猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS さっきまで、笑っていた話…

<<   作成日時 : 2009/06/26 12:40   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

買物から帰ってきたら、母が草むしりをしていた。

「暑いから、止めたら?」

と二人で家の中にはいって、スポーツドリンクで喉を潤していると…母が…

私、飛ぼうと思うんだよ

「はあ〜?????????」

頭の中が錯綜する

飛行機のことか?
ジャンプしたいのか?
椅子から飛び降りるとか?

何をどう飛ぼうというのだ?
意味深な話か?


なわとび、飛んだら、上手に歩けるようになると思って。」

というから、大笑いしてしまった。

膝と腰の骨が曲がって、痛くて整形外科に通って、すたすた歩けないのに、なわとびをする!というのだもん。

本当は笑ったら失礼だろうかな…結構真剣に言ってるから。


話を聞いていったら、ご近所のおばさんに、「○○さんは、もう少し足を上げて歩いた方がいいよね」と言われたらしいのだ。

親切で言ってくれたのだろう。。。

それでなわとびとは、よくも考えたものだなあ…と感心する。

前に、買ってきた重りを足首につけて、ベッドに座って、上げ下げをしなさい!!と強く説得した。

きっと、一緒にやってあげたらいいんだろうけれど、自分も自分の時間はほしいしなあ

ともかくは、私が買物から帰ってくる前に、なわとびを試していなくて、良かった〜と心底思ったのだった。

母よ、年も考えろ?
私だって、今いきなり、なわとびは飛べんぞ!!

しかし、まあ、発想が若いというか、そんな点は非常に評価したいものです



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
縄跳びは賛成出来ないですねぇ。
返って膝などに負担が罹ると思います。
お母さん、リハビリを受けられて事はないですか。
正しい歩き方と言うのが有って、それを踏まえて、朝、有等涼しい時間にお散歩程度は如何でしょう?と思いました。
歩く時は、カカトから着地、足と足の間に一つ足が入るくらいの幅を変えて歩く。等々、リハで教わったことがあります。
痛みが有るのでしたら、痛い時には無理はしない方がいいと思いますが、縄跳びをして見よう等と思われるくらいですから、さほどの痛みは今はないのかな?と思いますが、あまりご無理をなさいませんように。
お散歩も少しの時間から、少しづつ時間を長くすると言う方がいいと思います。
急に無理をされない方がいいと思います。
お母さん、何かをやろうと思う意欲、素敵ですね。
否定的にならずに、出来そうなことをお勧めしてあげると良いかもしれないですね。
ビオラ
2009/06/26 13:16
わかります!
お母さんの気持ち・・・
数年前、逆立ちがしたくなってしてみたのです。
ところが、出来なくて5・6回していたらお尻あたりがピリッといたくなって、寝れない程、痛くなって整形外科行きました。
「なんで、逆立ちしようと思ったんですか?・・」と言われた。
でも、数ヶ月前には出来たんです!
今も時々、できるか試したくなるんです。
お母さんくらいの年になったら私も言うかもしれない・
「私、飛ぼうと思うんだよ」って。
おーどりー
2009/06/26 15:21
こんばんは。
縄跳びですか。。
びっくりですね。
無理しないほうがいいかと。。。
ちゃる
2009/06/26 17:54
笑っちゃいました、ゴメンナサイ。
なわとびて。縄跳びって・・・。
真剣に考えすぎた雰囲気がにじみ出てて、ちょっとしんみりも来ます。
痛いの、たいへんですもんね。おけがされませんように。
プクコ
2009/06/27 01:16
☆ビオラさん、こんにちは(^^)

ありがとうございます。
なんか、急に思い立っちゃったというか、負けず嫌いというか…(^^ゞ
気は若いですから、自分の歩き方とか、姿が年よりも年寄りに見えるのがショックだったようです。
椅子の生活にしてあげたいんだけど、家が狭いので、座敷生活ですから、立ったり座ったり、車に乗るのにも相当しんどい感じです。
喘息もあるから、歩くことも長くは無理なのですが、最近はやる気だけはあるようで、もてあましてるのかな……
今朝も少し歩いて来たようですが、膝は痛みますから、ちょっと心配。

リハビリで歩き方も教えてくださるのですね。
一応整形外科には通ってますが、お願いしたら、リハビリというか、歩き方指導とかしていただけるといいな…と思うので、聞いてみたいと思います。(^^)
さつき
2009/06/27 11:32
☆おーどりーさん、こんにちは(^^)
あらら、おーどりーさんは逆立ちですか。(@_@)
数年前まで、出来ていたとは素晴らしいことです。(私なんて…苦笑)
整形外科の先生も「何故そんなことを…」と思われたでしょうね。

でも、そんな瞬間って、皆さん結構ありそうですよね。
私にしても、あれ?昔はこんなこと出来たな〜なんて、思ってやってみることありますから。
大抵は出来ないですけれど。(^^ゞ
なわとびの発想はちょっとびっくりでしたが、気持ちはよくわかりました。
女性ですから、年取っても若いと思われたいというのもあるでしょうか。
母の女心?(笑)なのかな…それとも、やっぱりもと深い思いなのかな…
さつき
2009/06/27 12:39
☆ちゃるさん、こんにちは(^^)
本当に、びっくりな話で、大笑いするしかありませんでした。(^^ゞ
飛んでなくてよかった〜と思ったけど、後で聞いたら、一度は試したみたい。
足が上がらなかったらしく、転ばなくてよかった〜と思いました。
何をやらかしてくれるやら…ま、お互い刺激があって良いことにしておきます。笑
さつき
2009/06/27 12:39
☆プクコさん、こんにちは(^^)
笑っちゃうでしょ、まあ、何を言い出すのかと。あまりに意味深にも聞こえるので、なわとびと聞いて、よけいに笑いました。(*^_^*)
年寄りなんだけど、やっぱり意地みたいなのもあるんですよね、若くいたいという思いもあるだろうし。
日頃、すたすた歩ける人ではないので、いきなり無理は勘弁してくれ〜と思いますが、気持ちはなんかわかりました。(^^)
ケガすると困るので、よ〜く注意しておきます、ありがとう。
さつき
2009/06/27 12:40
こんにちは^^
おかあさん、かわいいね。
きっと不自由な足のことなんとかしたいんだよ。
うちの母は股関節、手術してるから痛むみたい。
人の痛みはわからないもんね〜〜。
縄跳びはちょっと過激かも!!??(笑)☆彡
betty
2009/06/27 13:50
さつきさん、主治医の先生とはもう長いお付き合いなのですね。
何でも話せる先生ってなかなかめぐり合えないから貴重な出会いでしたね。
波長が合うって自然と感じるものなので大事にしたいですね。

お母さん、どうしたの?急に縄跳びなんて!
まさかボケてきた?まさかそんな事ないですよね。ごめんなさいm(__)m
だってね、ウチの父、人から何か言われるとすぐにその気になって真似しようとするの。
万歩計をつけて歩きなさいと言われたら、もうその日にウチに万歩計を買わないと気がすまない。骨には鰯がいいと言われたら、毎日鰯、鰯とうるさいの。
だからさつきさんのお母さんもそんなんなっちゃったかなと思ってしましました(笑)
ノア
2009/06/27 23:42
☆bettyさん、こんにちは。(^^)

本当に、人の痛みはわからんです。
家族でもわかんないから、ご近所さんはもっとかな…?
ご近所のお仲間は、仲間のようでいて、どこでも何でも噂話にしゃべっちゃいますから、母としてもいろんな葛藤があるようで、杖は嫌とか、押し車は買ったけど嫌とか。(^^ゞ ただの負けず嫌い??

最近は、手術したら、歩けるようになるのかな…なんてテレビを見ながら言ってましたが、その前に貴方の場合は麻酔が危ないのでは??と思いますし、でも、気持ちはすごくわかる気がしますから、あまり強くも言えません。笑
なわとびは、すんごくびっくりしました!!f(^ー^;
私が帰ってきた時に、そこら辺りに転がって無くてよかったです。苦笑
さつき
2009/06/28 10:34
☆ノアさん、こんにちは(^^)

はい、主治医とは長いです…家庭の事情までしゃべってしまうので、良いものやら。f(^ー^;
薬や治療については、厳密には専門医ではないので、何回も何回も他の医者に行くことも考えましたが、ここまで長く来たら、お世話になってしまおうと思ってます。笑

うーん、ノアさん、私もちょこっと母の事が心配です。(^^ゞ
時々、しんどいのに家事をやりすぎると、話がかみ合わなくなっちゃったり、忘れちゃったり…どこまでが年寄りとしてのものなのか考えると…
歩くこと…年寄りの意地なのか、ご近所の話仲間への対抗心なのか。
自分自身の中での加齢との闘いなのかもしれないんですけれどね。
見ている方からすると、ドキッとすることは多くて。(^^ゞ

息苦しいからか、ぼんやり座ってられると、すごくこっちが落ち込むので、本をどんどん買ってきて読んでもらってます。笑
今のところは、ケガせず元気であってくれたら、まっいっか!ってことにしておこうかなと思います。(*^_^*)
口は達者ですし…汗
さつき
2009/06/28 10:47
縄跳び・・・危険でしたね。でも頑張って動かそうという気持ちはすばらしいですよね。やる気がでたときに違うリハビリ方法(危なくないもの)を勧めていくといいかもですね。
ご近所づきあいというのは結構大変なものがありますよね。いろんな方がいますし、しかも長く付き合っていかないといけないし・・・お母さんあまり気になさらないといいですね。
もきてぃ〜
2009/06/29 00:24
☆もきてぃ〜さん、こんにちは(^^)

ありがとう、なんか、年齢的なものかな…私には想像はできても、よく理解してあげられらない母なりの思いがあるんだと思う。
このところ、熱出したり、体調にも波があって、出来る時に急にやる気になっちゃったらしい。
私も、家族から逃げたくて一人でいる時間を母とのリハビリに、ほんの少しだけ当てられるようにして行きたいなと思う。(^^)

うーん…近所のおばちゃん達って、罪作りなんだよね。(^^ゞ
たぶん、ご自身達でも、自分の言ったことが回り回って、墓穴をたくさん掘ってるんじゃないかな。笑
年寄り同士だから、物言いも適当に荒くなるし、噂話好きだし…
けど年寄りだからこそ、なるべくなら、楽しくおしゃべりしてほしいな…と願いますね。
暑くなってきたら、もきてぃ〜さんも身体に気をつけて。(^^)v
さつき
2009/06/29 11:01
「縄跳び」・・・・子供のころは・・・「簡単」にやっていましたが・・・
今やると・・・・「頭に 衝撃が ガンガンと・・・」でして・・・・
なぜだろう・・? 「ひざ」が 「衝撃吸収」できなくなったから?
私が そんなだったから・・・ではないが・・・・「お母さん」は・・・ちょっと・・・・無理かな? と言うより・・・「余計な事を言う おばちゃん」が 多くて・・・・・困ったことだ。
よんちゃま!
2009/06/29 13:57
☆よんちゃま! ありがとう(*^_^*)

おばちゃん達の井戸端会議って、何気なーく、微妙なことをずばずばしゃべってます。(^^ゞ
聞いてる方が、おいおいと思うのですが、しゃべっている間はアドレナリンでも過剰に出てるのか、平気そうなんですよね。苦笑
家の母は気にする質なのでなあ…f(^ー^;
まあ、母も誰かに同じような思いさせてるのかもしれないので、口は慎んでほしいもんです。

なわとび、子供の頃は出来てしまえば、すごく簡単でしたよね。
♪郵便屋さんの博覧会〜とか
今は、本当に膝が衝撃吸収できない+お肉のタプタプが重りである(よんちゃまには関係ない話ですが)のは大きいですね。笑
さつき
2009/06/30 15:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
さっきまで、笑っていた話… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる