猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS 31日、通院日…

<<   作成日時 : 2009/09/02 11:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

不安障害だから、考えすぎるのか…
考えなきゃいけない時期だから考えるのか…

今回は後者だと思う。

メンタルにかかって、今後時々カウンセリングもお試しするとやっぱりお金の心配もある。

生命保険の見直しの時期なんかも来たり。

母の右耳が聞こえない件について、他の病院はみんな遠いし、近場はみんな行ってみたし、どうしたものか、どう説得・納得させるのか。

しろちゃんのお薬代もかかる。

悩みはつきない時期に入ってしまったようだ。

毎日、考えても仕方のないことまで、無限ループのように考えてしまう。

それで、体調にも不備をきたしてしまった。
そして、毎回の診察で訴えるものの、もらってる藥では止まらないざわざわ感をどうにかしてくれ〜〜

と、先生に訴えてみる。

昔は、不安が高じると、吐き気やめまい、怖さ、動悸、手足の震えやしびれで、動けなくなっていたが、今はそんなに酷くはない。
でも、なんか昔に戻ってしまったように感じたのだ。

藥の質が変わって、「本来の自分」が出てきているのだと思う。(自己判断)

先生は、「今は考えることが多すぎて、症状が出ているので、元に戻ったとは思わないように!」
と念を押した。


先生は今は藥を増やすことには、賛同的ではない。。。。
が、「セディール」という抗不安藥を増やしてくれた。

これが、ちょっとヒットして、朝のざわつきが収まった。(心の方は…)
身体は、心から取り残されたように、不安な動きで、挙動不審。

我慢するべきなのか…
もう一種類飲むようにもらっている抗不安藥を飲むべきか…
このところ、毎日迷っている。

でも、結局は怖さに負けて、両方飲んでしまうのだった。il||li _| ̄|○ il||li がっくし…

今回、先生は忙しかったのか、私がぐだくだ同じことばかり言うから、なんとなく素っ気ない終わり方のように感じてしまった。

これは、たぶん、まだ私がこの先生の特徴とか、いろんな癖を把握できてないからと、自分の心配症のせいだと思う。(たぶん)


こんな「考え周期」に入ってしまっている時は、とんだ未来の自分の老後像まで考えて、悲観的になってしまうんだけど、なんとか、乗りこえないと。

乗りこえてしまったら、また、少し「どうにかなるさ期」が、たぶんやってくると思う。(そう思いたい!!)

行きつ、戻りつ、ぐるぐる周りながら、一喜一憂しながら、亀のようにでも進むしかないんだと思う。

闘う相手は、今は「自分」……………かな


ドンマイ、ドンマイなのだ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お金の問題、病気の問題、考え出したらきりがない。
借金がないだけいいか、家があるだけいいか、命にかかわる病気を持ってるわけじゃないからまだいいか、とほんの気休め程度に思ってみる。
老後の心配なんてケセラセラ♪という性格でもないしなぁ〜
新政権に期待しても、月7万円の最低保障年金じゃあなぁ〜笑

カウンセラー、東京では、今ボランティアでやってる団体があるけど、さつきさんの方にはないでしょうね。これ、時間でそうとうかかるでしょ?
よけいに気持ち、沈んじゃうわよね。

1日1歩、3日で3歩、3歩進んで2歩下がる♪

今日の私は支離滅裂。(*_ _)人ゴメンナサイ
ノア
2009/09/03 00:37
☆ノアさん、こんにちは(^^)

うーん、今は、本当に無限ループの中にいます。(^^ゞ
どんな人でもいろんなことって、考えずにはいらないない時もあるんですよね。
夕べ観ていた、子供の病気のドラマで、「明日を考えられることは、ある意味幸せなのかも…」って台詞があって、すごくわかるんだけど、やっぱり苦しい自分もそこにいるから、いろんな意味で涙が出ちゃいました…

最近、子供の心が危ない!ということで、子供の電話相談ボランティアがやっと出来ました。
市の活動で、心の相談というのがあるのですが、これはどのくらいのことを聞いてくれるのか?ということで、試したことはないのですが、最悪行ってみようかと思う日もあります。

3歩進んで2歩下がっても、いいんですよね、私ここにいても。
自分をあきらめたくないので、進みます。(^^)
本当に政治家なんてねぇ…月7万円の最低保障年金、何を基準に…私の厚生年金分はどうなるの?と怒りしかありませんよね〜苦笑
お金もただばらまかれても困るし。(^^ゞ

夕べは、ノアさんのブログで癒されてから寝ました。ありがとうなのです。
何故、ちー坊じゃないのか…夕べはそれだけじゃ足りなかったので。笑
さつき
2009/09/03 10:31
こんにちは。
不安障害。。わかります。
色々考えて、同じところをグルグルまわってるような感じですよね。
心がザワザワして、どうしよう。。と思う気持ち
私もよくわかります。
将来のこと、子供のこと、主人のこと。。
考え出したらきりがありません。
でも、考えて不安になってしまうのです。

何かストレス解消できるものがあるといいですね。

好きな音楽を聴くとか、テレビをみるとか。。

近くだったら、一緒にカラオケでも行けるのにね。

さつきさんは、ここにいてもいいんですよ。
ドンと構えていてください。
凹むこともあると思いますが
メールでも、メッセでも下さい。

こちらには命の電話というものがあります。
体調が悪い時、よく電話していました。
1度死のうと思い、これから薬をいっぱい飲みます。。と電話したら
家族の誰かが帰って来るまで、お話しましょう。。といってもらえ
話しをずっと聞いてもらい
長男が帰って来て、落ち着いたことがありました。

心の相談、。行ってみるのもいいかもしれませんね。
心の中のたまってるのものを吐き出せたらいいですね。

あなたは1人じゃありません。
どうぞ、自分を責めず、心のザワザワが少しでも
落ち着くことを願っています。
ちゃる
2009/09/03 12:59
☆ちゃるさん、こんにちは(^^)

ちゃるさんとカラオケ行ったら楽しいよね、きっと。(^^)
今、考える周期で、本当に抱え込んで考え込んでしまうので、上手な気分転換が難しいです。
でも、夜は眠れるし、寝たら考えなくていいから、今はそれが一番かな。

ちゃるさんも、たくさんの苦しさをくぐり抜けて来たんだなって、とてもよくわかります。
それを話してくれたこと、感謝してます。
「いのちの電話」県内にもあります。
若いお友達が出来た時に知りました。
でも、私のような軽いものが掛けていいのか…そんな気持ちもあって、まだ掛けたことはありません。

私はちゃるさんとは反対に死ぬことが怖いです。
でも、考えて行き着く先は似ています。
うまく話せないのですが、死ぬことが怖くて、でも不安が押し寄せてきて、逃げ場がなくて、どこにいていいのかわからなくて、どこかに行ってしまいたくなる、でもいくところがわからない…
消えるという言葉とは違うと思うけど、時々、いても良い場所を確認しないと怖くなることがあります。

ここで、一人ではないことを確認し、教えてもらえる。
とてもありがとうです。(^^)
さつき
2009/09/03 14:35
こんにちは^^
出遅れました。
私の病院を辞めた理由は院長へ直訴の「死にたいんです」です。
ある日突然、なんか不安に襲われ、感情というものを失い、、働く意欲をなくしました。
それから不毛の時代です。
でも今はそれも一つの経験と思えるようになりました。
不安定さはあとまでも続き、結構悩まされました。
でも近年、足の自由を失うことと引き換えに何かが明るくなった。。
こんなに時間かかるの〜〜??
って感じですが、今、生きてることに感謝してます。
光は皆に注がれていると思える毎日です。
今も自分の気持ちには気をつけています。
何の意味ない文章みたいだけどこれ、書こうと思えたので。。
さつきさんも過渡期かも。。☆彡
betty
2009/09/06 11:55
☆bettyさん、こんにちは(^^)

子供の頃から考えたら、40数年掛けて、何度目か…数えてもよくわからないけど、確実に過渡期だと思います。
乗りこえるために、必要だからやってくると思うし、私もその都度、自分なりに経験して越えてきたように思います。
今、少し心身の状態が、昔の状態に戻ってきています。
まだ、そこから、学び直さないといけないものが、あるんだろう。
ただ、とてもしんどいです。
でも、怖いけどあきらめたくもない。

「死にたいんです」という言葉、とても鮮烈ですね…でも、きっと、当時のbettyさんの気持ちを表せる唯一の言葉だったのかも、と感じました。
自分の心から先走っていってしまう心の病気というものは、自分ではどうすることもできない部分もあったり、時間が必要なことがあったり、闘うことは一人だけど、支えは必要だなとつねづね思っています。(それがどんな些細なことでも…)
私の上にも光は注いでいると、信じています。
今、進む先には、今は不安しかないけど、きっとまた、自分を奮い立たせる日がくると信じます。(^^)

時々、話してくださるbettyさん自身のお話は、私を勇気づけてくれます。
大切な言葉はいつもらっても、うれしいです、どうもありがとう☆
さつき
2009/09/07 14:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
31日、通院日… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる