では東海地震来たらどうしよう〜って思いもあるんだよね。苦笑

アレルギーの薬も東北方面で作られてるものもあり、今年はこれしかないんだ…と言われてますが、困る人も多いだろうなと。
生活や命に関わる人の薬は本当に大変だろうと思うけれど、医者に来るということは、やはり薬が必要だから来るんだものね…遠くから来て、また来週と言われるとキツイ部分はあると思う。
こちらは、まだ恵まれてるけどね…

ああ、昔の病院の方が、より薬臭かったね。(^^ゞ
それと注射がトラウマだったり、昔の先生って子供には怖い感じがして(実際子供に高圧的な先生もいたな)。笑
全部じゃないけど、私達の頃は、まだカタカタいうガラスと木枠の窓で、外に庭が見えたりね。
葡萄棚の先生は、シャレの効いた良い先生だね。
ちっちゃいくまクロさんとお祖母ちゃんが待合室にいるのが見える感じがします。(^^)
さつき
2011/04/16 07:49
☆ちゃるさん、おはようです(^^)
お返事おくれまして。m(__)m

携帯のエリアメールはつい最近、久しぶりに鳴り、ドキドキしたけど、どうせまたこっちは揺れないでしょ?って。(2回目はちゃんと揺れたけど)
子供には、いろんな音が怖いかもしれないね、特に地震があった場所の子供さんは。
NHKの速報の音は、結構配慮してるな…と最初の時から感じてました。
元々、速報ニュースって、音がしてから字幕で入るでしょ、こちらだけじゃないけど、元々あれが鳴る、まず地震か、事故かな?って思ってたからね。
慣れてしまうのも怖いけど、追体験する子供達もせつないですね。

次男君の入りたい部活は、男子が居ないの?、そりゃあたいへんだ。(¨;)
今は、そんなことがある時代なんだね…
先日も女子しか入らないから、もう女子だけで!って応援団の特集を見たよ。(^^ゞ

そういう入会活動みたいなのが成功すると、自分にも自信がつきそうだけど、それもまず一人確保してからじゃないと厳しいかな?(マンガやドラマの見過ぎ発言で、すまん。。。(^^ゞ)
やりたいことなら、やらせてあげたいね、うまく行きますように。(^∧^)
負けるな、次男君!!
さつき
2011/04/16 08:04
☆bettyさん、こんにちは(^^)

うふふ、「姉」って、ちょっとそういうところありますよね。(^^ゞ私も。
bettyさんは、きっと大人になってからの方が甘えられたのかもしれないですね。
そして、それはお母さんにも受け入れ許容があったんだと思う…
お母さん自身も、いろいろ大変な思いされただっただろうけど。
私は子供の時の方が、お布団に入れてもらってたかな。(^^ゞ

私も激やせ時代は、外で母が帰ってくるのを待ってました。
母に甘えたかったけど、甘え方がわからないから、無理な要求するとか、未だにガキだなあ。(^◇^;)
母はいつもキーキーしてなきゃいられない家で、母も不安だったと思う。
そんなのがあって、ちー坊を怒鳴ってる自分と母がかぶって(笑)やっぱ、母親にならなくて良かったのかなって思ったりする。(世の中のお母さん達に叱られちゃうね、こんな弱気じゃ。苦笑)

母が、あんたにはたくさん本を読んであげたけど、妹にはしなかったから…と良く言うのだけど、私はあんまり記憶がない…
だから本嫌いとか言われてた妹は、今は宮部みゆきにはまってます。笑
なんだろ、母親の中での子供像とか、後悔とか、いろいろずれてるものだなと。
子供は子供なりに育つのかな、きっと。(^^)

わ!今地震だ。皆さん気をつけて
さつき
2011/04/16 11:21
☆タフィー104さん、こんにちは(^^)

いつも気持ち玉ありがとうです。
またブログにお邪魔して、王子と王子のおじちゃんに癒されにいきますね。
さつき
2011/04/16 11:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今日の親子… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる