猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS フィギュアスケート男子・やったね!大ちゃん!!おめでとう☆☆☆

<<   作成日時 : 2010/02/19 15:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

こんにちは。
へぼ解説の猫飯屋の女将・さつきです。f(^ー^;

まず、今観てきたまま書き殴りますので、あとで、修正するやもしれません。
あと、他の記事へコメントありがとうございます。
お返事の方があとになりますが、どうぞオリンピックということでお許しくださいまし。<(_ _)>

画像



金メダル エバン・ライサチェク選手
銀メダル エフゲニー・プルシェンコ選手
銅メダル 高橋 大輔選手
(4位) ステファン・ランビエール選手

(7位) 織田 信成選手
(8位) 小塚 崇彦選手


もう、大ちゃんは、金メダルじゃなくてもいいほど、がんばって4回転にも挑戦して、とても良い滑り、感動です。


最終組の滑走順も、なんだか、いろんなものが含まれて、不思議な予感がする滑走順。

まず、その前に演技した小塚選手の四回転が決まったこと、そして、自分なりの表現を頑張れたこと、素敵でした。(実は生では観てないので、夜にでも…)

織田選手は、後半で、靴ひもが切れてしまうというアクシデントがあり、減点がありましたが、それでも前半は良かったですし、その後も、よく建て直したと思います。

高橋選手は最初のジャンプで四回転に挑戦し、転倒。
賛否両論あるとは思うけれど、ここまで来たらやる!という意志と、その他の演技もとても素晴らしかったと思います。

彼のただ滑っているだけの時の手、腕の一降りにも表情があり、躍動感ある滑りは、私としては、点数にちょっと不満だけど、そんなもんポイ!で一番素晴らしかったです。

四回転伝道師として、戻ってきたプルシェンコ選手ですが、最初の四回転・三回転は素晴らしかったけど、そのあとは、調子が良くないようでした。
おそらく、良いペースだったら、彼は意地にかけて、もう一回四回転を飛んだと思いますから。

ステップ他については、ショートの時に、某ペア選手に「エッジは浅いし、手はぶん回してるだけじゃない」的に厳しい指摘もあったとか、なかったとか…(^^ゞ
フリーでは、これなら文句ねえだろう?という感じでのアピールを感じました。(気のせい??)

ランビエール選手は、最終組、唯一四回転を2回飛びました。
一つは、コンビネーションとして、一つは単独で。
ジャンプすべてに、ミスがあったわけではなく、彼のケガのせいなのでしょうか、ジャンプを下りたあと、ふとももか膝のあたりが固まって、スケートが止まってしまっていたのが、とても緊張しました。(転ばないで、ランビエール様!)

演技力についは、私にはとても素敵に見えました。
正直、もしかしたら足の都合でフリーは止めてしまうのでは…と、私的にはなんだか思うものがありましたが、彼もまた、戻ってきたチャレンジャーとして、四回転に挑みました。

最後に金メダリストのことを書くのは私らしいでしょうか?笑

今日のライサチェク選手は、最高の出来でした。
長身のためなのか、緊張のためなのか、少しだけ演技に固いところがありましたが、ジャンプはほぼ問題なかったし、大ちゃんがいるのに、「この人に金メダルをあげて〜」と思いながら、力が入りました。

最終組、ジョニー・ウィアー選手の演技もとても素晴らしく、ちょっと点数低いんじゃない??(現地もブーイングの嵐)

どの選手も、自分のすべてを出し切ろうと、一生懸命だったことがひしひしと感じられる試合でした。


オリンピック前に、四回転の得意なジュベール選手の特集番組を観ました。
この大会では、惜しくも良い成績は残せなかったし、いつもケガに泣いたり、苦しい思いがあったと思うので、なんとか上位に残ってほしかったのですが…。

ジュベール選手の四回転は軸が細く絞れるので、早く確実に回れるのだそうで、それは背筋が素晴らしいからだということで、ジャンプしている映像解析なども紹介されていました。

鍛えると、筋肉で重くなっちゃうのと、太りやすいから、気をつけている、と言っていた身体は、やはりアスリートの筋肉・身体でした。
そして、肩胛骨と背骨の間の筋肉の盛り上がりが、すごくてびっくり!!

細身の衣装の下で、しなやかに舞う選手達の身体には、本当はあんな筋肉がついてるんだ(@_@)と思い、演技を競う種目で有りながら、やはりアスリート・競技なんだなあと、感じた瞬間でした。


夜、別の局でも放送がありますから、お好きな方は堪能してみてね。(^^)v





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
さつきさん、こんばんは。
高橋選手、、良かったー!!
大怪我からの復活。
私の中では金メダルです。
実況中継、、、よくわかり、実際に見ているかのようでした。
さつきさん、詳しいのね。
よく調べてるのね。感心しました^^
ちゃる
2010/02/19 20:56
リアルタイムでは見られなかったんですけど、家に帰ってから高橋選手、銅メダルと知って、わぁ、悔しい〜!と思いましたけど、テレビで演技をみて納得でした。
4回転にも果敢に挑戦してきっと本人の中では後悔はないのでしょうね。さつきさんの解説はすごいですね。
高橋選手、ショートの曲と振り付けは最高だけど、私的にはフリーの曲には?と思えます。衣装も今日のはパントマイムがわかりにくい箇所があったり、気になるところでした。
でも、ステップは最高ですね。後半のステップには酔いしれました。
涙をこらえた高橋選手もかわいかったです・・(=^・^=)
ノア
2010/02/19 21:44
こんにちは^^
フィギュアスケート男子…リアルタイムで見てました。
大ちゃん、、4回転には失敗したけど、彼の目標だったトライ!!
失敗してもその後の演技が素晴らしかった。
”世界一のステップ”と言われるのも納得。
彼も怪我の時、、リハビリが辛く逃げ出したのよね。
それを克服してでもメダルだから、より貴重でしょう。
解説…面白かったよ!!ww
betty
2010/02/20 11:01
☆ちゃるさん、やったよーーーぉ!大ちゃん

金じゃなかったけど、表彰台に上がれた。
本当に、私の中でも高橋君は金メダルだよぉ。
小塚君も8位に入ったし、4回転飛んだし、これから自分の雰囲気もっと出していけば、良い選手だと思う。
みんなよく頑張りました。

フィギュアスケートは観るのが子供の頃から好きだったの。
どのジャンプがループ(アクセルはわかる)とかそんなのは見分けられないけど、やっぱり場数観ると、いろんなことに目がいくようになっちゃった。
家では解説者より先に、プルシェンコの今日のジャンプはダメだ、とか言っちゃってるし、うるさい観戦なので、一人でなるべく観てる。(^^ゞ

昨日は、この記事書いて、すぐにパソコンから離れてしまったので、メッセに気がつかず、失礼しました〜。
さつき
2010/02/20 11:05
☆ノアさん、やりました〜(*^_^*)(私じゃないけど興奮)

そうですね…ノアさん、鋭いかも。
フリーの曲は物語性を重視してるし、彼も「道化師の道のり」みたいな感じを表現してるんですが、なんだろ?カメラワークかなと私は感じましたが、昨日は少しあれ??と思いましたし、最後の決めがアップじゃないのか!とか、不満な点もありました。
衣装も確かに前の黒が良かったかも。(^^ゞ

ただ思いきって、4回転にも挑戦したし、その後は問題なかったし、そりゃあ、失敗成して、一番高いところに乗せてあげたかったけど、涙ぐんでる顔を見たら、なんか良かったな〜とこみ上げるものがありましたね。
もうしばらく、胸きゅんきゅんさせてほしいので、次のオリンピックとかは別としても、引退とか、すぐに言わないでね…と思うのでした。(*^_^*)
さつき
2010/02/20 11:17
怪我で1年棒に振らねばならないとき逃げ出した・・他の選手達がオリンピックに向けランキングをあげて行く姿を見るのが辛かったからなんだろうな・・。
高橋選手は怪我前より今の演技が好きです。
自分が何をしたいか・・自分にできるアピールは何か・・今回はそれを掴んでいる演技でしたね。
審査員席に迫る振り付けも今までの日本には無いアピールでしたから・・。

織田選手は靴ひも切れていたなら換えて前日慣らすべきだった・・。
なれた靴をもうひとつこしらえる・・これ位のしたたかさが織田選手に必要だったと思う。

小塚選手は、まだTRYできるチャンスがある・・という心の余裕が四回転成功に出ていました。 さすがサラブレット

まさに自分自身との闘いが順位に出ていた・・そんな試合でした。

男子には四回転が必要か・・と問われる審査でした。
それだけ男子にも表現力が伴ってきた証ですね。 素晴らしかったです
くまクロ
2010/02/20 11:19
☆bettyさん、こんにちは、やりましたね〜\(^O^)/

ちょうど最終組がお昼の時間帯で、しっかり観られたし、今、生で滑ってるんだ〜という感動がありました。
小塚君のはまだ、良く見てないので、後で観ようと思います。

高橋君はやんちゃ坊主らしいですから、ケガのあとのリハビリの辛さは人一倍に感じてしまったと思うし、他の人に八つ当たりしたくなったりしたでしょうね。
たぶん、どなたでもケガの後は辛いけど、演技者として他の人の噂が聞こえてくる中、どんな気持ちだったのかな…
逃げ出した後、何をどう考えて戻ってきたのか…
それが、4回転に挑戦し、他を丁寧に滑りきった昨日の演技だったのかなと思います。(^^)
膝が最初より、柔らかくなって、4回転のタイミングがわからなくなったそうですから、挑戦自体が素晴らしかったと思います。
(4回転やったぞ、文句ないだろ!!プルシェンコ!!私の内緒の声)笑
さつき
2010/02/20 11:38
☆くま&クローバーさん、やりましたよぉ〜(^^)v

高橋君は起伏が激しい性格らしいですから、いろん面で、ケガをすることは「どうしてオレが?」だったでしょうね。
ただ、そのお陰で今があることは本人もすごくわかっているので、それって、宝だと思うのでした。
モロゾフコーチの問題もありましたね、ケガしてる間に織田君のコーチも引き受けてしまって…雑誌では、周りのスタッフに今後も師事するかどうか、自分で決めていいよ、と言われて、本当に苦しんだように書かれていたので、精神面でも追いつめられた時期もあったと思います。
でも、彼から出るオーラは、コーチ云々じゃなくて、本人のものだと今回更に証明できたし、よかったなと思います。(^^)

審査員席に本当に近づいてますよね。笑(^^)
だから、リンクをいっぱいいっぱい使って、フェンス近くまで来ると、会場によっては黄色い声援がいっぱい。なんかうれしいです。

織田君の靴ひもについては、最初切れたのだと思ったので、その後のインタビューで真実がわかり、仕方ないかなと言う感じ…まあ、ゲン担ぎもあったかな。

小塚君は、彼自身の個性を伸ばしてほしくて、すごく応援してます。(^^)
今回のはちょっと曲が難しかったかな…と思うけど、そこが狙いなのかな。

採点について、評価については、ルールが変わる前も常にありましたね、女子では。
今は、4回転も大切なんだけど、例えば村主さんのように良い物を持っている選手に点が入る、得意な分野で点がもらえるということも必要かなという気もします。
トータル競技ではあると思うけれどね。(^^)
さつき
2010/02/20 11:54
☆青井 司さん

つたない記事を読んでくださって、ありがとう。(^^)
さつき
2010/02/20 12:46
☆ジュリアナさん

気持ち玉&読んでくださって、ありがとうございます。(^^)
ブログに伺いたいのになかなかチャンスがなくて…
さつき
2010/02/25 12:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フィギュアスケート男子・やったね!大ちゃん!!おめでとう☆☆☆ 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる