猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS エジプト展に行く…

<<   作成日時 : 2010/06/01 16:25   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

5月末、土曜日、妹が午後やってきた。

なんだ、土曜日休みなら、隣町の薔薇祭りに連れて行ってもらえばよかったな…と、つい言ったところ、実はエジプト展が見たい!と言うのです。
しかもなんと5月末までとな…

明日しかないじゃん!!!?


なんでも、吉村作治先生のエジプト発掘の中でも、今回展示したら、どこぞかにしまうか、美術館のようなところに入って、次に日本で見ることが出来ない棺(木棺?)があるらしい。

私が見たいというのは、わかるけど、妹がそれを見たいとは…(@_@)ちょっとびっくり。。。イメージじゃないので。

うーーん、最近電車や車の移動には少し慣れたが、どうだろう、1時間ちょいのドライブは????

そう思いながらも、なんとなく行くことになりました〜。(*^_^*)

ここに…って、\(--;)オイ。(ちー坊、足で示さなくてもわかるから。(;^_^A )

エジプト展キップ



昨年、善光寺に行きましたので、美術館はその向こう側だとわかってますし、道にまようこともなく到着〜。

私が「東山魁夷」美術館(常設)も見たいと言ったので、じゃあ…と思ったら、なんと同じ美術館内の左右で見られることがわかり、セットで入場券もお得!!

ものすごーーく混んでいたら。汗汗汗…
と思いましたが、私でも、まあまあ大丈夫の人込み。

写真は当然 ×。
唯一、入り口の受付で、エジプト風顔出しつい立て(観光地で、顔を出して写真を撮るやつ)ならOK。

むーーん、これは、ちょっとね。。。。。f(^ー^;

展示物は、4章になっていて、エジプトの歴史、神様の名前や役割、エジプトの昔の人の死生観、ミイラの作り方(¨;)などなど

お墓の中から出て装飾品というか、神様のお守りとか…
小さくて、なんだか物足りないんだけど、これが数千年前のものだと思うと、不思議な感じです。
石や、木ですが、つるつるで、正確な作り。

あとは、
未盗掘の墓から出土したミイラマスク(青い装飾)

医療用のメスなどは、外科手術的なものも進んでいたようです。
…それと合わせてミイラの作り方など。

それぞれの内蔵入れる壺にはそれを守る神様の顔が付いている…ドキドキ(¨;)
(外見は大理石みたいなのできれいです。)(¨;)


映画「ハムナプトラ」が見られない私としては、ちょっとミイラ作りは高度な技術だとわかるんですけれどね…ちょっとだけ、ちょっとだけ、怖いというか、なんというか。汗汗汗


目玉展示は、親子のミイラが出た木棺(一つは人型)、夫婦の木棺ですから、ミイラの説明の多いこと。。。

子供の木棺は1メートルくらいの四角い箱状。
おそらくは、黒い人型の木棺がお父さん。
名前は、「チャイさん」、職業は「職人」
足下の彫刻から、建築業界の人だったのでは…との説明書き。

王様でもないけど、蓋には当時の文字やら装飾やら彫られています。
土の中から出た物なのに、結構、きれいでした。

こんなに豪華な棺で眠る人は、名のある名工・棟梁(なんて言っていいのか…)だったのかな…?

夫婦の木棺のレプリカ一つずつ(これは四角い物で、周りに青い柄があるが色がきれい)…


あとは吉村先生の発掘現場のVTRが何カ所かで流されていました。
ちょっと、見るものは少ないかな…f(^ー^;
貴重品はエジプトからは持ち出せないんだろうね。

そうそう太陽の船の模型も展示されていました。

私達2人のお気に入りは、猫の形の神様の像。
優美な姿や曲線と、かわいい顔がやはり一番。
おみやげ物としても売られていましたが、なんだか粗末にしたら、罰が当たりそうなので止めておきました。(^^)


それから、私が見たかった、東山魁夷館へ。

この人、独特の緑と青。
それから、白?の使い方がとてもきれいで、おぼろげな月や、沈む太陽が揺れているようでしたし、桜もきれい。
風景の中に人がいない、それがなんだか、しーーんとした雰囲気で好きです。

ちょうど、特別に四季を書いたものが展示されており、雪景色、桜、緑、紅葉…とても色がきれいでした。



外に出た公園の花時計。

花時計



それから、お隣の善光寺さんでお参りをして、その場を後にしました。

本当は、山門から正式に入りたいんだけれど、駐車場が裏手にあり、妹はお参りすれば別にいいじゃん…というところがあるので、とりあえずお参り。(-人-)

足が痛いのかな…
山門の近くから、善光寺さんを仰ぎみて、熱心にお参りしているおばあさんの真剣な顔が印象的でした。
信仰…というものの姿かな…


最近、酔い止めとかを飲むと、夜すぐ眠くなってしまって…
船をこぎながら、「新参者」を見て、飲みつけないコーヒーを飲んでも、眠くて、そうそうに布団に入りました。


善光寺さんご開帳から1年後、また行けるとは、なんだかよかったです。(^^)









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
さつきさん、こんばんは。
妹さんと車でお出かけ、、、良かったですね。
エジプト展。。見に行ったのですね。
私は『ハムナプトラ』大好きです。
さつきさんは見れないのですね。。。
関東に住んでいながら、誘われても
美術展とか歌舞伎とかはなんだか敷居が高い気がして
行ったのは遠い昔。。
なんだか勿体無い気がしてきました。
さつきさんの解説を聞き
一緒に見にいった気分です。
名解説、お疲れ様です。
ちゃる
2010/06/01 20:09
歴史と芸術と自然を満喫した週末だったのですね。
エジプトの歴史や文化は興味ありますが、やっぱりミイラ作りは怖いかも。
夜に夢を見そう(^^;
やっぱり絵画が一番私は好きかしら?
日本の画家さんの展示会は見た事がないので、いつか日本画(というか、日本人の方の絵画)をじっくり見たいと思いました。
青井司
2010/06/01 22:30
さつきさん、こんばんは。
妹さんとドライブしてエジプト展から東山魁夷展、善光寺と楽しめたようで良かったですね。こんなふうにお出かけした日には帰ってから何もしたくないですよね。
でも、そうはいかない?のでしょうね。
ミイラの作り方って、ミイラって自然になるものとばかり思ってました
内臓を入れる壷?だなんて想像しただけで鳥肌が立ちそうです。
映画「ハムナプトラ」というのも知らないんですけど、怖いんですね(笑)
数千年も前の物が綺麗に出てくるってすごいですよね、今現在の物が数千年後どうなっているだろうと想像すると、かえって残らなかったりするのではないかと思えます。
東山魁夷のこの白い馬のいる風景、心がシンとして好きです・・(=^・^=)
ノア
2010/06/02 00:06
☆ちゃるさん、こんにちは(^^)

無事に行けてよかったです。
「ハムナプトラ」なんだろ、謎解きはあるけど、休むところがないでしょ。
だから追いまくられる感じがダメなのかなあ。(¨;)
あと、ミイラにされちゃう人がなあ…
エジプトの神様とかピラミッドとか、そっち方面は興味有りです。

歌舞伎は私も身近にあっても行かないかも。(^^ゞ
宝塚苦手〜って友達が、無理矢理連れてかれたら、一夜で、はまってましたから、行ってみると、はまるのかな…笑 (はまったもん勝ち。(^^))
そうだね、身近にある所って、いつでも行ける感じがするし、美術館はちょっと特別な雰囲気かな。
いつか急に興味が湧く日があるかもよ〜。(^^)
さつき
2010/06/03 10:56
☆青井司さん、こんにちは(^^)

はい、なんだか短時間に欲張り企画でした。笑
妹がせっかちなので、お寺も私一人なら1時間は居てもいいんだけど…
でも、さすがに行きたかったエジプト展は彼女も時間をかけてました。(^^)
うーーん、ミイラは信仰とか神聖なものなんだと思うけど、ちょっと怖いですよね。(本物はさすがに展示されないから、ホッ。汗)

絵画・美術館は、あまり入ったことがないので、ちょっと緊張。
前には原田泰治さんの絵も見ましたが、やはり色がきれいで、ほんわりしました。
市内には、「無言館」という夭折した画家の絵を集めた美術館がありますが、なんだかせつなくなってしまいそうで入ったことありません。
田舎では、あまり絵画をみる機会はないのですが、時々は絵を見る時間もいいなと思いました。
司さんも良い機会と巡り会えるといいですね。(^^)
さつき
2010/06/03 11:13
☆ノアさん、こんにちは(^^)

家に帰ってから、店屋物にしたかったのですが、妹は明日仕事だから…と帰ってしまい、なんとなーく当たり前のように食事作ってました。苦笑
でも、外に出られたので、気持ちよかったです。(^^)

エジプト展って、テレビ「ふしぎ発見」のイメージで行ったんですが、今回はメインが木棺なので、本当にほぼミイラ関連でした(さすがに本物は無いですが)。f(^ー^;
炭酸ナトリウム?などを使って、ある意味化学的に人間を乾燥させることは高等技術だな…と思うけど、気味悪い感じがしてしまって、古代の人に申し訳ないなあ。
吉村先生の発掘VTRを見ていると、普通の人?のお墓なので、ピラミッドでなく、土の中から棺が出てきます。

確かに、今のものは都市化したところには残骸しか残らないかもしれませんよね。
エジプトという乾燥した地域の砂の中は最高の保管場所なのかも…
3800年前って、想像もつかないから、その時代の木の物が形そのままに出てくるのは、さすがに吉村先生もVTR中で歓喜の声をあげてらっしゃいました。(^^)

東山魁夷の風景は、本当に静けさがいいですね。(*^_^*)
あの青がしーんとした感じなのかと思いましたが、他の絵もやはり静けさを感じました。
さつき
2010/06/03 11:33
こんにちは^^
エジプト展…ぎりぎりセーフだったのですね。
見ることになってたのかも。。
少し、遠くへの外出も大丈夫ね。

東山魁夷の風景…見たはずなのに浮かばないんですよ。
<どういう頭してるんだか・・苦笑>

満足の一日だったのですね。
眠りは早かった…寝る子は育つ(笑)ww
betty
2010/06/03 16:40
エジプト展いいじゃな〜〜いww

エジプトまで行くのは大変だもんネ!!

わし、死ぬまでに1回くらいはピラミッドとかスフィンクスを
さわりに行ってみたいにゃ〜〜ww

猫手がめっちゃかわいかったでっす♪
さくらんぼ狩りの季節ですよぉ〜^^めぐみ...
2010/06/04 20:53
コメントありがとうございます。(^_^)

お返事遅れていて申し訳ないです。
ちゃんと読んでますので、待っててね〜(^_^)/
さつき
2010/06/05 19:08
☆bettyさん、こんにちは(^^)
お返事おくれてすみません。

エジプト展、ほんとうにギリギリでしたが、無事に遠出できました。
最終日曜日は混むかと思ったけど、まあ、ミイラ関連のものは、よほどお好きでないと何度も足を運ばないですかね。f(^ー^;
果たして、ミイラさんに呼ばれたのは、私か妹か…笑

東山魁夷さんは長野県の人ではないですが、こちらでは、やはり常設の美術館があるので、ポスターとかカレンダーに絵が使われてることは多いから、馴染み深いかもしれません。(^^)

このところ、爆睡続きです。
縦には昔、充分に育ったので、今は横に行くのが問題ですね。笑
眠ってる間に心も育ちますように。なんてね。
さつき
2010/06/08 15:53
☆めぐみさん、こんにちは(^^)
お返事おくれてすみませんです。
忙しそうだし、読んでもらえるのかなあ…すまんです。(^^ゞ

めぐみさんなら、エジプトも行けそうですね。(^^)v
家の妹もエジプトに行ってみたいらしいのですが、なんか意外なんですよね…今までの彼女の趣味からするとエジプトって。
「なんかさあ、テレビだと、街のビル街の向こう側にピラミッドが見えるんだよね。行くまでは遠いだろうけど…登ってみたいな…」と申しておりました。

私には宇宙に行くくらい遠いので、むり〜〜かな??(笑)

スフィンクスにも負けない、ちー坊のデカイ手はなかなかでしょ。(*^_^*)親ばかなので。
もうさくらんぼ狩りなのだねぇ…忙しくお稼ぎくださいまし。
身体に気をつけてな〜(^^)/
さつき
2010/06/08 16:00
☆ひろりんさん、気持ち玉ありがとうございまーす。

パソコンが直ったのかな…
またお邪魔しますね。(^^)
さつき
2010/06/08 16:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
エジプト展に行く… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる