猫飯屋の女将

アクセスカウンタ

zoom RSS 時々やってくる、困った病…

<<   作成日時 : 2008/03/25 16:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 30

季節はよくなってきているのに、なんか、暗めの話題が多くなってしまうなあ。。。
と、思いつつも、一度、文章に書いてしまったらどうだろうかと、今日は書く気になりました。

私にどちらかというと、いろんな意味で「妄想家」だと思います。σ(^◇^;)

その中には、時々、襲ってくるやっかいな病があるのです。

「突然、自分が死んだらどうしよう病」


中年になったからとか、世間で、いろんな怖い事件か起きるからとか、そういったこととは、少し離れだ場所で、今までもずーっと、頭の中で妄想してしまうのです。

仕事を辞めて、いろいろなことがあってから、時々考えるようになったと思います。

今、突然、私が死んでしまうとしたら・・・・

母はどうしよう…妹がいるから大丈夫か?…でも、私にしか理解してやれないこともあるかもしれないし・・・父がわがままを言ったときに一人でも大丈夫だろうか……う〜〜ん

猫はどうしよう…私がいなくなったら、保健所に連れていかれちゃうんじゃないだろうか…エサはちゃんともらえるだろうか…トイレ掃除も誰かしてくれるだろうか…抱っこして一緒に寝てくれるだろうか……う〜〜ん

捨てられない女の象徴である、この部屋はどうなるだろうか…片づけるのにもお金がかかるだろうか…みられたくないものもあるなあ…でも、今は捨ててしまえないし……う〜〜ん

ブログはもっと書きたいぞ!

ネットで知り合った皆さんと、わかれたくないぞ!

メール友達とも離れたくない!

友達と話せないのも嫌だぞ!

みたいDVDも、テレビもまだまだいっぱいあるぞ!

やりたいことだって、きっと、まだいっぱいあるはず!

そっか、私ってすごく欲張りなんだな・・・・


悟りなんてそんなに簡単に開けるものじゃないだろう。。。。

お釈迦様だって、すぐ悟りを開いたわけじゃないし・・・・


人が聞いたら、笑われるだろうけれど、それでも本人は結構深刻で、怖くて、不安で、焦ってみたり…

時には、もうすぐ現実になるから、今から用意しておけという暗示なんだ、と思ったり…


でも、そういう考えに取り憑かれ始めて、もう10年以上は生きてるんだから、本当はラチもないことなのかもしれないと思える日もあったりして……

まだ、やることがいっぱいある内は、天国(天国にいくきです。苦笑)には、まだ来なくてよろしいと言ってもらえると思う…なんて、自分をなぐさめたりして・・・・


今日書いてみて、よくわかったことは、私がそうとうに強欲であること。。。。かな??

だから、まだまだ死を考えたりしてる場合じゃないんだろうな。

今日は、そう思えても、またいつか、同じ思いは巡ってくるだろう。

生きている間中、私は、良いことも、悪いことも、怖いことも、妄想し続けるだろう。

それでも、いいんだよな。。。。それが生きてる証なのかな。。。。



やっぱり、漠然とした不安を上手に整理はできなかった…
未完成の文章のまま、アップするのはやめようかとも、思ったけれど、今日の記念にやっぱり記しておこうと思う。

たぶんこれからも、自分は自分、そうやって迷いながら、生きていくんだろう




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
そっかぁ・・・そうだよね。
そう思いながら読ませて頂きました。

さつきさんのそれって普通だと思う・・
きっと普通の感覚ではないのかな?

人は誰でも生きている限りやりたいことが有って当たり前ですね。
日々を悔いのないように生き続けて下さいね。

私は何度も『死』と直面してきた人なので多分一般の人と違う感覚が有ると思いますが、それを書くととっても長くなりそうなので省略しますね。(笑)
ビオラ
2008/03/25 17:30
私も以前、そういう事を考えた事ありますよ。。。
でも、まだまだやりたい事は沢〜山!!あります;^^ それに、こんな私でも頼りにしてくれる人がいるので。。。いろんな事があるけれど生きていかなきゃ!!(*^-^*)
みんな1度は、こういう事を考えるものなのでは??と思います。。。
さつきさんだけじゃないですよぉ〜^^

私も、さつきさんや「この場」で出会った方々とこれからも一杯!一杯!お話しがしたいです。。。

いつも色々な話しを聞いてくれるさつきさん。。。アリガトウ!!

へんてこなコメになってしまいゴメンナサイm(__)m
スミレ♪
2008/03/25 21:29
こんばんは。
私も「自分が死んだら。。」と考える時ありますよ。
「今はまだ死ねない。」と思い直したり
不安になったり、、
さつきさんの気持ちわかりますよ。

自分に出来ることは子宮がん検診受けたり
健康に気をつけるようにしたりと限られてるけど
生きていることに感謝して過ごさなきゃ。
そうしなきゃいけないな。。と思います。
うまくいえないけど
生きていて良かった。。そう思える日、時は必ず来ます。
私がそうだったから。。
ここでまた色々なお話が出来たら、嬉しく思います。
ちゃる
2008/03/25 21:30
私も まったく 「同じ」な 人間です!(兄弟?)
「妄想癖」・・・で どこでも 「見た人」を 勝手に「こんな人だ!」と 決め付けて・・・・・遊んでいます!?
ちなみに・・・ 私が死んだら この余波・・・いや 「この世」は    無くなって しまう・・・と 思っているので・・・・・。
でも 「妄想」は いいですよ! 「お金」が かからず いろんな事が・・・・できて・・・・?
これから 私の「妄想小説」・・・でも 書きますか?(うそ!?)
432R
2008/03/25 23:11
ビオラさん、こんにちは(^^)
うんとね、ビオラさんには「甘い!」って叱られちゃうかな? と思いながらも書きました。(^^ゞ

特別な病気でもないのに、若いときは、食べられなくなって激やせして危なかったり、点滴が合わなくて危なかったり、じんましんが2年間も続いて原因不明だったり…
ああ、親よりも先に逝って悪いなあ…なんて苦しい時も何回もありました。

なのに、そんな時よりも、今、普通にしている時の方が不安なんです。
ああ、今を失いたくないんだろうなと書いていて、やっとわかりました。
きっと、この先も妄想はするので、解決はしないと思います。
それでも、コメントいただいた通り、悔いのないように自分に出来る限りの力で、生きて行こうと思います。
どうもありがとう。(^^)
さつき
2008/03/26 15:52
甘い!なんてことは少しも思っていません。
一般の人と私はこの問題に関しては間違いなく感覚が違うと思うけど・。
世間で「死ぬ気になったら何でもできる」と言いますが、あれは嘘!だと私は実感しました。
それからね、生死を彷徨う位の苦痛も逆剝けや歯痛もなんら変わらないんだぁ・・、と知りましたよ。(笑

ビオラ
2008/03/26 16:00
スミレ♪さん、こんにちは(^^)
足下から不安が上ってきて、どうしようもない日もあります。
どうしてこんなこと考えてばかりいるんだろ? と思って。(^^ゞ
不安の大きさはそれぞれだけど、皆さん同じように思う日はあるんだ、ということがわかって、少しほっとしました。
死が怖くない、と言い切れる人はあまりいないし、考えたこともないという人もあまりいないですよね。

私もまだまだ、ここでスミレさんや皆さんとたくさん話したいです。(^^)
だって、私はすごく欲張りだって、わかりましたから。笑
私だって、いつもスミレさんに助けてもらってますよ。(*^^*)
さつき
2008/03/26 16:05
ちゃるさん、こんにちは(^^)
やっぱり同じように考えますか…ほっ。。。(*^_^*)
私もそういう考えに陥ったときに、ちゃるさんがコメントくださったみたいに、健康管理に気をつけたり、元気に過ごせるようにしてたら、どうってことないんだよなと回避できる日もあります。

ブログを始めてから、いろんな人と出会えるようになって、お会いしたこともないけれど、皆さんをとても身近に感じています。
だから、今、生きていることはとても喜びです。
正と負……良いときだから、失いたくない、不安の中にはきっとそんな思いも含まれているのかもしれませんね。

ちゃるさんとも、まだ出会ったばかり。
これからも、いっぱいお話しましょう。
さつき
2008/03/26 16:19
432Rさん、こんにちは(^^)
自分が死んだら、この世はなくなってしまう…というのは、なんとなくわかります。
いなくなったら…と思いながら、後の心配ばかりをしてる、してもどうしようもないのに、だってもう天国に行ってしまったら、世話もやけないし、何もできないですものね。

悲しい、怖い、不安な妄想もたくさんしますけれど、面白い妄想も私も時々はします。笑
確かに、お金がかからない方法ですね。
妄想からは、ちょびっとはずれるかもしれませんが、最近は、宝くじが何回も当たったら、商店街の一等地を買って、スーパーを建てて、お気に入りの地元のスーパーに経営してもらって、残りのお金で、家のまわりの土地を買って、老人入居可の集合住宅を建てる、というものです。一体、何回宝くじが当たらないと駄目でしょうかね。笑
さつき
2008/03/26 16:28
>ビオラさん
今、同じ時間にパソコンの向こう側にビオラさんがいるんだなと思うと不思議ですね。(^^)

本当の「死」というものに直面したとき、今考えていることは、もちろん考えのうちに入ると思いますが、感覚としては、全く違うものでしょうね。
そっか(^^ゞ、歯痛も生死の境も大差ありませんか…
経験者ゆえのお言葉ですね。
20歳のあの時、食べられないまま、死んでしまわなかったことに、今は本当に感謝しています。
救ってくれ、今もまた助けてくださる主治医にも感謝です。
今、いっぱいお話できることが、とてもうれしい!! (^^)v
さつき
2008/03/26 16:35
分かるなぁ〜。 産科健診で行ったら緊急Opeの時も(2人とも)、子宮筋腫の時も、口腔腫瘍の時も、同じ。

ベットで毎日考えました。
この家族を残しては往けない・・・が結論。

いつかこのままでもきっと大丈夫と思える日まで頑張りたいです。

さつきさんの記事のおかげでテンション上がりました。 ありがとう。
さぼてんママ
2008/03/26 17:01
ごめん!言葉が足りなかったと思って三度目の登場です。(笑
2回目のレス、何が言いたかったかと言うと、
逆剝けの痛みも生死を彷徨っている苦痛も変わらない=悩みに大きい、小さいは無い!
そう言いたかったのです。
何度もお邪魔してごめんなさい。
(返事は要りませんよ。)
ビオラ
2008/03/26 17:28
ごめ〜ん!<m(__)m>
四度目の登場となってしまいました。

以前から困っていたんです。
elmoさんのブログ訪問をして、レスしても認証が入りません。
もし、elmoさんのブログへ訪問をされることが有った時には、「ビオラは認証が上手く出来なくてレスをしていない!」とお伝え下さい。(笑
根気よく何度もやっていたら、入る時も有るのですが、根性不足です。
ビオラ
2008/03/26 17:37
あ〜、私も出る出る。「死んだらどうしょう病」。
きっと、みんな1度は考えると思うよ。
私の場合、「倒れたらどうしよう病」とか「暴れ狂ったらどうしよう病」、極めつけは「人を殺めたらどうしよう病」(これはかなりやばい)、いろいろ出ます。
これは妄想???それともパニックから???
(私の場合は多分パニック)

もし、自分がこの世から消えたら・・・やはりまず、子供のことを考えるね。主人には3回忌くらいまで1人でいてもらって、後は再婚(ちゃんと2人の子供も見てくれる人)も可・・・・。
あっ、これ前のブログで書いたなぁ。

でも、こうやって書いているさつきさんはまだまだこの世にいられます!
なごみ。
2008/03/26 23:37
さつきさんの言う
自分が死んだらはイコール自分で死ぬという意味なのかしら。とそれが心配になりましたけど、コメント欄を読むとそうではないようですね。安心しました。
私が時々考えるのは、「私が突然入院したらどうしよう」って事、誰がニャンの面倒をみるの?庭のお花はどうなるの?家の中のお掃除はどうするの?・・・
とことん考えてしまう時は落ち込んでいる証拠。
誰かがやってくれる、私は一人じゃないもんと思える時は前向きな時。
でも、やっぱり元がネクラだからマイナス思考に考えちゃうことが多いかな。

でも、今はっきり言えることはノンみるがいる間は死ねないという事。親より先には死ねないという事。そして、もっと年老いて死が身近に思えるようになったら残したいものいらないものは自分で仕分けしておこうという事。残された人が困らないようにね。
ノア
2008/03/27 01:33
こんにちは
皆さんの色々な話に納得です。
でも…私は「死」と言うことには無頓着なはずが…去年の暮れに旦那の病気が再発と余命半年と言われ…頭は真っ白…何も考えられなくて…ただ泣いていたのを思い出します。私も一時的に、「旦那が死んだら私も子供と後追い自殺をしよう」と考えていました。でも子供の顔や親、私の周りにいる人に迷惑と言う文字が浮かんできて…それだったら、子供達を立派に成人させるのが私の役目かな?と考えています。でも…何もかもに疲れてしまうと、ふと考えてしまう…弱い人間なのかな?
つばき
2008/03/27 10:07
さぼてんママさん、こんにちは(^^)

さぼてんママさんもご自身のことも、お仕事柄でも、いろんな場面を経験されたでしょう。
飛んできてくれて、本当にありがとう、です。

突然降って湧いたように、不安が足下から上ってくるので、どうすることもできない時もあります。
でも、これだけ普通に生活できてたら、それで、OKじゃないのかい? なんて、自分に言い聞かせてみたりして。

私の妄想族は、終わりがないと思いますけれど、いつかは「死」への思いや形も変わっていくのかもしれませんね。(^^)
さつき
2008/03/27 16:11
コメントを読んでいると、今、さつきさんが幸せって事を感じ、ホッとしました。
あと主治医に感謝してるって事もプラスの内容。
主治医を信じられるって事は素敵な出会いですよ。
betty
2008/03/27 16:13
ビオラさん、こんにちは。
先ほど、elmoさんのところに行きましたが、無事に書き込みできました。
出てくる英数字のパスワードのために上手く入らないのかな。。。
回線の都合かもしれないし、いろいろありますね。

悩みに大小はない…ということは、私もわかります。(^^)
いろいろ経験されたビオラさんのお言葉だったので、意味が深いなあと思った次第です。(私も言葉が足りませんでしたね。笑)
さつき
2008/03/27 16:17
なごみ。さん、来てくれてありがと。
そっか、やっぱりみんな考えることなんだよね。
特別なこととは思ってなかったけど、時々「死」の事ばかり考えてしまう時期があるんだよね。
ああ、私もなごみさんと同じだよ。
倒れたらどうしよう病も、父に暴力ふるっちゃったらどうしよう病とか…苦笑
私も、病気の一部なのか、みんながもってる妄想の一部なのか、考えると不安になることもある。

考えても仕方がないけど、考えちゃうのも仕方がないなあと思う。笑
時には、いい妄想もたくさんするから、結果オーライということにしようかな。
自分の妄想に押しつぶされないようにだけはしようと思う。(^^)
さつき
2008/03/27 16:24
また、また、お邪魔致します。(笑

elmoさんのブログへ訪問してきました。
私は、どうしてかな?他でも、認証が苦手です。
有難うございました。
度々、お世話になります。
有難うございました。(^_-)-☆
ビオラ
2008/03/27 16:25
ノアさん、こんにちは(^^)
はい、私のは自殺妄想ではないのです。
心配かけて、ごめんなさい。
不安なことって、生活してたら、いっぱいありますよね。
忙しく働いてる頃は、ちょっとしか考えないことも、時間があると、たくさん考えてしまって、不安が不安を呼んでしまう感じ…でしょうか。

皆さんの心の中にも少なからず、あるものなんだなーということがわかって、少しほっとしました。

私も、ノアさんと同じように、猫達がいる間は死ねないと思うし、親より先に逝ってはいけないと思っています。
通院すると、たくさんの老人を見て、両親の将来よりも自分の最期を考えちゃう、お馬鹿さんです。(^^ゞ
でも、その時までに年を重ねたら、違う考えがちゃんと湧いてくるだろうなと思っている自分もいます。
自分に押しつぶされないように、ということだけは忘れないようにしようと思います。(^^)
さつき
2008/03/27 16:34
つばきさん、こんにちは(^^)
私の見ている漠然とした「死」というものよりも、もっと明確なものをつばきさんはみてらっしゃると思います。
そんな中、コメントくださって、本当にありがとう。

みんな、弱い部分も持っています。
隠している人もいるし、少しずつ見せている人もいる…
つばきさんのことをよく知らないのに、堂々と書いてしまいますが…
つばきさんは、弱い心も持っているけれど、弱い人間ではないと感じます。(^^)

弱い心は、いろんなことをキャッチできるアンテナにもなると私は思います。
もちろん、不安をキャッチしてしまうこともありますが、人の心の機微だったり、弱っている人が敏感にわかったり…その先には、思いやりや慈しみがあるように思います。
思ったことを書いてしまうので、傷つけてしまったらごめんなさい。m(__)m
さつき
2008/03/27 16:48
bettyさん、ありがとう(^^)
幸せなのに不安で…不安でも普通に生活できて、人間というのは不思議な生き物です。
平凡な生活の中に、時々湧き上がってきて、どうしようもない思いがあります。
主治医にもまだこんなに「死」について、捕らわれていることは話したことがありません。
でも、主治医に出会えた事に本当に感謝しています。

そして、時々は、心の中をさらけ出してしまう私を受け止めてくれる、ブログを読んでくださる皆さんも、もう一人のお医者様だなあと今回強く思いました。
だから、bettyさんも私の先生です。(^^)
さつき
2008/03/27 16:57
さつきさんこんにちは!
『死』に関しては、結構リアルに感じてます。
…色々な意味で ふふふ(* ̄▼ ̄*)
末期癌になり、告知をされるという夢を見た時には、
『あーこの世の中の面倒臭い事から、
  やっと抜け出せるんだ〜。。。』という、
開放感を味わいました…。
どんだけ、面倒くさい生活をしているんだろう?自分。
夢の中だけに、それが本心だったのかな??と。
夫や、親に対する申し訳なさもありましたが、
もーこれ以上、ここでする事、学ぶ事は、
ないって事なんだろうなぁ…と、
夢の中では自分勝手に諦めてしまってました。
一生懸命、丁寧に、生きる事。
人を大切に、自分が社会の役に立つようにする事。
やりたいと思っても、
まだまだ出来てない事が沢山あるので、
まだまだ生きなきゃいけないんだなと思います。

長くなってすみませんっ!
>ビオラさま。
 あの認証システムは、知らない内に
 勝手に付け加えられていて…
 自分も、レスできなくて困りました。
 良かったら、認証のない掲示板に、
 いらしてくださいね〜待ってます♪
elmo
URL
2008/03/27 17:37
elmoさん、こんにちは(^^)
そうですね、elmoさん、そのアンテナゆえに、自分に降りかかるものとは意味が違うかもしれませんが、「死」はリアルでしょうね。(^^ゞ
壮絶な夢ですねぇ…苦笑
でも、開放される〜という感じはわからなくもないです。
elmoさんの夢のお話とは、ちょっと違うと思いますが、生活や不安にがっちがちにされちゃうと、どこかに逃げる(消える)たくなります。
その先には開放感があると思っています。
でも、自殺願望じゃありません(汗)…人間の心ってなんだか、へんてこです。(^^ゞ

elmoさんに出来ること、私に出来ること、きっとまだまだありますよね。
だから、一生懸命生きないと、ですよね。(^^)
今の私には、たくさんの方の言葉と勇気が必要なようです。
だから、たくさんください。笑(あっ、やっぱり強欲。滝汗)

【追記】認証がついてるブログも多いですね。それだけ「荒らし」か自動送信のやからが多いのかもしれませんね。嫌ですねぇ。
さつき
2008/03/28 11:09
ご無沙汰です・・・。
さつきさんのそんな状況・・・何となくわかる・・。

私が死んじゃっても・・・誰も困らないって確信できちゃったら
私は死んじゃってもいいかな・・って思ってしまいそう。
何となく・・・漠然とした「そうはいかない」が
自分を生きさせているように思います。
でも・・・
やりたい事がある内は・・・
やりたい事をやってみるのもいいね・・・。

私もやりたい事を見つけたいな・・・。

また・・・宜しく(*^_^*)
みかん
2008/03/28 21:04
みかんさん、お久しぶりです(^^)
大切なパパさんが遠くにいっちゃったから、きっと、「誰も困らないなら…」って思うんだろうか。。。
私は、嫌だぞ、みかんさんがいないのは、お子さん達なんてなおさらだぞ。(^^)

人間、生きてやることをやらないと、帰ってくるな! ってことが神様か誰かからインプットされているんだろうね。
だから、漠然と「そうはいかない」と思うんだろか。

みかんさん、忙しかったから、疲れているんだよね。
私も焦ったり、不安になったり、どうしようもない時もある。
でも、心も身体も少し休めたら、きっとまた、いろんな興味が出てくると思うよ。(^^)
飛んできてくれて、ありがとう。(#^_^#)
無理をしすぎないように。
さつき
2008/03/29 11:04
私もよく考えますよ。死は遠くにあったほうがいいけど、近くにあるようなきがします。それは特別な事ではなくて誰にでも起こりうる事であり何年先なのか突然きてしまうのかさえ解らないので不安ですよね。若い時は考えた事がなかったような気がします。自分だけの世界だったからかも・・いろんな人との出会いや別れ、人との繋がりを感じたとき一人で生きているわけではないと知ってから死というのがとても近くになった気がします。
欲がある事は良いことだと思いますよ。欲は生きる糧になるものですし目標にもなるし。私もかなりの欲張りですよ。今年はサマージャンボを10枚にして奮発しようとおもっています。(せこいですかね〜笑)
もきてぃ〜
2008/03/29 15:45
もきてぃーさん、こんにちは。
お加減はいかがでしょうか。。。(^^)

若いときも今と同じように心の病気でした。
食べるのが怖くなり、だんだん受け付けなくなり、おかしなことばかり考えているように感じて、「ああ、いつか、誰かがきて、病院に入れられてしまう」と毎日思っていました。
食べないことイコール「死」というのも、言葉としては頭にありましたが、実感とか不安とかはあまり感じませんでした。(^^ゞ
それより、もっと前の元気な頃は、ほんとうに死を不安に思う、とか、考える、ということはほとんどなかったですね。

もきてぃーさんがおっしゃるように、若い頃よりも、もっと大切なもの(事)が身近にわかるようなったのかもしれませんね。(^^)
年々、欲深になっていきます。笑
それだけ、エネルギーが必要なのかもしれません。
(笑)サマージャンボをたくさん買うのは私も夢ですよ。(笑)
さつき
2008/03/31 14:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
時々やってくる、困った病… 猫飯屋の女将/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる