猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS 泣き虫とラナンキュラス…

<<   作成日時 : 2009/03/02 16:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

元気でてきました〜
と、書いたのに、やっぱり、波があって、どうにもならない時もあったりします。

ガラスケースでポンと出せるようなお雛様じゃないので、お雛様を出すのが嫌で、今年は辞めたいのだけれど…と母に言ったら、良いよということになった…と私は思っていた。

だけど、違ってた。

日曜の朝になって、お雛様の棚を父に出してもらうからと母が言うのだ。
私の話はぜんぜん通じていなかったらしい。
その話を告げると、母は、慌てて、父に止めてくれるように言ったのだが、あの人は、自分がやるから、別にいいだろうと、気にも留めない。
逆に良いことをしたと思っているのだ。
お礼があって、当然だと思っているのだ。

最悪だ。。。。



先日から、どうにも涙腺のコントロールが出来なくなっている。
今までも、こんなことあったらか、仕方ないと思ってはいる。

時々は、淋しいような、虚しいような、苛立たしいような、底知れない何かが襲ってきて、泣きたくなっていた。
事実、夕方、しろちゃんを抱っこしながら、泣いてしまったりもしていた。

そんなことがあって、今日も猫のご飯を買いに出たが、どうにも危ないので、あわてて薬を足して飲む。

ホームセンターに行ったら、少しはテンションも上がってきていて、猫のご飯を買って…
お花をみて…

先日、売り切れていた、ラナンキュラスが、また入荷していた。
真っ赤とも、言えない微妙な色の花に引かれていたが、今回はその色は無い様子。
でも、ほしかった、黄色や白、前はなかった薄いピンク…よりどりみどりだ。

前のより、鉢が小さいので、値段も348円。

ガーデニングは苦手で、今までサボテンしか育てたことがないけれど、それでも、今日は一つぐらい自分の思い通りにしてみたくなった。

花を先に見ておいて、中の土も確認する。

まずは土を買うぞ。。。。植わっている土に近いものを買えばいいとテレビでも言っていたし。
鉢底の石と、培養土と、素焼きの鉢、受け皿などを購入する。

心がしんどいけど、これを買ったらなんとかなる!!そんな気分になってきた。

材料をカゴに積んでから、花選び。
白が好きなんだけど、新しく見た薄ピンクもきれいだ。
でもでも、前々から気になっている黄色のラナンキュラスに決めた。

レジを済ませて、自転車で帰る。
猫のトイレ砂も買ったし、土などは小袋のを買ったけど、たいそうな荷物になった。

なんだろう…やっぱり、なんか、心の中にぽっかり穴がある気がする。
帰り道、また泣き虫が襲ってくる。

家について、荷物を下ろしながら、また泣いていた。

耳鼻科から帰った母が心配しているが、何かと説教がましいことを言ってくる。
父のことなど気にしなければいいとか、そんなことではダメだとか…

はいはい、貴方の愚痴はたくさん聞いてあげてるのに、娘の弱った心に塩を塗るのですね…

泣きべそを少し収めてから、ラナンキュラスを素焼きの鉢に植え替えた。

ちー坊が、手伝ってくれて、せっかく入れた土を掘り返してくれたり、もう大変。。。(^^ゞ
それでも、きれいに植え替えができました。

画像




まだまだ、家にいる気分じゃないので、昼を母に頼んで、買物にでました。
帰り道、日陰になっていたけれど、クロッカスが顔を出しています。

”あら、なに泣いてるの?” 小さくクロッカスが笑っています。

画像


家に帰ったら、ラナンキュラスも太陽に向かって、笑顔で迎えてくれました。

画像



優しい友から心配して、桜色のグッズや猫の遊び道具が届いていました。

ありがとう、ありがとう、ありがとう…

最初は作り笑いでもいいんだよね。
ちょっぴり笑おうよ。

泣きたい時は、泣いて、それが済んだら、ちょぴり笑う…

大丈夫、大丈夫、きっと大丈夫




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは^^
家族といても孤独…誰も分かってくれない。。って時期がかなりあったよ。
情緒不安定になったり。。
何が吹っ切れたのだろう。。今の私。

お花、綺麗ね。
オレンジを見て綺麗と思った事があるよ。
でも黄色は元気な色…パワーもらってね。
クロッカスも大好きな花…私はずっとサフランと呼んでました。
同じものらしいです。
春の予感ですね。
季節の変わり目は体も変調起こしたりするから自分でケアしてあげて。。
新しい命の息吹に力もらおう!!☆彡
betty
2009/03/02 21:00
こんばんは。

心が風邪をひいてるみたいだね。
辛いね。
私の母も、私の気持ちを受け入れてくれず
逆のことばかり言われて、、
心にダメージを受けてしまったことが何度もあるよ。
一番わかって欲しい人なのに、、
私は距離をおいていられるからいいけれど
さつきさんは、そうもいかないものね。
辛いね。
辛い気持ち、どんどん吐き出して。

黄色いお花はいいよね。
私も大好き。
今日菜の花を見つけました^^
春はもうすぐです。

さつきさん、焦らず、ボチボチ行こうね。
一緒にね。
ちゃる
2009/03/02 22:01
そうか、そういうことだったのね。
お父さんにも腹立たしい、お母さんにも腹立たしい、お雛様出したからにはしまわなくちゃならないじゃない、やる気が無いのにどうやってしまえというの?
とそんなところかしら?

ラナンキュラスは豪華な花で素敵ですね。でもね、花がしおれそうになったらもいだ方がいいわよ。油断してるとバラバラっと花びらが全部一瞬に落ちるから(笑)
そんな時、また悲しくなっちゃうでしょ?

フフ、さつきさんと私、どこまで似てるのかしら。
だって私も昔、元気付けにラナンキュラス買ったもの。それも黄色。
で、ある朝、お水をあげようと窓を開けたら花びらが全部落ちてた〜
泣きたくなったのを覚えてます。
さつきさん、泣かないでね・・(=^・^=)
ノア
2009/03/03 00:48
どうした事でしょう。

お父さんのことやお母さんの事が引き金になっている事もあるでしょうが・・
私も、時々「こんな事で・・」私って大丈夫なのって思う時があります。
誰かに腹立たしい思いが続けばいいのに、最後は自分にその腹立たしさが返ってくるんです。自分が歯がゆくなる・・
でも、それも私。
自分以外の人にも「仕様がない」しゃ〜ないな〜(私の口癖)とあきらめる。しゃ〜ない しゃ〜ないって言い聞かせて諦める。

さつきさんは、優しい人だし、感受性が豊か。
さつきさんの文章を読んでいるだけで、凄く伝わってくるものがあるし、なんていうか、だから好きです。
う〜ん、上手く伝えられないけど、好きです。


おーどりー
2009/03/03 15:29
☆bettyさん、こんにちは(^^)

時々ね、どうしようもない波がやってきます。
前回からしばらくぶりだったので、自分でもよく把握できてませんでした。
家族といても孤独…というのは、時々はみんな感じるものなのでしょうか…
きっと、みんな言わないだけ、かな…
また、時間が経てば、なんということもない毎日がもどってくると思うのですけれど、今は仕方ないかなあ(^^ゞと思ってます。
春は好きなのに、微妙な心具合がしんどいです。

クロッカスとサフランが同じだって、知りませんでした。(@_@)
調べてみたら、クロッカスは花サフランと言われていて、食べられると書いてありました。これまた、びっくり。(@_@)
どの色の花を買おうか迷ったけれど、黄色にしてよかったです。
今は、いっぱいのお花に囲まれてみたいです。えへへ、贅沢だな…
bettyさん、どうもありがと。
さつき
2009/03/04 15:06
☆ちゃるさん、こんにちは(^^)

母もね、父と似たところもあったりして、2人で同じになられるとしんどいこともある。
ただ、女同士だから、たくさん話せるし、嫌なことも言われるけど、話せるだけでも有り難いかもしれない。
今回は、母自身も失敗した〜と思ってるみたい。
遅いよね…もう起きちゃったもの。。。母にはわかっていてほしかったのに。
でも、人間だから、家族だから、失敗も合わせて乗りこえて行かないといけないのだよね。
慌てず、薬の力も借りて、ぼちぼちと、のろのろと少しずつ立ち上がって行こうと思う。

菜の花、可愛い。
一面菜の花畑に行ってみたいよね。
温かくなったら、縮こまった心も元気になるかな、きっと。
ちゃるさん、ありがと。
さつき
2009/03/04 15:13
☆ノアさん、こんにちは(^^)

ブログに暗いコメント書いて来ちゃって、ごめんなさい。
下書きした後、ノアさんのブログに行ったら、あの詩と出会ってしまったので。
母は数年前から、右耳が良く聞こえなくなってきてて、自分の身体もしんどいから、人の話も面倒なんだろうね…私の言ってることもよく理解してなかったみたい。
2月はあんなに医者に通ってるの知ってたのに、たぶん、母も自分でいっぱいいっぱいなんだと思う。
心や生活のどこかは甘えあってるけど、ふれあって甘えるのが下手な母娘だから、お互いしんどい時、どうしたらいいかわからないのかもしれない。

ノア先輩が通ってきた道なら、私もきっと駆け抜けて行けると思うし、そうなりたい。

ラナンキュラス、お花の終わりは気をつけますね。笑
つぼみもちゃんと咲いてくれるか心配だけど、一花毎に元気になりたい!
ちー坊は、泣いてもあんまりなぐさめてくれません。(^^ゞ
可愛くないヤツ!です。
ノアさん、ありがと。
さつき
2009/03/04 15:24
☆おーどりーさん、こんにちは(^^)

2月に入ってから、なんとなーく調子悪いのわかってました。
妹がいなくなって、楽なような、淋しいような、もしかしたら、その辺りから崩れて来てたのかもしれません。
本当に「私って大丈夫なの?」です。(^^ゞ
どんどん親は年取っていくのに…
本当に最後は、結局自分が悪いんだ…ってところに行き着いて更にドツボにはまっちゃうのです。
でも、しゃ〜ない、しゃ〜ないですよね。
これが自分、ずーっとつき合っていく自分。
慌てず、焦らず、のらりくらりとでも、切り抜けていくしかない。
聞いて下さる方も、たくさんここにいますし。

「好き」って言われるの好きです、あまり言われ慣れないから。笑
自分にわからない何かを見てくださってるんだろうなと思うと、とてもうれしいです。
おーどりーさん、ありがとう。
さつき
2009/03/04 15:34
さつきさんへ

気持ちがどこに持っていけば良い方に進めるのか途方にくれてどうしようもない・・そんな時あります。
以前は、花を購入していましたが・・今はももにしがみつきます。
体温のぬくもりで癒されます。
時に動物は話せないだけで、ちゃんと分かってくれて・・守ろうとしてくれる時ありませんか?
一番大変な時は、小さな味方に語りかけが良いのかもしれません。
もち、私はいつでもウエルカムですよ。
春は、黄色い花に惹かれますね。 どしてかしら?
個人的には、フリージアの黄色が好きです。
くま&クローバー
2009/03/05 16:21
☆くま&クローバーさん、こんにちは(^^)

フリージアの黄色も春らしくていいですね。
今は無性に花畑に埋もれたい感じです。(^^ゞ

今朝、母と話していて、淋しさの原因が一つだけわかりました。
片耳が聞こえないし、面倒だから、語り合うのが嫌みたい。
自分の話はたくさんするけど、私の話は面倒みたいで、適当に返事をしてるから、いつも話がちぐはぐ、呆け始めてるのかと心配もしましたが、今日なんとなくわかりました。
わかっても、やはり、どうしようもないこと、のように思いました。

ちー坊もしろちゃんも泣くと困っちゃうみたい…でも、心配して顔をみて鳴くのかな?? 抗議って思っちゃってた。(^^ゞ 愛情かもしれないね。
相手なんかお構いなしに、捕まえて、すりすりさせてもらってます。(^^)
ぬくもりは本当にありがたいと思う。。。クローバーさんも、ももちゃんが来てよかったね。
くま&クローバーさん、いつもありがと。
さつき
2009/03/06 11:31
なんていうのかなぁ。。
この文章から伝わってくる情景。。
話それてしまうけど
山田太一のドラマみたいな。。
今やってる「ありふれた奇跡」みたいな。。
知ってます^^?

それた話ですんません^^;
すててこ
2009/03/07 17:37
さつきさんこんにちは。
ウチの仔達は私が泣き出すと、
涙をなめに来ます。。。
ケガをして『痛いっ』という時も、
同じく顔をなめてくれます。
…心の痛みも、
体の痛みと同じく感じられるのかな?
な〜んてメルヘンな気持ちでいました、昔は。
狼や野犬は、群れのリーダーが興奮した時には、
リーダーの口を舐めて気持ちを落ち着かせる習性が
あるとテレビで知りました。
猫ちゃんはどうなんでしょうね?
犬は基本的に主従関係で、猫は親子関係になるとか?
ちー坊ちゃん、しろちゃんに聞いてみたいですね!
…なんだかまとまらなくなってきましたが、
えーと、なんていうか、
泣いていいんじゃないですかね。
さつきさんがそれっきりって事はないですし。
立ち止まったままって事もないし。
『メイちゃんの執事』もあと少しだし(?)
私の有り余っている『元気』が
さつきさんに届きますよーに♪です。
elmo
2009/03/08 14:41
☆すててこさん、こんにちは(^^)

「ありふれた奇跡」1、2度見逃してますが、結構観てます。
最初、台詞の言い回しとか、掛け合いとか、なんか感にさわるように、とても気になるドラマでした。(^^ゞ(うまい言葉が見あたらない…)
でも、ドラマなんですけれど、現実はあんな感じかな??って思うと、急に入ってきました。
何か起こるような起こらないような、あれが日常というものな気がしたりして…ちょっと話ずれちゃいますけれど…

だから、私のも、そんな日常の一コマなんだろうなと思うので、すててこさんの感じられたのは、鋭い視点かもしれません。なんちゃって(^^)
すててこさん、ありがと。
さつき
2009/03/08 15:45
☆elmoさん、こんにちは(^^)

一緒に生活してる動物って、どんなふうに私達を観てるんでしょうね…そう考えると不思議ですよね。
ちー坊もしろちゃんも、時々はなめてくれます。
ああ、汚れてたかしら?(笑)みたいな感じですけれど。
昔、世話した「ひなこ」という猫は、抱っこすると、私の指を一本ずつきれいになめてくれました。
親がする毛繕いだったのかもしれませんね。
動物たちは、大切な人の感情には敏感であることだけは、間違いないと思います、ただ表現が違うだけ…かな。(^^ゞ

本当に「メイちゃん執事」も後少しだし(笑)
今は何気ないことに泣いてしまうけれど、先生もその後は気が落ち着くと思うので、それに任せる方が良いと言ってくれました。
今はあるがままに、たくさんの人にそう言っていただけると、とても安心します。
elmoさんの元気、いつもちゃんといただいてますよ、こっそりと。(^^)v
だから、いつも、ありがと。(^_-)-☆
さつき
2009/03/08 15:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
泣き虫とラナンキュラス… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる