猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS パラリンピックも終焉…

<<   作成日時 : 2010/03/25 11:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

テレビでも、深夜とか、ニュースで少し取り上げるだけ…というか、私が、あまり観ていないのだろう…
新聞で、パンクーバーパラリンピックの記事・写真はよく観た。

考えてみても、用具の名前も知らない…

少しだけ調べてみる。
チェアスキーというのかな、それに足を乗せて、高スピードで斜面をターンしてくる。
新聞に載っている写真は、みんなすごい角度でターンをしている写真が多い。

すごい!!

山国に住んでるのだけれど、学生の頃、スキー教室にも近所の山に行くのだけれど、私はスキーは苦手というか、あまり滑れない。。。

オリンピックで、二本のスキー板で、器用に左右のバランスを取って滑るのをたくさん観た。
その後のパラリンピックチェアスキーでの回転競技など、ものすごいバランス感覚と筋肉がいる!と思う。

スレッジホッケーも、立っていても相手が迫ってくるのが怖いのに、スレッジスケート?を付けて、低姿勢のまま、相手が目の前に迫ってくるのは、とても怖いのではないか…そんな気がする。

でも、競技している人には、日々の鍛錬があって、本当は私が考えるよりも、もっとアスリートなんだと思う。

長野県からも多くの選手が出場していた。
メダルも皆さんで11個も、勝ち取った。

オリンピックの時も、私はフィギュアの記事しか書かなかったけれど、長野県からたくさんの選手が出場していた。
そして、金銭的に、精神的に支援しているのは、みんな中小企業だったり、病院だったり。
そこの社長さんや、院長さんや、スタッフ・従業員の方が、お金を出し合って、選手がよりよく練習するために協力していることも、地元では紹介されていた。

パラリンピックの選手達も、きっとみんなそんな支援の中での闘いだったんだな…と思う。

政治家が支援すると、なんか「きな臭い」感じがしてしまうけれど、いろんな面で国からも、練習場所の確保や設備投資、整備などがあるといいな…と感じた。

あまり詳しく内情を知らないことを書くのは気が引けるけど、なんかオリンピックもパラリンピックも、もう少し、なんか支援の方法ってないのかな…なんて思う次第です。

友が良く言う。
スペシャルオリンピックス(知的障害者の競技会)も、もっと取り上げられたらいいな…と。
ちゃんと皇族の方だってお見えになってくださるのに…と。

彼女の子は少しだけ知的障害があるから、なおさら感じるのだろうと思う。
もしかしたら、友の子もスポーツに興味を持つことができたら、いつか出場するのかもしれないし。

「障害」という文字について、考えるところがあって、何度か書こうとしたけれど、今もってうまく書けないので、その話はまた今度。。。。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
パラリンピックも終焉… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる