猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS うーん、正直者が…というかなんというか…

<<   作成日時 : 2009/09/30 10:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 11

シルバーウイークもとっくに終わりましたが、薬のせいで、間隔が変わっていた生理ちゃんが、元通りの周期で来たために、久しぶりに、ものすごーーーく具合悪かったです。(^^ゞ(男性の方、恐縮です。汗)

最初は何の病気?と思っちゃいました、具合の悪さに。
7年近くぶりのまともな生理ちゃんに感動ー\(^O^)/するとともに、対応できない自分にがっかりです。
ま、しばらく忘れていたことなので、仕方がないかなと。。。苦笑

さてさて、そんなこんなで、一週間が過ぎちゃいました〜

月曜日は、心療内科の日で、とても混んでいて、午前診察の最後だから、ゆっくり出来ると思った私でしたが、午後の診療ぎりぎりまで午前中の患者さんがおり、先生にはなんだか、申し訳ないけど、話せる時間分はたくさん話してみました。

基本的な薬の相談は次回として、とりあえず、急場しのぎの薬を追加してもらえました。

と、近況はさておき、本題。

昨日は、共済関係のことで、一日考えたり行動したりしていて、せっかくのパソコン日和が台無しでした。残念

というのも、生命保険の見直しの時期にも来てましたし、もう、払いきれないし、減額交渉もなんだかする気になれず、というより、払える金額が少ないかな…で、解約処理をしてもらいました。
微々たる、変換金がやってきますが、私にとっては、それでもありがたいなと…

保険を辞めるにあたり、まずは某共済に入りました。

ま、いちおう、医師の診察はなくても、健康告知義務はあるわけで、私のように通院者が入れるのか?ということは疑問ではありましたが、私を担当された方がいうには…

今時ありがちな、不安障害的なことでしたら、入退院してるわけでもなく、通常からみたらなんら見た目的に問題があるわけではないので、どうぞお入りになったら…」(うまく伏せ字にできるかな?担当の方に申し訳ないので…ドラッグしたら読めます。

ということで、通常の手続きを踏んで入会しました。
まあ、今時の中高年で、なんらかで通院されている方の方が多いような時代ですし、入れて下さるというのであれば、入ろうと思いました。

が、考えてみれば、告知義務違反ではあるわけで。。。。


で、その後、基本の共済に少しプラスできる特約などにも入ろうと思ったのですが、ここで正直者がバカをみるというか、正直でよかったというのか…
結局、特約追加にあたり、心配なので、担当者以外の方に電話でお聞きしたところ、つまりは私はこの共済自体に入れないわけですね。ということです。

まあ、精神疾患に抵触しますし、そういう人は保険お断り的なことも少しは知識ありますし、告知義務違反な自覚も、ほんのわずかありましたし。
解約となっても、仕方がない状況です。

と、ここまでは冷静だったのですが。

気になり始めると聞かないと済まない性格なので、追求したくなりました。

先ほどの人と話すのは嫌なので、他のこの共済全体のホームページを探し、苦情窓口というものを発見しました。

出来たら、メールのがいいのですが、お電話で…ということで、ここで苦情というより、お話を聞くことにしました。

申込み用紙には、「健康告知の番号をお書きください。場合によっては入会できないこともあります。」とありますが、先のお話では、ここに書いてある方は通院者ですから、どなたも入れないということではありませんか?
それとも、なんらかのガイドラインがあって、入れる人と入れない人の基準があるのですか?

とお聞きしてみました。

とても声の小さな女性が、申し訳なさそうに、定期的に通院され、お薬などの処方を受けておられる方は、どなたもお入りになれません、とおっしゃいました。

そもそも、申込み用紙が、嘘つきなのだな…と私は思います。
ここの健康告知の番号どれ一つを書いたとしても、書いた方はどなたも入会していただけません、が正解なのですから。


そんな事情をすべて知っているわけですから、最初の担当者の方の言われた言葉の意味もとてもよく理解できました。

でも、まあ、告知義務違反してまで、入っても後々問題になれば、結局保証もされないわけですし、いろいろ勉強できてよかったな…と思うことにしました。

で、懲りずに、他のところにもネットで、入れるか査定できる「物」があったので、メルアドや生年月日・性別・病気などだけの書き込みでしたので、してみましたところ、一般的な安いのには入れないけど、生保の掛け金より高い掛け金を払ってくれたら、○○保険に入れてあげてもいいですよ的な、診断結果がでました。

母が、肺気腫で苦しんでいる時も、介護認定の問題などに該当しないから、なんの援助・補助も受けられなかった時と同じ思いがしました。
中途半端に、微妙に具合の悪いものには、なんの援助も保証も得られないのだな…と。

頭がぐるぐるするほど、昨日はたくさん考えたけど、もう考えても仕方がないので、また、ぼちぼちと他の得策でも探して行こうと思うことにしました。

はーーあ、疲れた〜〜。
なんだかなーー、やっぱりバカ正直なのは損なのかなあ…
でも、嘘つきになるのは嫌だなと思うのでした。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
私はこの身体ですが、今二つの小さな保険に入っています。
入る時には、正直に自分の病気を告知しました。
一つはその病気やその病気から起こる合併症に対しては、保証が出来ないと言う物でした。
もうひとつは、最初は断られました。
その一年後に、「ビオラさん、一年間様子を見ていたけど、一度の入院もなかったので、小さい物なら入れてあげますよ。」と声をかけて下さり、その保険は肝臓など既に持っている病気も保証して下さるということでした。
その保険は、ケガの場合は、通院補償があり、今回の骨折で請求したら、通院半年間保証という事でしたが、骨折からCRPSになった時ことで、CRPSも保証して下さり、私が思った金額の3倍ほどもお金が振り込まれて、ビックリでした。
病気が有っても、入れる保険、有ると思います。
(病気がない人に比べるとハンディーは有るけどね。)
正直に申告すると言う事、私は正しいと思います。
不正に入って後でバレたら、詐欺ではないかと思うので。

体調が落ち着いてからでもゆっくり探してみては如何ですか?
何かあるはずと思いますので。
ビオラ
2009/09/30 11:19
ゴメン、誤字が中ほどに有りました。
想像で読んで下さい。
ごめんね。
ビオラ
2009/09/30 11:21
☆ビオラさん、こんにちは(^^)
コメントありがとう。
まあ、今回は担当者さんの話を聞くと、入ってしまえば、こっちの物的な話にも聞こえて、審査が緩いなら…という思いがあったことは事実です。(^^)
ただ、私のように、今現在、精神疾患(心療内科・精神科)への通院をしている場合、新規にはほとんどの保険に入れないというのが定説ですかね。(^^ゞ
高くても入れてあげますよ、か、1年ずつ最低保障・入院保障とかだけならしますよ、というのが限界のようです。
私が払える金額も小額ですし、いろいろ難しいでしょうか。

そう考えると、前の保険屋さんの保険はもったいない気がしますが、減額交渉を担当者さんとする元気がでなかったことと、私の今払える金額だけだと、死亡保険分くらいしか払えないだろうという感じでしたので、それもなんか寂しいなと。(^^ゞ
でも、まあ、あきらめずに探すことはしてみようと思ってます。(^^)v
さつき
2009/09/30 12:14
昔は、告知義務が甘かったですね。
担当者が「大丈夫、大丈夫、言わなきゃわかんないだから〜」とか言って、こちらも軽い気持ちでその通りにしちゃってね。
今は結構厳しいみたいですね。
精神疾患はガンと同じ、5段階あるうちの1ですよ。最高ランク。
これ今の時代にそぐわないと思うの。これだけうつ病が多い時代、そろそろ規定を緩めるべきと思うけど。
それにこれって精神疾患以外の病気になって保険金をもらう段階になって、診断書に書いてあるかで全然問題にならないの。
つまり、診断書の合併症欄に精神疾患の記述がなければ告知義務違反なんてなんら問題にされないわけ。
だから告知しなければそのまますり抜けられるという場合があるということ。
でも、やっぱり正直な人には気になりますね。
猶予期間があるといいのよね。それにその病気以外の病気に関しては保障されますとかね。
さつきさん、保険に入れない人はその分、貯金をしましょう、掛け金だと思って・・(=^・^=)
ノア
2009/09/30 14:15
☆ノアさん、こんにちは(^^)
コメントありがとう。
そうですね、今回の場合も書いていいか迷いましたが、営業関連の人は入れたくて、事務関連の人は規定通りでないと困るから入れたくなくて…というのが見え隠れしてますね。(これは、生保でも同じだと思う…私が、この前に更新出来たくらいだから)
今時、精神疾患の人は多いと思いますし、嫌な言い方ですが、病気の度合いにもよって判断されるべきかな…と感じます。

苦情窓口では「健康告知欄の癌とか腫瘍の人は再発するかもしれないし、精神疾患の人は自殺とか、薬によっての障害とか問題もあるかと思いますが、じんま疹から、中耳炎から、なんでも、この欄に載っているということは、すべての通院患者さんが最初から入れないということではないのでしょうか?」と思いきってお聞きしました。苦笑
それくらいなら、医者の診断書持ってこいの方がいいのかな…難しい問題ですね。

治療費がかかって、困るから、安い共済に入りたい、でも通院してたら入れない、入れたからといって、普段の通院の負担をしてくれるわけではない。
ただの安心のためなら、共済くらい入れてもらえたらいいなと思います。

掛け金貯金は母にも言われました。(^^ゞ
そして、担当者が良いっていうのに、あんたのバカ正直にも程があるよと。笑
さつき
2009/09/30 15:43
いろんな事を考えて大変でしたね(>_<)
私はまだ詳しく保険の事がわからないので、文章を読んでいても正直半分位しか理解できませんでした(汗)
ですが、私はさつきさんが正直な考えでいれることを素晴らしいと思いました。
私はそんなさつきさんが大好きですからo(^-^)o
ハル
2009/09/30 19:04
こんばんは。
私は主人の会社に来る保険屋さんの保険にずっと入っています。
入院特約だけなので
統合失調症になり入院した時
お金がおりました。

保険のこと、、、実は母が昔生命保険の仕事をしてて
母に聞いたらわかるだろうな、、と遠目から見てて
実はさっぱりわかっていません。
もっと勉強しなくちゃ。。です。
さつきさんの正直なところ。。私も大好きです。

生理痛、、男の人にはわからないでしょうね。
主人はちょっと血を見ただけで、気絶しそう。。といってます。
長男の出産の時、立会い分娩の予定だったのですが
真夜中に陣痛が始まり、生まれるのはお昼頃になるので、帰ってください、
といわれ、ホッとしたような主人の顔。
まだ私覚えていますから。。
生まれたと病院で電話してくれたのですが
主人は爆睡していたようです。まぁ。安産で朝5時過ぎだったので仕方ないかな。
なぜか、話しがそれてしまい、ごめんなさい。
執念深いなぁ。私って。。。
ちゃる
2009/09/30 20:10
こんばんは〜。
7年ぶりの生理さん、しんどかったと思います。
毎月あってもしんどい〜。

保険って難しい!!
私も保険はさっぱりわからないので、すべて主人任せです。
健康告知もしています。(パニック障害&うつ病で)
初めは、精神障害は保険に入れないのではと主人と話していたのですが、うつ病はok、パニックは少し時間がかかりましたがokが出ました。
今回4か月以上精神病院で入院したときも、ちゃんと入院保険が降りました。
もしかしたら、通院ももらえるかもしれないと通知があったらしいのですが、冊子を読んでも・・・う〜んよくわからない。
やはり、入院したときに保険はありがたいと思いました。

主人は働き始めてからずぅっと同じ保険屋さんです。
そんな長くお付き合いできる保険屋さんと上手く会えるといいですね。

なごみ。
2009/10/01 22:50
☆ハルさん、こんにちは(^^)
照れ〜(*^^*) ありがと。
最近、好きと言われるのに慣れてきて、心地よくなってきてます。笑
うれしい〜、はぐ、はぐ

一番最初の保険はね、友達が営業してて入ったの。(^^ゞ
友達の付き合いみたいな感じ。
だからさ「あんた、私の保険の説明、半分くらいしか意味わかってないでしょ、でも、みんなそんなもんだから。笑」って言われて、笑っちゃった。
その後も、いちおうの安心!って感じくらいでね。
でも、無いとなると人間不思議と不安だったりするから、不便なものだね。

保険は人生のお守りにいくら払う?ということと同じようなものだから、もしもハルさんが保険を考える時には、今よりも、もっといろんな人のために優しい保険が増えてたらいいなと思う。(^^)
さつき
2009/10/02 13:10
☆ちゃるさん、こんにちは(^^)
コメントありがと。
保険って、ご家族でとか、生保との長い付き合いとか、いろんな面での特典は多少にはあると思うの。
だから、ご主人と一緒にしても、保険に入っていて、少しでも保証されることって、よかったなって思う。(^^)

私も解約した保険屋さんとは長いお付き合いでしたが、自分の入ってる保険のだいたい必要なことはわかるけど、後はおまかせ〜的な感じがありましたよ。
たぶん、みんなそんな感じだとも思う。
今回の少し前にも、生保に関する本を読みました。
わかりやすく書かれていたけど、それでも、難しいね。(^^ゞ

私も出産してないけど、男性なら、確実に死ぬとテレビでよく言ってますね。
だから、生理にしても、なんにしても、いろんな意味で女性の方が強い部分もあるのかな、きっと。(^^)
家の妹もね、破水してしまって、私と病院に行って、夕方、みんな集まった頃に、完全看護だから帰って下さい(^^)って言われて、ええーーって思ったけど帰ったの。
総合病院だったからかな??
産まれた後の電話も遅くてね、妹は未だに、私が一生懸命産んでるのに、誰もいなかった〜って言うよ。(^^ゞ
生命をはぐんでも、はぐくまなくても、女性の身体は偉大な宇宙なんだよねって思いたいかな。
だから、男性にはわかんないこともあるのだー。(^^)
さつき
2009/10/02 14:16
☆なごみ。さん、こんにちは(^^)
コメントありがとう。
うーん、本当に7年ぶりのまともな生理はしんどかったです。
来る前から、風邪?いや違う、何の病気??って思ったよ〜苦笑
せっかく戻ってきたから、もうしばらくはしんどいけど、大切に過ごしたいのだった…

なごみさんは、告知して保険に入れたのだね、よかったなー。(^^)
やっぱり、ご主人の長年のお付き合いとかいろいろ便宜を図ってもらえる部分もあったのかな、きっと。
そっか、ちゃんと精神疾患と告知しても入れたんだ〜、ちょっと勇気でるな。
それに、人ごとだけど、そういう保険屋さんもあるんだと思うと、心が緩むよ。

解約した保険屋さんとは本当に長年の付き合いだったの。
最初は友達が営業してて入って、その後の担当さんもいい人で。
だから、相談したら、良い考えを出してくれたのかもしれないけれど、2000〜3000円で、保証つけてってはきっと無理だと思ったし、もう交渉する元気もなかったからね。
本当は、ちゃんと相談すればよかったのだろうな…とは思ってる。(ちょっと後悔)でも、まあ、なるようになると思っていこうと思う、今は。(^^)
さつき
2009/10/02 14:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
うーん、正直者が…というかなんというか… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる