猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS ライラックの思い出…

<<   作成日時 : 2009/05/04 11:24   >>

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 22

そろそろ、終わりになってきているけれど、大好きな花・リラの花(ライラック)。

画像


お子さんのいるお宅は、少し前には、家庭訪問の話題がよく出ていたと思う。

家で、家庭訪問の時の話をすると、妹は嫌がる。
母が、必ず、妹の恥ずかしい話をするからだ。

家庭訪問の何を出すか…今はそんなことはしないのかな?
お茶菓子は何がいいか…
あの家と、あの家を回ってくるから、こんなものがいいかしら…
先生は食べることはあまりないのだけれど。

その年の家のお茶菓子は、苺にお砂糖と牛乳をかけた物。
妹は、先生のいる前で、苺も全部食べ終わると、お砂糖壺に牛乳を入れて、最後まで飲んでしまったとか、器をなめていたとか、妹的には、あまり嬉しくない話題へと発展していってしまうのだった。

おっと、話がそれちゃった。f(^ー^;

1年生から3年生まで、女性の先生。
ちょうどリラの花が咲く頃、家庭訪問があり、各家を回る。
先生が我が家に来た時、庭に咲いていたリラの花をみて、「私はこの花が大好きです」と言ったのだ。

当時の子供は外遊びがほとんどだったし、いろんな花を積んで遊んだと思うけれど、この花が「大好き」なんて、思いを込めて遊んだ記憶があまりなかったから、先生の言葉はカルチャーショックだったかも。(^^ゞ

それから、私もリラの花が好きになった。(ちょっと動機が不純??笑)


子供の私は、当然のように母の優しさも、父の優しさも、たくさんもらっていたと思うのだが、今思えば、祖父が怒鳴ることで、母や家族の不安が自分の心に無意識にのしかかっていたのだろうと思う。

失敗することが、怖い・恥ずかしいと思う子供だったのかな…と思う。

ちびまる子ちゃんの山根くんではないけれど、まあ、胃腸の弱い子では、あったので、吐くことが異状に怖いことだった。
一番の学校でのネックは「給食」。

当時の給食は、残さず食べましょう!
好き嫌いはいけないし、食べられるまでは、居残りです!
みたいな感じ。

小食で、給食の怖い私は最悪な状況だったな。苦笑

仮病でもなんでもなく、本当に具合が悪くなってしまうのだった。。。
少々登校拒否児気味、あるいは保健室登校のはしりのような子供だったと思う。

そんな状況を心配して、先生と母が話し合ったのだろう。
途中から、私だけ、お弁当を持ったされるようになった。
忙しい母が作るんだから、手抜きも当たり前で、お餅のシーズンなんて、あべかわ餅が入ってたりする。。(^^ゞ

そんな子供だったせいなのか、よくわからないけれど、先生は目をかけてくれていたのだろう。

先生のお家に友達数人と招待されて、遊びに行ったこともあった。

それから、なんの折にそうしてくれたのか、記憶があいまいなのだけれど、膝に抱っこしてくれたことがあった。
家族以外の人に抱っこされてるのは不思議な感じ。
しかも先生だし。。。

緊張するような、でも、こそばゆくて、嬉しい感じ…
そんなことに飢えていたのかもしれないな、と今は思う。


今年は、リラの花を見て、急にそんなことをはっきりと思い出したのでした。

思い出したけど、家では言わなかったよ。
だって、また妹の家庭訪問時の失態の話に、きっとなるから。。。。笑 ないしょ。。。笑




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
かわいい かわいい かわいい
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
さつきさんの先生、とてもやさしくてステキな方だったんですね♪
リラの白い花とともに、大切な思い出が毎年思い出せる。
子供の頃のステキな思い出は、つい最近のことよりも鮮やかに甦るものですよね
はちぞう
2009/05/04 13:33
こんにちは^^
ライラックの花は6月位に咲いて、その頃”リラ冷え”と言う寒い時期があります。
先生が好きだったお花。
さつきさんには印象に残っているのですね。
優しい先生だったのですね。
そんな優しさが今、必要なんだと思います☆彡
betty
2009/05/04 17:10
初めまして。
咲きだした リラの花を見て、
はっきりと想い出す、
子ども時代の微笑ましくも、懐かしいエピソード。
さつきさんの、すぐれた感性にです。
また、来させていただきますね。
きらり
2009/05/04 17:44
素敵な想い出ですね。
良い先生との出会い、良かったですね。

妹さんの幼い頃になさったこと、失態とは思えないですよね。
可愛いですぅ

ビオラ
2009/05/04 19:00
リラの花って清楚な感じがして美しいですね!

素敵な先生との「出会い」今となっては懐かしい思い出なのでしょうか
(*^-^*)
家へ招待したり膝のうえに座らせてくれるなんて。。。今の時代?では考えられないことなのかな〜??
スミレも小学生のころ先生の家へ遊びに行ったことがあります。気さくで明るい先生でしたよ(o^∇^o)

スミレ♪
2009/05/04 22:08
素敵な思い出ですね
素敵な先生の一言で、自分の庭の花が好きになった。なんて乙女
昔・・家庭訪問は親がかなり神経を使っていた気がします。
それこそお茶菓子も準備していました。
教職に対するイメージも今と違いましたしね。
だからこそ昔の先生は、自宅に招待もしてくれました。
親が仕事で留守がちな子に声をかけてくれていたような気もします。
今では・・『玄関先で・・』と先生から言われてしまいますが・・
先生のスタイルも仕事は仕事、家庭は家庭。となってきて・・
自分としては寂しいような・・気分。

妹さんの話で・・イメージがちびまる子ちゃんの小さい頃の顔をイメージしてしまいました。 可愛いね

くま&クローバー
2009/05/05 10:02
ライラック、綺麗ですね。
花に思い出があるのはとても素敵ですね。
それも小学生の頃の思い出なんて、まだ花になんて興味もないでしょうに、よほど印象に残った先生だったのですね。
それにさつきさんだけお弁当を許可されたり、ちゃんとさつきさんの事を、先生もお母さんも見ていてくれたのですね。
これが大切なんでしょうね。一人だけえこひいきと考えるのではなく、その子のためにはどういう方法がいいのか考える、それが基本的な教育ですよね。
イチゴにお砂糖に牛乳、私も大好きな取り合わせです。妹さんの気持ちもわかります・・笑
ノア
2009/05/05 11:09
こんばんは^^

ライラックというのね。きれいなお花だね。

私ね、6年の時、厳しい女の先生で
給食を残すのがだめで、ロールキャベツが食べられなくて
5時間目まで食べてたの。
大人になってもロールキャベツにトラウマがあった。。

違う先生の家に遊びに行ったことがあったなぁ。
あと、旅行にも行ったことあるよ。
クラスの役員してた親子と、担任の先生とね。
楽しかったなぁ。

イチゴに牛乳とお砂糖、、美味しいよね。
最近、そういう食べ方していないな。
今度食べてみようっと。

ちゃる
2009/05/05 22:28
☆はちぞうさん、こんにちは(^^)

記憶の中の先生は、笑顔がいっぱいの優しい先生でした。
よく学校でケガをされたりして、「改名します」と言われて、下の名前を変えられたことがありました。
脚立から落ちてしまって、床に横になっているのが、本当だったのか、嘘の記憶なのか…ほとんどの記憶は曖昧ですが、ポンと鮮やかに思い出すこともあります。(^^)
子供の時の記憶って不思議なものですよね。(^^ゞ
お花と繋がった先生との記憶、大切にしたいです。
さつき
2009/05/06 14:29
☆bettyさん、こんにちは(^^)

そうでした、そちらでは「リラ冷え」があるのでしたね。
家庭訪問って、私の中では、初夏のイメージがあったのですが、リラの花が咲いていたのだから、たぶん、5月だったのかな…それとも今よりもお花が遅く咲いていたのかな…?
酷く叱られた記憶もあるのですが、この先生にだったのか、今から思い出すとすごく曖昧です。(^^ゞ
でも、すごく大好きな先生でした。
今の学校はとても難しそうですね。。。親の意識も昔とは違うのかもしれませんが、先生にも伸び伸びと出来る環境があってこそ、子供達にも優しくできるのかもしれないなと思います。(^^)
さつき
2009/05/06 14:40
☆きらりさん、いらっしゃいませ(^^)

いや〜あ、感性なんてお褒めいただくと、なんだか恐縮してしまいます。笑
教えて頂いた先生は、それぞれに何かしら記憶があるのですが、リラの花を見かけると、この先生をはっきりと思い出すから、不思議ですね。
幼い頃にそれだけ印象に残っているので、本当に大好きな先生だったんだなと思います。

お返事遅れることもありますが、すぐに読んではいますので、よろしかったらまたお立ち寄りくださいね。(^^)
可愛い仔猫ちゃん写真がとてもかわいかったです。
私も、またゆっくりお邪魔しますので。
さつき
2009/05/06 14:50
☆ビオラさん、こんにちは(^^)

本当に、初めての担任の先生がこの方で良かったと思います。
幼い頃ですから、先生の年齢もよくわからなかったのですが、たぶん、先生は30代くらいだったのではないかな…と今は思います。

妹の器なめちゃった事件は、未だに笑い話のネタにされてますね。(^^ゞ
今とは違った、大らかさ、子供らしさだったように感じます。
考えてみたら、良い時代だったのかもしれません。(*^^*)
さつき
2009/05/06 14:56
☆スミレ♪さん、こんにちは(^^)

本当に、リラの花って、静かに咲いている感じですよね、白も紫も。
先生はそんなところが好きだったのかな?

スミレちゃんも、先生のお家に遊びに行ったことがありますか。(^^)
気さくな先生、良いですね。
お家にお邪魔するって、少しだけ特別な感じがして、記憶に残りますよね。
その時代のいろんな決まり事はあったとは思うけれど、今よりは、しがらみがなかったのかな…
今だって、先生との優しい繋がりも必要な気がするけれど、実行することはとても難しいことなんだろうね。。。なんか寂しいね。
さつき
2009/05/06 15:08
☆くま&クローバーさん、こんにちは(^^)

昔の家庭訪問って、家の子がご迷惑かけちゃって…みたいな、親の方がへりくだった感じがあったですよね。
今は、先生しっかり指導してくれてるんですよね?…みたいなイメージかな。(私は子供がいないので、偏ってる?笑)
親は今も昔も一生懸命なんだけれど、子供を見る視点が違ったのかも。
それに良い意味で、子供にばかりかまっていられない部分もあったんだと思う。。。
今はドライな関係でいないと、問題が起きた時に困るのだろうけれど、昔よりも、もっと目をかけるべき子供には目をかけてあげないと、いけない時代なのに、難しい…
先生の方もいろんなしがらみがあって、引いてみていないと、自分が苦しくなってしまうのかもしれないね。

ちびまる子ちゃんね(^^)、昔の子供ってあんなイメージでしたよね。(*^^*)
妹のちゃっかりさは、まる子ちゃんに似てるかも。笑
さつき
2009/05/06 15:26
☆ノアさん、こんにちは(^^)

ライラックは桜と比べると、静かに咲いている印象がありますよね。
私の中の先生のイメージも、そんな感じなのかもしれません。

当時、私のお弁当持ちは特別問題にもならなかったように思うし、私も誰かにいじめられなかったし、子供は今とはまた違った意味で守られていたのかな…
今は親側の意識が変わってしまったから、学校・先生も変わらざるを得なかったのか、私には計り知れない難しい問題です。
ただ、今の方が、昔よりも、もっと一人一人に気を配らないといけない時代のように思うので、それが妨げられないような「何か」が必要ですよね。

昔は苺をつぶすスプーンはお金持ちのイメージでしたから、あのスプーンを買った時はちょっと感動だったなあ。(^^ゞ
牛乳の中で苺をつぶすと、ほんのりピンクが広がって…、美味しいスイーツなんて無かった時代には、ごちそうだったので、妹がしたこともうなずけますよね。笑
さつき
2009/05/06 15:44
☆ちゃるさん、こんにちは(^^)

ライラック、そろそろ終わりになって来てますね。

ああ、やっぱり皆さん、給食にはいろんな思い出があるようで。(^^ゞ
私も、お掃除始まるのに食べてる口でした。苦笑
今は大好きな揚げパンとかも、当時は油っこいのが苦手でした。
昔は残しちゃいけません!ということに重点がおかれてたのかな…まあ、もののありがたみを忘れないという意味だったとは思うのだけれど、子供にしてみたら大変でしたね。(^^ゞ

先生と旅行は経験がないけれど、そんなのも当たり前にの時代だったんだよね。
今は、そんなことしたら、大問題かな??
今の学校の問題は、どうしたらいいのかはわからないけれど、とても歯がゆく、難しい問題が多いな…と思います。
昔だって、良い先生ばかりじゃなかったんだろうけれど…

最近は他に美味しい物があるから、苺ミルクなんて、あまりしないよね。
でも、すごく懐かしい味です。(*^^*)
さつき
2009/05/06 15:54
さつきさんおはようさんです♪
リラ…ライラックの花は香りも良くて、
私も好きなお花です(=´∇`=) ニャン♪
小学校時代の給食は残さず食べる派でした。
兄と弟に挟まれ、家は弱肉強食の生活(?)なので、
それぞれによそって頂く幸せを享受してました。
…そして、実家は扶養家族が多く(?)
給食で出され、残ったパンを持ち帰ってました。
ヤギちゃん、チャボちゃん、ウサギちゃん、
鯉さんのエサとなってましたよ♪
あ〜懐かしいなぁ。
(○ツゴロウ一家じゃありませんよ、家は。)
elmo
2009/05/09 07:19
☆elmoさん、こんにちは(^^)

リラの花、お好きですか。(^^)
白も紫も、どちらも派手ではないですが、可愛いお花ですよね。

今は食べられますが、昔の給食のコッペパンは異様に大きく感じてました。(^◇^;) 驚異
elmoさんは、動物さん達のためにパンを残してきてたんですね、優しいな。。。
ちょっとずつ、ちぎってあげたんだね、elmo少女は。

給食って、毎日、本当にいろんな献立がでましたから、楽しみにしてる子も多かったと思います。
当時は外食も盛んではなかったし、いろんな物が一人分ずつちゃんと出てきて、食べられる点では、すごいことだったですよね。(*^_^*)
ソフトメンは、食べきれる量だったので、好きでした。
elmoさんはソフトメンが、わかるぎりぎりでしょうか??
あれ?この聞き方は失礼かな。(^^ゞ
さつき
2009/05/09 15:17
全く問題ありません!
ぎりぎりどころか、ど真ん中(?)
ソフトメンも好きでしたよ〜♪

そう、
動物さんの為にパンを持ち帰りましたが、
そんな恩を、仇で返すヤツが1頭。。。
『めえ子』さんという名のヤギさんです。
頭をたれ、謙虚に喜んでいるのかと思いきや、
近づく度に頭突き攻撃。。。
完全に子供をナメていた、めえ子さんです。
何度騙され、頭突きを喰らわされたやら。
『ハイジ?あんなのは嘘々』って
当時は本気で思いましたよ。。。( ´△`)
elmo
2009/05/11 18:08
☆elmoさん、こんにちは(^^)

パン食の中で、ソフトメンは感動でしたね。(^^ゞ
3つ違いの妹達の頃になると、米飯給食でお米が出たりしてました。

あらら、めえ子さんは、遊びのつもりだったのかな?(^^ゞ
ハイジのゆきちゃん(やぎ)はかわいい〜(*^^*)っていうのの代名詞みたいなヤギだもんね。
家の親戚もヤギ飼っていて、田植えや稲刈りの手伝いに行った時に、触らせてもらってました。(頭突きされなくて良かった〜(^^ゞ)
菜っ葉をあげるのが楽しかったな。
のどかな時代だったのかな…懐かしい…
今ネットで、農業で米を作っても赤字だって話を読んできたので、なんだか、よけいにそう感じちゃった。
さつき
2009/05/12 12:27
「家庭訪問」で 何が大変なのか・・・は・・・・・・「玄関の片付け」です!(うちは・・・玄関が・・・大変なことになっていますので・・・・・)
「先生との 話」・・・・・まぁ 「仕事柄」・・・・楽勝ですかね!?
よんちゃま!
2009/05/25 12:37
☆よんちゃま!、こんにちは(^^)

うーむ、家庭訪問中のよんちゃまの言動を垣間見たい!!v(^^)v
昔の家なんて、お金持ちの家以外は、ごたごたしてるもんでしたが、今の家庭訪問は大変そう。。。まっ、先生がどこまでチェックしてるのかはわかりませんがね。(^^ゞ
今時は教育熱心?なお宅もあるから、先生も大変なのかな??
よんちゃまの巧みな話術で、みーちゃん家の好感度は二倍、二倍〜(って古い)
さつき
2009/05/26 15:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ライラックの思い出… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる