猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS フィギュア・世界選手権女子フリー…

<<   作成日時 : 2010/03/29 11:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

へぼ解説者の猫飯屋の女将です。(^^)
今日のこのブログを書きに来られたことは、とても私としてはよかった〜と思います。(わけは次に書きますね。(^^ゞ)


えーっと、真央ちゃん、がんばりました〜(^^)v

やっと「鐘」が自分のものに近づいた感じでしょうか…
滑り込んでいくと、とてもいいものだと私は思うのですが、今期が終わると、もう滑らないのかな…きっと。
だから、今大会で、自分の納得のゆく滑りができたことはよかったと思います。

オリンピックの女子フィギュアが始まる前に、ドキュメンタリーが放送され録画してありましたが、大会が終わってから観ることとなりました。

最初の「鐘」はとても難しいプログラムとして組まれていて、タラソワコーチと真央ちゃんの目指すところは、演技力と技術の両立でした。

オリンピック前哨戦の前半2大会で、真央ちゃんは、まともに「鐘」を滑れていませんでした。
難易度が高いこと、最初のブログラムでは、最初の三回転半のあとには、手をあげて回る二回転がコンビネーションでついていましたし、後半の二回転半の前のステップなども難しい物がありました。

2回目の大会がロシア大会だったこともあり、タラソワコーチは、真央ちゃんの元に行き、こう尋ねたそうです。

「真央、本当に、『鐘』のままでいいの?」

「私は変えるつもりはありません」

風のように舞う、キムヨナに対して、重厚である「鐘」の演技、自分のイメージを変えレベルアップしたいということだったろうと思います。

ロシア合宿後、別れ際に、抱きしめるタラソワコーチに愛情を感じました。
その後、日本で、ひとり、プログラムを滑りやすく変え、何回もマイム(手の振り)の練習をしているのが印象的でした。


さてと、今大会フリー…

鈴木選手…丁寧な滑りでしたが、前半スピードがない感じ、ジャンプミスがありましたが、後半からのステップなどで、きちんと自分を建て直して滑れたことはよかったと思います。
笑顔最高。


安藤選手…四回転へのこだわりを捨てたこと、演技力を自分の武器と考えられるようになったこと、それが自分の世界観を作れたように思います。
丁寧な滑り、表現力、ジャンプも落ち着いて飛んでいました。
スピンが一つぐらつきましたが、それでもそのまま回ることを止めず、最後までやりきれたことは良かったと感じます。
3位のレピスト選手との差も0.8でしたから、何らかの加点が少しあるだけで、メダルはもらえたのかなと思うと、私としては、審査員のケチーと思いました。笑(だって、美姫ちゃん良かったし…)


レピスト選手…着実な滑りでしたが、魅力的には安藤選手の方が良かったような気がします。
ただスピンの良さ、など良い部分もあり、メダルが取れて良かったのかも。


キムヨナ選手…流れるような前半に対して、後半はやはり足が不調なのでしょうか、何気ないジャンプでの転倒があり、珍しい…と思いましたが、前日の足が変というコメントがありましたから、そんな点が後半でてしまったように思います。
おそらくは、ミス以外の一つ一つの演技、技術がレベル4(最高位)であり、すべてのジャンプ、スピン他に加点がされているのだと思います。
だから、あれだけのミスや後半精彩を欠いても、フリーの得点は1位。。。
ひとつずつ丁寧に練習してきたことを身体が覚えていて、実践できる強さは素晴らしいと思います。


真央選手…三回転半のひとつは回転不足を取られましたが、本人としては、今期一の滑りができたはず、と思います。(大満足ではないと思うけど)
スピード感もよし、スピン、スパイラル、本人の好きな後半ツイズルからのステップワークも感じが良かったです。
オリンピックで、回転遅すぎ?と私が思っていた、最後のスピンも今回の回転なら良いと思いました。
タラソワコーチとは、今期で契約が切れるそうですが、そのあとはどうするのかな…



余談ですが、オリンピック後、ヨナ選手と、真央選手のコーチが逆だったら金メダルだったのに…云々の現地から戻ったという記者の記事をネットで読み、ちょっと私としては憤慨しました。

だいたい、真央ちゃんは、山田満智子コーチが育てたんだし、真央ちゃんには「肝っ玉かあさん」的なコーチがいいと私は思うわけで、そんな点では、日本に本拠地を置いたので、なかなか指導が行き届かなかったかもしれないけど、タラソワコーチで良かったと私は思っています。

後は、誰か男子などと練習して、ジャンプを下りた後の流れのスピード感とかを体得したら、もっといいと感じます。



金メダル  浅田真央選手  197.58
銀メダル  キムヨナ選手   190.79
銅メダル  ローラ・レピスト選手  178.62
4位     安藤美姫選手   177.82


7位     長洲未来選手

11位    鈴木明子選手



今回は、珍しく、いっぱいスケートの記事を書いてしまいました〜(^^ゞ
お付き合いくださいまして、ありがとうございました。<(_ _)>









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
真央ちゃん、良かったですね。
私も初めてこのプログラムの良さを感じました。
完璧にこなせば他の誰よりも圧倒的な迫力をもって迫ってくる曲なのだと思いました。
やわらかいヨナ選手に対抗するにはこれしかないと思ったのかもしれませんね。
ドキュメントは私も見ました。
真央ちゃんははたから見るよりもずっと強い気持ちを持っているのだと思います。
これで今シーズンも終わりですね。
来シーズンはどんなプログラムで登場するのかファンとしては楽しみなところです。どのコーチにつくかも気になるところです。
あと一つ、真央ちゃん、言葉の方はどうなのかしらね。国際大会が多い中、英語を話せるというのは気持ち的にも楽になるのでは?と思うけど。
石川遼君、ヨナ選手、安藤選手、長い将来を考えてもその方がいいような気がするけどなぁ〜
さつき解説者、お疲れ様でした・・(=^・^=)
ノア
2010/03/29 11:38
☆ノアさん、こんにちは(^^)

素早いコメントありがとうございまーす♪
ドキュメントやはり観られましたか…あれを見ると、やはり、五輪でどうして、あれだけの泣き顔をしたのか「もっと出来たら、もっと良いプログラムなのに…」という口惜しさなんだなと思いましたし、もっと滑り込んだ完成形を見たい気もしますよね。(^^)
キムヨナ選手はあれだけミスしてもフリー1位なんだな…悔しいけど。
彼女もそれだけの練習をしてきたと思うし、自国から出てオーサーコーチの元に行ってから、スケートを楽しめるようになったそうですから、息抜きというか、追いつめられていたものから、解き放たれたから良かったのかもしれませんよね。

さてさて、次の真央ちゃんのコーチ選びもどうなるのかな…
言葉のことは私も気になってました。
タラソワコーチのアシスタントコーチのザンナコーチとは何語で話してるのかとか…通訳さんは見ないので、ザンナコーチが日本語が堪能なのかな?
男子は表彰式の前に、メダリスト3人が揃っていて、ジュベール選手が何か言ったら、高橋君もパトリック・チャン選手も笑ってたから、英語での会話なんだと思って見てました。(^^)
ヨナ選手は英語の先生も付いてたみたいだし…
真央ちゃんが心の安定のために日本を拠点にしたいのかもしれないけど、もしかしたら言葉のストレスもあるのかもしれませんね。。。
うーん、私も一夜明けたら、英語が話せるようになってみたい。笑
さつき
2010/03/29 14:39
さつきさん、こんにちは。
真央ちゃん、やりましたね。
昨日テレビ祈りながら見ました。
見事でした。
プレッシャーに負けない精神力。。凄いです。
ドキュメント見逃しました。残念です。
真央ちゃん、今後は明るい曲で滑りたい。。と言ってたそうですね。
私もそのほうがいいかな。。と思います。
コーチが変るのですか。
真央ちゃんがのびのび滑れるコーチだといいですね。
言葉の壁、、あるのかもしれませんね。
キムヨナは英語を喋っていましたね。

それにしても、名解説お疲れ様でした^^
ちゃる
2010/03/29 16:03
☆ちゃるさん、コメントありがとうです(^^)

うん、たぶん、五輪での滑りが満足でなかったし、タラソワコーチと作るものも最後だし…というか、やはり、きちんとしたプログラムにして終わりにしたかったんだろうなと思います。
だから、精神的なものも五輪後も切れなかったと思うし。

いろんな曲に挑戦してほしいな。
真央ちゃんとしても、技術を教えてくれるコーチに学びたいとのことでしたね。
日本を拠点におきたいみたいだし、その方が落ち着くのかもしれないけどな…コーチ次第だと、いろいろ難しいのかな。

ドキュメンタリーはNHKの深夜とか、微妙な時間だったで、スケート関連のものは前から(高橋君復帰前のとか)録画しておいて、まとめ見しました。(^^ゞ
真央ちゃんは、「タチアナ先生」って呼ぶんだけど、一緒にネイルをした話とかもしてたし、逆にタラソワコーチは、自分の出した課題を確実にこなした、前の大会の黒い衣装で仮面舞踏会をフリーに滑って、キムヨナに勝った録画を見て、泣いてました。
テレビ的と言われちゃうのかもしれないけど、コーチだって人間だし、自分が指導した選手は大切に思う気がするのでね……
良い演技が出来たことはよかったです。(^^)

エキシビションで、高橋君と真央ちゃんで、一回転だけのスローインジャンプ(ほん投げるやつ)をやってるのが、深夜のニュースで出てたけど、今日の夜中にエキシビションが放送されるみたいなので、録画しようと思います。(^^)
さつき
2010/03/31 12:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フィギュア・世界選手権女子フリー… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる