猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS 妹の旅立ち…

<<   作成日時 : 2009/01/27 17:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

先週末、妹が引っ越しました。
何度目かの巣立ちですが、これが、本当の巣立ちなんでしょうね、きっと。

前から、出たいと言われていたし、年末にうろうろしていたので、もうすぐなんだな…と予感もありました。

結婚して引っ越す友達がいて、その人が使わないものをほとんどくださるということで、出費も、引っ越しも最小限で済みました。

父には、私と母が知らないうちに、引っ越す話をしていたようですし、自分でやるからということも話してあったようです。
私ももともと父に手伝ってもらうつもりもなかったし、妹と私でやって、ダメなら、誰か男手を探すことを考えていました。

先に引っ越し先を決めてあったので、荷物も少しずつ運んでいたし、週末は家からはタンスとベッドぐらいが重い物で、なんとか2人で無事に終了しました。\(^O^)/

なんせ、私は運動不足なので、脂肪はいっぱいあるんだけど、筋肉というものがないから、階段はかなりしんどかったです。f(^ー^;

次の日の筋肉痛も予想外のところに出るし、なんたって、膝とか腰の悪い部分の痛みは、そのまた次の日に出て、あーあ、本当に年なんだなあ…と思う次第でした。il||li _| ̄|○ il||li

巣立ちの夜…
疲れちゃったので、あるもので夕飯を食べて、お風呂に入って、それで、我が家から巣立っていく予定だったのに、父がすべてを台無しにしてしまいました。

淋しいなら、淋しいって言えばいいし、
手伝いたいなら、手伝うと言えばいい…
親にこんな言い方失礼だけど、世間知らずの親父様から、今更教わることは何もないのです。(こんな言い方、酷い娘ですかね?)
それを酒を飲みながら、ぐちぐち、ねちねち…

近所への挨拶の品やら、挨拶の仕方やら、果ては雪かきの世話、ひとりで生活なんてできるのか…
なんて、一体、今までの妹の何を見てきたやら。
百歩譲って、親の心配ということにしても、言葉が過ぎる点があったようでした。

私が調理の後片付けや、猫の世話をしている内に、そんな状態になってしまったらしく、妹は「電機屋さんに行くから」と家を出て、そのまま家には帰ってきませんでした。

失敗した結婚生活で、そりゃあ親に迷惑もかけたわけですから、お腹立ちももっともでしょう。

それでも、気持ちよく「元気でやれよ、ダメなら戻ってこい」と言えない、父親をみて、なんと器量のちっちゃい人かと今更ながら思いました。

妹が、きちんと挨拶して出て行くつもりだったか、今となってはわかりませんが、私の頑張りはすべて台無しでした。
私が一緒に電機屋さんに行っていたら、また、気分を変えて戻ってきたかもしれませんが、私のいないところで、すべが起こってしまいました。

母がとりなしてくれ、家でご飯をたべるようにいってくれと、私に必死で訴えますが、もう彼女の気持ちはしばらくは、どうにもならないと思いました。
メールと電話で、話しましたが、とても残念な旅立ちの日になってしまいました。

親も、子も、お互いに理想を求めるものですけれど、それでも、子に我慢しろという前に、親としての態度をちゃんとしてほしいというのが私の実感です。

なんだか、一度に疲れました。
とても哀しかったです。

「今日はもう帰らなくていい? みんなに迷惑かけてごめんなさいm(_ _)m お姉ちゃん、今日は本当にありがとう」
そんなメールで引っ越しが終わってしまいました。(T^T)


また、妹の気分が晴れる日も来るでしょう。
親の介護も助けてねと、一応約束してはあります。

父は歳と共に、どんどん意固地になり、日本語は通じないし、今回のことで、私達の中には腹立たしさが残るでしょう。
でも、姉妹、離れていても支え合って、両親と暮らしていくしかありません。

お友達のアドバイスもあり、これからは、妹となるべくメール交換をたくさんしようと思っています。
うるさい姉ですけれど、これからもよろしく…
そう次のメールは送ろうと思います。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
妹さんの旅立ち、さつきさんにとって、どれほど寂しいものかと、心中をお察しします。

妹さんは、さつきさんの事はお好きなように思いますし、遠方に行かれたのではないと思うので、今までと変わらず仲良く出来ると思っています。
(違うのかな?)行ったり、来たり、そのうちにまた一緒に暮らす日も来るかもしれませんよね。

親子の関係、理屈では無い、理不尽なことや常識では考えられないことなどいろいろありますよね。
でも、親子の絆は強い物が有ると思います。
それが良い所かも?です。
我が家の父に頭に来ることが沢山有り、良く喧嘩したりして色々なことが有りました。
でも、今のように歳をとり、おまけに弱っている姿を見ていると、全て流してしまいました。
喧嘩したリ、頭に来たりするという事は、お互いが元気な証拠なのかも?です。
距離を持って仲良く喧嘩をして下さい。
ビオラ
2009/01/28 10:10
こんにちは^^
う〜〜ん、考えさせられました。
家の父もアル中に近いような状態でした。
それでいてお酒の入ってない時は優しく、細やかなのです。
お酒を飲まないとものが言えないんでしょうね。
それで数年前に家を出ました。。
今は距離を持って接せれるので大分気楽です。
父の機嫌を見て動いてる時は苦痛でした。
さつきさんの怒りも分かる様な気がします。。
betty
2009/01/28 11:18
☆ビオラさん、こんにちは

こんな話題にコメントありがとう、です。
うーん、家はケンカにもならないですね。(怒鳴りあってる分にはケンカなのかな…)
なんせ父は自己中で凝り固まってますから、日本語が通じませんし、言いたいことの一体どれくらいが理解されているかは疑問です。苦笑
自分が歳を取って、弱っているのを認めない? 弱っているとは思ってない? 
そんな感じ…まあ、男性はそんなものだと思いますけれど。(^^ゞ
確かにケンカ出来るのは元気な証拠ですよね、きっと。
いつか、ビオラさんのよう、流せる日がくるか…もしかしたら、祖父からずーとの因縁ですから、私には流すことはできないかもしれません。(今は考えても仕方がないのかな…その時が来たら……きっと)

妹は、なるべく近場で住居を探してくれたので、その点はホッとしました。
私の性格がひねくれているので、子供の頃は仲良しではありませんでした。
結婚して、向こうも相当に強くなっちゃって…(^^ゞ
それでも、ここ数年仲良く暮らせたのですから、姉妹仲良く助け合っていけたらいいな…と思っています。(^^)
さつき
2009/01/28 15:56
☆bettyさん、こんにちは

こんな内容にコメントありがとう。(^^)
家の父もすべてにおいて、お酒がないと何もできない人です。
祖父に怒鳴られて育った人ですから、気も小さいと思うし、屈折もしてますね。(^^ゞ
bettyさんが経験された、いつも父親の機嫌を見て動いている状況は、おそらく同じだと思います。
元気でこの状況だと思うとやりきれない部分は大きいです。(語弊があったらすみません、病気ならいいのに、ということではありません)

主治医からは、同じ家の中にいても距離を取るように言われていますが、母も弱って年老いてきていますし、妹が戻ってきてくれたことで、とても助かってもいましたから、正直、出て行かれるのは、しんどいです。
わずか数年ですが、頼りにしてしまった心の一部は、時間を掛けて元に戻さないと、私にはかなりキツイと思います。(今、特にキツイです)
それでも、自分にできることは、やらないと!…そう気分を変えていこうと思います。(^^)
さつき
2009/01/28 16:08
妹さんの存在は大きいですよね。
準備万端にしてきた妹さんと違い…置いていかれた感は、ついて廻ると思います。

離れても姉妹。
メールで相談し、協力を仰ぎましょ〜

先は長いのですから。
くま&クローバー
2009/01/29 05:32
妹さん、引っ越されたんですね。
それは辛かったですね。
きつい気持ちがひしひしと伝わってきます。

自分が母と距離をおいているので
偉そうなことはいえないのですが
同居されてるさつきさんの心中はきっと
大変なんだろう。と思います。

辛い時は吐き出して下さいね。
ちゃる
2009/01/29 13:12
☆くま&クローバーさん、こんにちは。

コメントありがとう。(^^)
そうですね、私自身も妹だけ逃げられていいな…と思う部分は少しありました。
父にしても、とりつく島のない娘(私)の他に、もう一人娘が帰ってきて、嬉しかった部分は大きかったでしょうから、妹は自分勝手に出て行き、父もまた捨てられたように感じたかもしれません。
心情はわかっても、態度は許されるものではありません。

妹は早くに結婚して離れてしまったので、成人してからの姉妹の時間を過ごしませんでしたから、上手な距離感がわからなくなっている部分も多かったので、これから、そういうのを少しずつ埋めていけたらいいなあと思います。
アドバイスいただいたように、うるさがられても、メールはどんどん活用しようと思っています。(^^)
さつき
2009/01/29 15:21
☆ちゃるさん、こんにちは

コメントありがとう。(^^)
今はまだ、いろいろと引っ越しの疲れやら、心の疲れやら、いろんな面でしんどい部分もあります。
妹とは、距離を上手にとることでお互い楽になる部分も多いでしょう。
そうしたら、フォローしてもらえることも多くなるかもしれないなと、良い意味で期待はしていますが、旅立ちの日の父の行動は、私達の心から消えることはないと思います。
親だって、人間だから、弱い部分もあってもいいんですけれどね、表現の仕方を間違えちゃうと、もう2度と取り返しがつかないこともあるという良い例かもしれません。(時間が解決してくれるといいですが…)

良い意味で、距離を置くことができたら、それはとても良いことのように思います。
ちゃるさんの中にも私の中にも、恨みとかばかりじゃなくて、心配する気持ちや諸々の良い感情も少しはあるばすですものね。(^^)
さつき
2009/01/29 15:31
また登場してしまいました。
さつきさんの事が気になって、何度も訪問してしまっています。
大丈夫ですか?と尋ねるのもなんだか愚問に思いますが、大丈夫ですか?
心が落ち着くまで、ゆっくりして下さいね。
御無理をなさいませんように。
ビオラ
2009/01/29 21:37
☆ビオラさん、いつも、ありがとう

心配かけちゃって、ごめんなさい。
昨日今日、父は夕方から出掛け、口をきかなくてよいので、幾分楽です。(^-^)

ただ、時々不安が、わーっと襲ってきますが、時間が解決して行くと、今は信じます。
焦ってはいけないけど、妹が引っ越し先から、一番最初に来る時は、少しでも、来やすい雰囲気にしてあげたいですから、踏ん張らないと。(^^)
さつき
2009/01/29 22:20
寂しい旅立ちになってしまって・・・・さつきさんも妹さんも辛いですね。親から見れば子供はいつまでも子供ですが、決して所有物ではないのでそこを勘違いしている親御さん結構いるようです。先日友達と話していて「いっぱい仕送りして大学だしてやったんだから、親の借金を子供が返すのは当然だ!」なんて言われて友達もどうしていいやらとまどっていました。年金で生活している両親がお兄さんのお嫁さんにかなりお金を借りていたのが発覚したらしく・・・その他にも。。
子供からすれば親はこうであってほしいと願う気持ちってあるのですが私も含め寂しいですが現実には難しいのかなって思います。
今はさつきさも不安と寂しさでつらいと思いますが、時間が経てば妹さんも気持ちが落ち着くと思うのでさつきさんがんばりすぎないでね。


もきてぃ〜
2009/01/31 11:48
☆もきてぃ〜さん、こんにちは(^^)

コメントありがとう、お返事おくれました。m(__)m
やはり、居たものがいないのは淋しいですね。
今だ、無意識に頼ろうとしている自分がいます…
親も子も、理想があってね、それは叶わないことだと知っていても、求めちゃいますよね。
妹は、嫁ぎ先がいろいろあって、家も広かったし、嫁としての苦労もあったけれど、開き直らなきゃやりきれないから、自分を押し通して暮らして来た部分も多いと、返ってきた時に感じました。
だから、きっと、一人で自由にやりたいだろうな…家みたいに父親が拗ねないようになるべく、家族単位で何かをすることは窮屈だっただろうな…と思っています。

私も耳にしますが、面倒見てやったんだから…、という親御さんもいるようですね。
それは、お互いの思いやりから出来る行為で、口に出すものではないな…と思います。
ましてや、親が言っちゃあいけないのかな…それも理想論かもしれませんが。
家もだんだん落ち着くと思います。
気を使いすぎないように、また、気を使わなすぎてもいけなので、少しずつ距離感を計りたいなと思ってます。(^^)
さつき
2009/02/03 10:52
さつきさんこんにちは〜♪
目が良くなって以来、
パソコンとがっつり向き合う時間が
少なくなってしまいました↓↓↓
さて…妹さんの旅立ちですかぁ。。。
姉妹が居ないので、その感覚って分かりませんが、
やっぱり寂しいでしょうね…。
ウチの父は養子として小さい頃に貰われて来ましたが、
可愛がられた記憶は無いようです。
自分の代になってやっと王様になれた父。
おかずが少なくて家族に行き渡らなくても、
自分だけはしっかり食べる父。
妻や子供に分け与える事を知らない父です。
土地や財産も自分で好きなようにしてしまいました。
小さい頃に受けたしうちでそうなったと理解できても、
ゆるす事が出来ない私です。。。
それでも、兄弟が居て…そんな父の事を話し合えるので、
まだいいんだろうなぁって思います。
さつきさんにも妹さんが居て良かったって思います♪
elmo
2009/02/06 17:26
☆elmoさん、こんにちは(^^)

コメントありがとう。
家の祖父は怒鳴ってばかりいる人でした。
足が悪かったので、不自由だから、そうなのかな? とも思ったこともありますが、長男、長女は怒鳴っておけばよい、みたいな間違った考えの人でした。
だから、elmoさんのお父様とは生い立ちは違いますが、家の父もやっていることは、ほぼ似たような感じです。(^^ゞ
本当に子供の頃のしうちで、そうなったと理解はできても、許すことはできませんね。。。哀しいですけれど、こちらも、そんなに出来た人間には成れないので。苦笑

elmoさんもいろんな思いをされたのですね。
年取って、どんどん自己中のかたまりになられたら、一人じゃ太刀打ちできませんから、兄弟にしても姉妹にしても、同じ気持ちの人がいることは心強いです。
まあ、父にしてみれば、家は母も含め女3人だから、立つ瀬がないと言えば、言えなくもないですが、日頃の行いが悪いとあまり同情できませんかね。笑

そうそう、目の手術のあとも順調なんですね。よかった〜
やっぱり裸眼でよく見えるって最高でしょう。
さつき
2009/02/07 15:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
妹の旅立ち… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる