猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS 地震後 3月21日…

<<   作成日時 : 2011/03/21 15:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

テレビも、通常に戻りつつあり、被害にあわれた方のことを考えないわけではありませんが、それでも毎日まくし立てるような報道に、同じ映像では、元気な人の心がすり減ってしまうと思います。

私達が元気でいたら、できることはきっと増えてくると思うので、申し訳なく思うけど、少しでも笑ったり、泣いたり、癒されたり、被災地から遠いものとして、がんばろうと思います。


長野県北部・震源の被災地・栄村もあるのですが、地元のニュースは毎日夜7分。(最近は通常に戻りつつあるが)

ライフラインも水道以外は復旧してるし、食料他も恵まれているかもしれませんが、それでも住む家がないお年寄りがたくさんいます。

新潟県に近くて、とても雪深いところです。
私は行動範囲が狭いから、行ったことも無い村だし、親戚や知り合いがいるわけでもありません。

それでも、時々写る、雪深い山の集落や、半分壊れた家を見ると心が痛いです。
町中の我が家の周りもお年寄りでいっぱいなので、なんだかダブります。

600軒弱の家の中で、戻って住める家は半分以下。

もう少し余震が収まって、雪が溶け、春が近くなったら、片づけ作業に人手もいるそうですし、農作業もできるのかな…とか、今後の問題が山積みだと思います。
でも、つい最近まで、ほとんど小出しの報道しかされませんでした。

東北地方の地震の方がたいへんだし、原発の問題もあったし…

でも、周りからの支援はちゃんと届いてるようで、そういう報道を読んだり、聞いたりすると、少しほっとしました。

東北地震の被災地でも、あまり取り上げられない場所もきっと多いはず。
私が今感じているような思いも、きっとあったと思います。

東北方面へも、少しずつ、物資や灯油が届き始めたことは、やはり明るい話題だと思います。
後は、少しでも早く、ひとりひとりの手元にそれが届くこと。

20日になって、助け出された方もいますし、食べ物がある場所で、そういう人がまだいるのなら、早く探してあげてほしいです。

今回ばかりは携帯などの機器が、とても役だっていると思うので、物資の振り分けにも、そういうものを利用して、早く的確に届くことを祈ります。

今日も新聞には、被災者の心のケアの問題が書かれていました。
大人でさえ、きつい。
それでも、まだ自分の言葉で話せるからまだ少しはまし??

どう話していいか、わからない子供達は、本当に大変だな…と思います。
少しでも話を聞いてあげられる状況に早くなることを祈ります。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
昨日は放射能の混じった雨が降るから、、といわれていたので
ずっと家にいました。
テレビ、、、こちらではアニメをやっていたり、クイズ番組もあったりと
報道番組ばかりではなくなってきています。
被災地からの無事だった方達のメッセージも流れてきて
少しずつですが、状況が変わってきています。
全くなかったお米、トイレットペーパーも入荷され
買うことが出来ましたが、納豆が品切れです。
もう少しの我慢かな。。
被災地の方達の心のケア。。本当に心配ですね。
下痢、嘔吐、発熱する子供が増えているとニュースで放送していましたね。
精神的なダメージが大きいのでしょうね。可哀想。
大人も、相当なダメージが大きいと思います。
何とかして欲しいです。
自分に出来ること、ちょっとずつですが準備しているところです。
ちゃる
2011/03/22 17:13
☆ちゃるさん、コメントありがとう(^^)

テレビは、本当は、もう少し早めに子供番組やバラエティー(子供のが好きなもの)や音楽を一局だけでいいから流してほしかったな…と思ってます。
被災地の子供達も皆がテレビは見られないだろうけれど、災害に合わなかった子供達もテレビに津波や、瓦礫の山や、原発しか写らないのは、精神的にしんどいと思うので。
大人でもしんどいですし、NHKで津波の時の映像を放送しなかったとか苦情を言う人もいたようですが、それもいろんな人の心への配慮かもしれないと思いました。

家の方でも東海地震がすぐ来るかも?と皆が暗黙の内に考えてしまい、買い占めはありましたし、今現在も、ペーパー類・電池・米、カップ麺、水などの棚はあっという間に無くなります。
食品は今は安定してるけど、納豆は工場が被災地ですから、やはり少ないです。
昨日辺りから、宅配便他の動きも良くなってきたようですし、物資的には、いろんな場所に少しずつ回っていくと思うけれど、今は原発・放射能の問題が大きくなって、不安をあおりますね。
原発の状況からして、いつかはこうなるだろうと皆、無意識に考えていたとは思うけれどね…
さつき
2011/03/24 15:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地震後 3月21日… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる