猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS 地震その後

<<   作成日時 : 2011/03/12 08:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6


おはようございます。

皆さん、ご無事でしょうか…
宮城県の方、津波被害のところ、たいへんな状態がニュースで、映り、胸が痛いです。

昨日昼間の地震も、夕方のニュースでは、我が市の周りは震度3の箇所にあり、その真ん中で我が市だけ震度4と…
乗っている地震プレートや土地の差でしょうか…
糸魚川、静岡が揺れたら、揺れが強いと知ってはいましたが、やはり、ここは、この地区の中では強く揺れるんだなと実感。

今朝は、早朝から、緊急時メールが4回。

一通は、長野県が震源地とのこと。

一度目は、揺れが少し強いですが、いつもの感じ?と言う感じがして、寒さに負けて、猫と布団に逆戻り。

地震に慣れる…という言い方は問題ですが、いつもこのくらいは揺れるから、大丈夫かな?と言う気持ちが危ないなと思いました。

今、こうして携帯からブログを書けているから、そう思えるのですよね。
いつもの朝が来て、温かい、ご飯と味噌汁、今日の、これって幸せなんだ、と…

新潟からの地震は、地震プレートが違うのか、あまり揺れはありません。

ただ今後は、わからないので気をつけていきます。

皆さんも、どうか、お気をつけて!

コメントありがとうございます。
お返事遅れていますが、この後、無事に、パソコンの前に座れる日でありますように…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
さつきさん、ご無事でよかったです。長野が震源と見たときは、本当に怖くなりました。良かった〜!!!

福島出身の友達は、自宅だけでなく、地元の街も思い出も、まさに壊滅。家族の無事は分ったそうですが、友達とは連絡が取れないそうです。

仙台出身の友達も、家族の無事が分かった!仙台に住んでいる友達も無事だった!でも、水は止まったし、昨日の昼まで当たり前のように過ごしていた大好きな街が、ぐちゃぐちゃに何もなくなってしまった、嘆いていました。

壊滅した街、さらには火事や原発、死傷者のニュースに映像に見る度、涙出てしまいますね。こんなことが起こるなんて。その土地に住む人、家族や友達がいる人、皆の心の痛みを想うと、本当に辛い。被害のない私たち、なにかできるかな。ただ座っているだけじゃ、だめ。些細なことでも、できること!やる!
こん
2011/03/12 12:28
さつきさんが無事でよかったです。
こちらは落ち着いてきていますが
昨日の横揺れの恐怖感がまだ残っています。
家にいないでよかったです。
長男は無事でした。
食器もガラスも無事でした。
あの地震が縦に揺れていたら。。と思うとぞっとします。

主人は車を掃除してきました。
私は夕飯の仕度を早めにしています。
スーパーは凄い人でした。
今日は家で待機中です。
壊滅したところのニュースを見ると切ないです。
辛いです。
自分が出来ること、、なんだろう。。
励まして、支援して。。。
これ以上の被害が出ないことを切に願います。
お互いに気をつけましょう。
ちゃる
2011/03/12 15:15
昨日の地震、私は父の病院でした。
だからでしょうか、皆さんが感じたほどの怖さではなかったような・・もちろん、揺れが長くて怖い怖いとは言ってましたけど。
病院って結構頑丈ですから、それにこの病院各部屋の壁が全部コンクリ作り。
父も知らん顔して寝てました。ま、これは熱のせいですけど。
夜のニュースを見ていてこんなにひどかったのかとビックリです。
まだまだ建物に取り残された人々がいるとのこと、避難した人達も寒さに震え、食糧も足りていないようす。
こんな時は温かい食べ物が恋しいでしょうに。
それが食べられる自分達は幸せです。私達の身代わりになってくれたと思ってできる支援はしたいです。
ノア
2011/03/13 02:22
☆こんさん、コメントありがとう。

心配してもらって、うれしかったです。
福島や仙台のお友達は、その後、どうされているか心配です。
目の前で家が流されたり、家族が離ればなれになったり、心痛ははかり知れません。

半壊でも、家があれば、自分の馴染みなもの一つでも、持ち出せるかもしれないけど、家がなかったら、そういう心のより所がありませんね…
馴れ親しんだ町も、また同じだと思います。

少しでも早く気持ちが落ち着ける何かを、と感じますが、難しいですね。

こんさんの何かしたい気持ち、大事です。
ただ今出来ることは、上の記事にも書きましたが、募金を集めることが一番のようです。
それしかないのが、悔しいですが、それを受け入れ、友達やそのご家族の無事を祈りましょう。
いろんな事が落ち着いたら、励ましの手紙や出来ることも、きっと増えると思ってます。
さつき
2011/03/14 23:30
☆ちゃるさん、コメントありがとう。

家の中も無事で、良かった〜。
本当に、最初の日の横揺れは怖さと、具合悪さでいっぱいでしたね。

おっしゃるとおり、あれが縦揺れだったら、と思うと、怖いです。
おそらくは、長野県でも、もっと被害があったかもしれません。

今出来ることは、少ないですが、時間が経てば、状況も変わります。
ただ時間がかかるでしょうね。
やはり、今は、遠くから応援することが一番なようです。

まだまだ、同じ規模の余震が1ヶ月は注意が必要だそうですから、お互い気をつけていきましょう。
さつき
2011/03/14 23:42
☆ノアさん、コメントありがとうございます。

今の病院は改装されたのでしたっけ?耐震性重視かもしれないですね。
病院が揺れない、被災しないことはよいことだと思います。

家に帰ってびっくりされたでしょうね…
沿岸部や東京もかなりな揺れが来たようですし、大きなプレートが揺れたので、広範囲に被害がありますね。
今回は津波の怖さを目の当たりにして、愕然としました。

昨日、今日は暖かい日でしたが、明日から寒いようで、本当に被災地の方はたいへんだと思います。
食べ物がない…そういう声を聞いた時、自分の家にある食べ物をテレビの中に送れたら…なんて、子供じみたことも考えます。
テレビで見えるのに、何もできないんですね…

唯一出来るのは、自分がしっかり食べて、元気でいることかな…と思います。

お父様、熱が続きますが、少しでも早く回復されること祈ってます。
ノアさんに、話しかけたり、笑顔を見せてくれたら、私もうれしいですから。
さつき
2011/03/14 23:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地震その後 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる